アブラボテ Tanakia limbata
コイ科タナゴ亜科アブラボテ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アブラボテ

アブラボテ

【生息場所】 河川の中流域、支流、用水路などに生息していて、狭い小川などでも見られる。流水を好み、タナゴの仲間では比較的多く確認することができる。
【外観・生活】 日本固有種で、全長は8cm程度になる。重油色と言われる褐色の体、長い口ひげ、激しい気性の持ち主で、野武士のような雰囲気があってなかなかシブイ。 体色は褐色が主であるが、薄かったり濃かったり、光の加減で紫色や緑色がかって見えることもあり、バリエーションに富む。 尻びれは先端が黒色に縁取られ、雄のそれは黒色とオレンジ色の2層×2段だ。 また、背びれと尻びれの付け根に付着しているウロコは2列あることが特徴で、その部分は肉が盛り上がっているように見える。 本種は他のタナゴ類との区別にあまり迷うことはないが、同定に使うことができる。 繁殖期は春で、そのときの雄は体色やひれの色が濃くなり、吻の先端には白い追い星の固まりが現れて、まるで口先にビールの泡を付けているようになる。 なわばり意識はさらに強くなり、侵入者を追い回す習性がいっそう強くなる。関西にすむタナゴ類の中では最も気性が激しい部類だ。 マツカサガイなどの二枚貝に産卵し、仔魚はだいたい25日程度で浮出してくるそうだ。雑食性で、底生動物などを食している。
【捕る】 タモ網や釣りで捕ることができる。流れのある水草の脇、捨て石の影、岸辺近くの下草のあたりを中心に隠れている。 タナゴの中でも比較的釣りやすく、他のタナゴ類がいても真っ先に食いついてくる。エサは黄身練りやグルテン、アカムシなどを状況に合わせて使う。
【飼う】 丈夫で飼育は容易であるが、気性が荒いので少し難しい面がある。強い個体は水槽の隅などになわばりをつくり、目に入った他魚を追い散らす。 特に繁殖期では他魚を水槽の隅々までしつこく追いかけ回すため、大きな水槽でないと吻端をぶつけたりひれが割れたり、ケガをする魚が出てくる。 十分すぎるくらいの大きな水槽で飼う、あるいは水草や障害物などの隠れる場をつくるなどの工夫が必要だ。
【その他情報】 体色や、尻びれの色および筋模様の入り方が地域によって異なるようだ。 また他のタナゴ種との交雑種がよく見られる。「ヤリタナゴ×本種」、「タイリクバラタナゴ×本種」など。
【コメント】 最も食いしん坊なタナゴ、それが本種だ。在来のタナゴ類の中では比較的釣りやすくて捕りやすい。 小さな頃から体全体が薄褐色なので、総じて銀色に輝く他の魚たちとは違っていて、区別が難しいタナゴ類の中で区別が容易な種でもある。 川で捕った数cmの個体を見て、ヤリタナゴかシロヒレタビラか、あるいはカネヒラなのかなどと悩むようなことはない。 しかし、まれに捕れるヤリタナゴとの交雑種については、交雑か純系かを悩むことがある。 微妙な個体が結構いるので、どちらだろうかと比較して悩んでいるうちに、純系と思われる個体まで交雑種に見えてくるから不思議だ。 私にはほぼ毎年訪れる川がある。緑に覆われて緩やかに蛇行する川の様子を見ながら、釣りやタモ網でたくさんの本種と出会えることができると、 「ここにもまだいい環境が残っている」と来るたびに思う。 私はそんな水辺の環境を確認することで、どこか安心を得ているのかも知れない。 持ち帰った本種を自宅で飼育観察していると、雄の風貌や行動は私に「野武士」を連想させる。 しかし野武士といえど、人為的な環境変化には極めて弱いタナゴの仲間、大切にしたい小魚のひとつである。

春に釣りを楽しんだ。繁殖期のピークなのだ ろう、濃くてしぶ~い婚姻色が出ている。これぞ雄のアブラボテ!

