アカザ Liobagrus reini
アカザ科アカザ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アカザ

アカザ

【生息場所】 水のきれいな河川の上流域、中流域に生息している。瀬の部分の石のまわりに住み、石の間を泳ぐ。夜行性で、昼間は岩や石の陰に隠れていることが多い。
【外観・生活】 日本固有種で、全長は10cm程度。4対8本の太い口ひげがある。 アカザという名前が示すとおり体は赤茶色で、頭は平たく縦扁し、上から見ると2つのこぶが盛り上がったように見える。 あぶらびれは尾びれにつながり、尾びれは丸い形をしている。背びれと胸びれに毒腺をもつ硬くて鋭いトゲがある。 私は刺されたことがないが、刺されるとかなり痛いそうだ。産卵期は初夏で、雄は頭から背にかけて筋肉が盛り上がり、体が黒っぽくなる。 雌は石の下にゼリー質で覆われた卵を産み付け、雄はそれを保護する。流れのある石の間を伝わるようにニョロニョロと泳ぎ、主に水生昆虫を食べている。
【捕る】 主に夜間に活動し、昼間は岩や石の下や隙間に隠れている。下流側にタモ網を構えて、石の隙間に足を入れて追い込んだり、石をひっくり返したりする。 一カ所で数匹がまとまって捕れることも多い。
【その他情報】 本種は「水のきれいさ」の生物指標として扱われる。 個体数は少なくなってきているらしく、環境省あるいは各都道府県で絶滅危惧種に指定されている種だ。人為的な河川改修による影響だろう。 遺伝的には大きく分化した2系統(クレード1、2)があることがわかっている。 近畿には両系統が分布するようだが、本サイトの個体はいずれもクレード1だ。 アカザの名は、①若葉が赤い植物であるアカザに由来する、②背が赤褐色なので「赤背」の転訛かと言われる。
【コメント】 何とも奇妙な容姿、顔つきである。ナマズも水がきれいで流れのあるところではこのような姿に進化するのだろうか。 8本の口ひげを持ち川の中をニョロニョロと動く姿は、まるでドジョウとナマズを足して2で割ったようだ。 川からすくい上げた網の中でクネクネ動く様はなかなか可愛い。 また本種で面白いと思うのは、繁殖期の雄は筋肉が盛り上がって色黒のマッチョマンになるということ。 そんな雄は雌の奪い合いにも勝ち、さらに雌に「もてる」ということなのだろうが、 人間界でも夏になるとそんな黒くてムキムキの男性が出現することと少し似ているのかも知れない。 本種は食用に向かずこれまであまり注目されてこなかったが、現在は生物指標として扱われおり、河川工事などにモノ言える貴重な種でもある。 本種が生息できる良好な環境が維持されていくことを願う。

早春に捕まえた個体。 赤茶色の独特の体形をしている。流れが早く石がゴロゴロしていているところで、いろんなサイズの個体が確認できた。自然度の高い環境に万歳。

春に捕った個体。 流れのあるところの浮石の隙間を足で丁寧にゴソゴソすると捕れる。網の中でクネクネする姿が愛らしかった。

春の雨後のやや増水した河川で。

産卵期に向けてムキムキに。 頭部や背部の筋肉が盛り上がり、体色は黒っぽくなってくる。

春に捕まえたマッチョ君。 ボディビルダーのように胸が厚い。頭部も2つのこぶがはっきり出ている。全長約8.5cm。

春の終わりに捕まえた個体。 全長7.5cm程度。早い流れの瀬で石をゴロリゴロリとひっくり返して捕まえた。尾に向けてスーッと広がる体形が美しい。

梅雨のはじめに捕まえた個体。 大きな石をよっこいしょとどけると、その下流側に構えたタモ網に入ってくれた。個体差だろうが、この個体はひれの透明部分がやや広い。

盛夏に捕った個体。 本種は水通しの良いところを好む。広い範囲で捕ることができるが、生息できる河川環境が少なくなっているのは残念なことだ。

夏に捕まえた個体。 本種が生息するような場所は真夏であっても冷たい水が気持ちいい。ずいぶん明るいオレンジ色をした個体がタモ網に入って驚いた。全長は8.5cmくらい。 案外珍しいかも。

秋の河川上流域で。 流れが早い瀬のゴロゴロする石の隙間にいた。この個体は捕れたときから明るい桜色だ。

秋に捕った若い個体。 前日の雨のせいか、今日は出会うことができなかったなあと思っていたら、いつもとは違うポイントで捕った個体を息子がもってきてくれた。

秋の個体。口ひげがタコの脚のようにニョロニョロ。 この感じは少しグロイか?

秋の河川で。 全長10cmを越えた老齢個体。やせていて体形も崩れ始めている。

紅葉の季節に捕まえた個体。 水がさらさら流れる転石のあるところでも、石の両脇に水草が生えているようなところにはいない。

春の終わりに捕まえた体長約5.5cmの幼魚。

夏に捕った全長3cmくらいの幼魚。 岩場の多い河川岸際の草の中に身を隠していた。

夏の終わりに捕まえた全長3cmの個体。 水がゴロゴロ流れるところの石をどけると、構えたタモ網に入ってくれた。

本種がたくさん生息できる 良好な河川環境が維持されることを望む。

上からの写真。上から見ると形はナマズの仲間だ。 胸びれにはトゲがあるのでうかつに握りしめないよう注意が必要だ。

繁殖期にある春の雄を上から。 体はやや黒ずみ、頭部が大きくなっている。

初夏の産卵期の雄の頭部は筋肉が盛り上がる。 妙にマッチョだけど、腫れ上がったようにも見える・・・。どうした、ハチにでも刺されたのか?みたいな。

8本のひげをピンとはって正面を向く姿は 何とも愛らしい。どこか無邪気な印象を受ける。

上からつぶしたように扁平な頭だ。

本種ってこんなに口ひげが長かったっけ? 怒っている?

上と同じ個体を別アングルから。 ぷくっと見える口から伸びる口ひげが印象的だ。胸びれ前縁にある硬い骨が透けて見える。 背びれにも硬い骨をもつので本種はぎゅっと握るように扱ってはいけない。

狭い観察ケースの中で体を反転させたところ。 夜行性で昼間は石の陰などに隠れている本種は、観察ケース内の明るい場所が苦手だ。落ち着きなくうろうろする。

陸に上げて改めて気付いた。口ひげは白い。

last modified:2017/6/14
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system