アカオビシマハゼ Tridentiger trigonocephalus
ハゼ科チチブ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アカオビシマハゼ

アカオビシマハゼ

【生息場所】 内湾、磯場、潮溜まりなどでも見られ比較的塩濃度の高いところを好むそうだが、河川流入の影響がある汽水域でも見られる。
【外観・生活】 全長8cm程度。体は円筒形でボテッとしていて全体的な感じはチチブによく似ている。 シマハゼという名前の由来になったと思われる明瞭な暗色縦帯を2本もち、それは背側面と頭部を鉢巻き状に包み体側中央を走る。 体色はかなり薄い褐色から濃褐色まであり、同個体でも短時間にコロコロ変わる。濃い褐色をしている場合は縦帯がほとんど見えないほどだ。 過去に同一種として扱われていたシモフリシマハゼは、さずがに本種とそっくりであるが、 本種は尻びれの基部付近に朱色の縦帯があること、のどのあたりには小白点がないこと、胸びれの一番上の軟条が遊離していることで外観上の区別ができる。 繁殖期は春から初夏で、蛎殻の内側などに産卵し他のハゼ同様に雄が卵を保護する性質をもつ。動物食で多くの個体は1年で成熟し死亡するそうだ。
【捕る】 汽水域では転石や障害物などの間にいるので、タモ網を構えて足で追い込む。
【その他情報】 過去には本種とシモフリシマハゼは同一種「シマハゼ」として扱われていた。これを二種に分類したのは今上天皇明仁で、実はなかなかスゴイ魚なのだ。 船舶のバラスト水に混入して移入先で定着する外来種問題があるが、本種もアメリカやオーストラリアで定着しているという。残念なことだ。
【コメント】 チチブ属だけあってチチブに似ている。 体色が薄くて頭部から尾びれにかけて流れる縦帯が明瞭な場合は、その派手な縞模様からはっきりと違いがわかるのだが、 体が濃褐色になっている場合はかなり紛らわしく、最初に捕ったとき「これは実はチチブではないだろうか」とかなり迷った。 本種は海水域にも多く、汽水域でも塩濃度の高いところを好むそうで、海産魚として扱われていることも多い。 しかし本ページに掲載している個体はいずれも河川下流域の干潮時に浅い水辺で捕ったもので、 例えばトップ写真の個体はテトラのハイドロメーターで測定すると塩濃度は14‰だった(一般に海水は35‰程度なので濃度はその半分以下となる)。 山渓カラー名鑑・日本の淡水魚には写真も掲載されていないような扱いだし、海や塩濃度の高い汽水域にいるとされることから正直迷ったのだが、 上記の場所で捕れたことは間違いないので本ページでも掲載することにした。本種は立派な汽水魚であ~る。

トップ写真と同個体。 全長は約6cm。川底にあったヨシの根の塊に身を隠していた。

全長約4.5cmの個体。 本種の大きな特徴である体側の縦帯がわかりにくい。チチブに似ているでしょ。

上と同じ個体。 体色はコロコロ変わる。薄褐色の時は縦帯がよく目立つ。

上の個体と同時にタモ網に入った やや小型の個体。全長は3.5cmだった。

胸びれの一番上の軟条が 大きく遊離していることが特徴だ。この写真では体と重なっていて少し見にくいが、わかるだろうか。

真上からみるとこんな感じ。 シマ模様は口の上から眼を通り尾びれまで続く。

尻びれの基部が朱色だ。 これがよく似たシモフリシマハゼとの違いのひとつとされる。

正面から。 体を通る縦帯が特徴で、鉢巻きを巻いているようにも見える。 頭部側面には大きな白点がまばらにあるが、シモフリシマハゼのようにのどの辺りには見られない。

last modified:2015/2/14
created:2014/10/1

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system