これも春の雄の成魚。 タナゴの仲間では真っ先に釣れてくる食いしん坊だ。ボディの色は薄めであるが、婚姻色に染まったひれがきれい。

でっぷりした感じにどこか貫禄がある。 吻端には泡のような追星が、口元には長いひげが確認できる。まさにアブラ色だ。

別地域で捕れたやや青みががった個体。

ひれが伸長し、濃い体色の雄。 これはこれで大変美しい。

尻びれの二段模様がよくわかる。 お腹いっぱいという声が聞こえてきそう。

婚姻色が出た若魚。尻びれのオレンジ色が鮮やかだ。 やや細身で色も淡いこんな小型個体もたくさんいる。

春に捕まえた雄。 今年もたくさん出会ったけど、この川、産卵母貝となる二枚貝が減っているように思う。あちこちに見られた貝殻が見当たらない・・・。

春に用水路で捕った雄。 やや流れのある水草の脇で多く捕れた。

婚姻色を帯びた春の雄。

盛夏に捕れた雄。 実際に手に取るともう少し色濃いが、体色、背びれや尻びれの模様はピーク時に比べると薄い。

盛夏の別個体。 長い口ひげが良くわかる。

上と同日、同所で捕った別個体。 中にはこのように体色の濃い雄もいるし、産卵管の伸びた雌もいる。繁殖は8月でも続くのだろうか?

別河川で盛夏に捕った雄。 尻びれは先端部分が黒いのみで、婚姻色はほぼ消失している。この個体の体色はオリーブ色が強い。

夏に川の止水域で釣った個体。 本種はまず最初に釣れてくる種類だけど釣れたのはこの1匹のみ。やはり流れのある所の方が好きのようだ。

秋の雄。 バケツに入れているうちに体色が薄れた。エラの後方にある暗色斑が余計に目立つ。

秋に釣った雄。 全身は黒っぽくて鱗模様がはっきりしている。独特の雰囲気をもっている。

秋でもちゃんと黒い。

秋に捕った全長6cmの雄。 なかなか渋い体色だ。本種は流れのある水通しのよいところが好きで、タモ網でも比較的簡単に捕ることができる。

秋に捕った雌。 体色が薄くて背びれや尻びれの模様もはっきりしない。

紅葉の頃に捕った捕った若い個体。

秋に釣った個体。 本種はタナゴ類の仲間では食いしん坊No.1で、黄身練を落とすとどんどん釣れる。楽しい一日を過ごすことができた。

冬の雄。 背びれに円弧状に描かれるオレンジ色の模様がよく目立つ。

冬の個体。 サラサラ流れる水草の脇で春の訪れを待っていたようだ。

冬に捕った全長5.5cm程度の雄。 背びれや尻びれにはっきりした模様が出始めている。

上と同日、同所で捕った ほぼ同サイズの雌。雌の尻びれはオレンジ色で先端が黒く縁取られている。雄の模様とは異なる。産卵管は黒っぽい。

冬に捕った全長4.5cmの雌。 尻びれ前に小さな産卵管が見える。

全長5.5cm程度の冬の雄。 体が丸くてコロコロしている印象を受ける。

タモ網ですくった幼魚。 体長は約2.5cm程度。体色は全体的に薄褐色でタナゴの仲間でも区別しやすい。目が大きくてとてもかわいい。

成魚を真上から。 薄っぺらいこと以外、特にこれといった特徴はなさそうだ。

秋に捕った若い個体を正面から。 左は雄。下向きであるがつぶらな黒い目がかわいい。左は雌。何かを話しかけているひげのおじさんみたい。

初夏に捕れた個体。 光の加減や角度によっては青紫色に見える。

晩秋に捕った銀鱗個体。 高橋吸虫によって犯された一部の鱗が銀鱗になっている。同所には銀鱗のヤリタナゴも確認できた。

背びれ付け根の拡大。 背びれ付け根に付着している鱗は2列あることが特徴的で、肉が盛り上がっている様に見える。本種の同定に使うことができる。

last modified:2017/5/6
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺Since 2010
inserted by FC2 system