アシシロハゼ Acanthogobius lactipes
ハゼ科マハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アシシロハゼ

アシシロハゼ

【生息場所】 内湾に生息するが、河川の汽水域の砂底、砂礫底にも生息している。塩濃度に対する順応性は高く、ほぼ海水から淡水まで生息する。
【外観・生活】 全長は9cm程度。体は細長く薄褐色。特に未成魚はマハゼによく似ているが、 頭部はより小さくて丸く、第一背びれ以外の鰭条数が少ないこと、頬やえらぶたに鱗がないことなどから区別できる。 成魚では雄雌ともに体側に10から12個の細い白色横帯が並ぶことが特徴で、雄の方がより太く明瞭だ。さらに雄の第一背びれの棘は糸状に伸びる。 雌は第一背びれ後方に黒色斑が出て、腹が薄黄色になる。 繁殖期は初夏から初秋と長く、汽水域の石の下や貝殻の下面に雄が巣をつくり、産み付けられた卵は雄によって守られる。 孵化後しばらくは浮遊生活を送り全長15mm程度で着底、1年で5cm程度になり成熟するが、2年を要する個体もいるらしい。 雑食性で、底性動物や藻類などを食べるが、春には近縁のマハゼ稚魚を大量に捕食しながら成長するそうだ。
【捕る】 タモ網で捕る。春など多くの個体が確認できるときは、タモ網を底に付けて引きずるだけで捕ることができる。 石など下を蹴り込んで捕ることもできる。釣りでも釣れると思う。
【その他情報】 本種に対する私の現時点の感覚だと、本種は春に大量に見られるが、マハゼが成長する秋になるとほとんど見かけない。 まるで成長したマハゼを避けるように季節移動しているようだ。
【コメント】 本種の外見上の特徴は、体側に並ぶ細い白色横帯だ。これは成魚が持つ特徴で、その姿を図鑑で見る限りは他魚と間違うことはない。 かなりはっきりした特徴だからだ。よくあることだなんだけど、その特徴が未成魚にはない。それに加えマハゼにそっくりときている。 未成魚は小さいから目を凝らさないと特徴はつかめないし、よく似た種類との違いが些細なものだから、ハゼ類の知識が未だ乏しい私は苦労させられる。 未成魚ばかりとは言え、今回春に訪れたときは大量に確認できたが、夏の終わりや秋に本種を捕ることはできなかった(見過ごしていた?)。 同じ汽水エリアでも季節ごとに訪れる必要があるよと本種は教えてくれた。

夏に捕まえた全長約6cmの個体。 本種の特徴である白色横帯が体側に見られる。

トップ写真と同じ個体。 春の干潟で捕まえた。全長は5cm程度で、体側に本種の特徴である白色横帯がうっすらと現れている。 わかりにくいが背びれ後方に黒色斑が見られるので雌のようだ。

早春の干潟で捕まえた個体。 全長4.5cm程度。この個体、本種にしては頭部がやや大きめ。ハゼ類は小さくてよく似ているのでいつも迷ってしまうが、このシルエットはマハゼみたい。

春に捕った個体。 全長4.5cm程度。ヒメハゼとともに河川汽水域の浅瀬にたくさんいた。湧き水が染み出す先に多かったように思う。 秋にはいなかったのに、歩きながらタモ網を引きずるだけで捕ることができるほど大量にいる。

同所で捕まえた個体。 未成魚はほんとマハゼに似ている。頭部がやや小さいことなどから区別できるが、写真で見るより実物で見た方が違いがわかりやすい。

夏に捕まえた 全長2cmくらいの小さな個体。体全体に濃褐色の小斑点が散らばる。汽水の砂底でタモ網を引きながらザブザブ歩いたらポツポツ入った。

小さな個体は 他種とよく似ていているので同定が難しい。体側に点々模様があるようにも見えるのでヒメハゼかと思ったが、受け口になっていないので違う。

ピンボケしているが、 ひれを全開するとこんな感じ。カッコいい!

真上から。 吸盤状の大きな腹びれをもつ。

上あごがわずかに出ている点も マハゼに似るが、頭部はより小さく、そのせいか吻もより短い。

爬虫類系。 マハゼによく似ていているが正面から見ると違う。悪そうな顔つきだ。

幼魚を正面から。 かわいい顔をしている。

last modified:2017/3/19
created:2016/4/2

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system