アユ Plecoglossus altivelis altivelis
アユ科アユ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > アユ

アユ

【生息場所】 主として川の上~中流域に生息している。琵琶湖には湖中に留まる「コアユ」と呼ばれる集団がいる。
【外観・生活・食性】 全長は10cmから30cm程度にまで成長する。スマートな体形をしており、背はやや盛り上がり吻がやや尖る。背側は濃いオリーブ色で腹側は銀白色だ。 特に縄張りをもつ個体は、胸びれ基部後方に楕円形の黄斑が明瞭になり、背びれは長く黒色を帯び、あぶらびれの先端はオレンジ色になる。 大きな口に特徴的な唇をもつが、唇の部分は白色で柔らかくベロッとめくれる。 歯は櫛状で成魚は川石の藻類をそぎ取るように食べるので、本種が生息する河川では藻類が生えた石の表面に竹の葉を散らしたようなハミ跡が見られる。 繁殖期は秋で、砂や小石の多い浅瀬で集団産卵する。産卵を終えるとほとんどの個体は死を迎え、川岸や淀みにはおびただしい数の死骸が見られる。 晩秋に河川で孵化した大量の仔魚は海に下り、7cm程度になった若魚が春先に再び河川に遡上してくるが、琵琶湖では海に下らず湖と河川で生活する。 稚魚は最初プランクトンや水生昆虫などを食べるが、成長につれ川石に付いた付着藻類だけを食べるようになる。 河川に定着したアユは食物を確保するために直径1mほどの縄張りをもち、この中に他のアユが侵入してくるとオスメス関係なく激しく追い払うようになる。 多くの個体の寿命は一年。年魚と呼ばれる。
【捕る】 日本では川釣りの代表魚であり、餌の藻類の確保のための縄張り争いをする性質を利用した友釣りが有名。 見えているアユをタモ網で追いかけて捕ることはまず無理だと考えた方が良いが、 群れているアユの中には逃げる際に石の隙間や草の陰などに隠れ込む個体がいて、タモ網に追い込んで捕ることができる。傷つきやすくすぐに弱る。
【その他情報】 日本人はこの魚のスタイルを美しいと思うようで、スマートであることを形容するのに「若鮎のような」といった表現がある。 若いスイカやキュウリのような青臭い香りがあって香魚とも呼ばれる。美味で食用にされ、高貴な香りと相まって塩焼きが一番うまいのではないだろうか。 しかし、最近ではアユの香りを理解する人が減少し、よく太って脂肪の多い養殖魚の方が美味いという人もいるようだ。 商業価値が高いため、昔から各地で養殖、放流が盛んに行われている。 琵琶湖産の稚アユの放流に伴って、ビワヒガイ、スゴモロコ、ハスなどの琵琶湖水系の魚が日本各地に拡散し、現地の生態系に影響を与えている。 また近年、アユの産卵期が遅くなり、小型化が進んでいるという。 原因は近年の海水温の上昇で、産卵期初期に生まれた稚魚が海に下っても高水温のため多くが死滅し、産卵期後期の個体が生き残る傾向にあるためだそうだ。 その結果、海にいる期間が短くなり十分に成長しきれないまま河川に遡上する個体が増えて小型化するという訳だ。 それから驚くことに、汚れた川のお墨付きをもらっている大和川でも近年水質が良くなってアユが遡上し始めている。 2011年夏には柏原市で友釣りによる天然アユが捕獲されたが、実に40数年ぶりとのことだ。
【コメント】 気品に満ちあふれる美しい清流の女王、アユである。一年で寿命を終えるというその潔さも日本人が好むところだろう。 日本の内水面漁業において最重要種のひとつで、とても雑魚と呼べる種ではない。 子供の頃、近所に住んでいた叔父が夏になるとよく釣りに出かけ、お裾分けを持ってきてくれたのがこのアユだった。 子供の舌ではこのアユが美味しいと思えず、何で大人はこんなのを喜んで食べるのだろうかといつも不思議に思っていた。 当時の私のフィールドは、年間を通して雨が少なく水質ワーストワンをたたき出していた大和川水系で、もちろん近所でアユは見られなかった。 そんなことからか、本種は清流にしかいないというイメージを勝手にもっていたが、もともとは河川中流域にごく普通に生息していた魚だという。 従って、本種が生息できなくなったとすれば、その川の状態はかなり悪くなったと言えるのだろう。 トップ写真は初夏の琵琶湖流入河川下流部で群れていた8cmほどの個体。縄張りアユとは異なり猛々しさは見られない。

春に捕まえた全長10cm程度の若い個体。 銀色に輝くすらっとした姿が美しい。

全長12、3cm程度の個体。 背は濃いオリーブ色で腹部は銀白色だ。 日本淡水魚の中でも独特の雰囲気で、背びれと尻びれの間にあぶらびれと呼ばれる鰭条のない小さなひれ状の突起をもつ。

初夏に捕った個体。 胸びれ基部後方に楕円形の黄斑が見られる。全長は12cmくらいだが、まだまだこれから大きくなる。

初夏の汽水域で群れていた、全長10cm程度の個体。 ウジャウジャいた。

全長11cm程度の個体。きれいな姿をしている。

全長8cm程度の個体。 川を歩くとあちこちで逃げまどう本種の姿を確認できた。中にはボサに隠れる個体がいて、それをタモ網でキャッチ。

オイカワやカワムツなどと共に夏に川の淵で群れていた。 この個体の体色は褐色が強い。川底は薄褐色の砂礫底だったが、体色は生息環境によるのだろうか。

初夏の河川で。スラリとしていて、側面は銀色だ。 特徴的なのは大きく裂け分厚い唇があるように見える口だろう。

初秋に捕った全長14cm程度の個体。 きれいな水が流れる河川の下流部で群れで泳いでいた。捕った際はオリーブ色だったが、バケツに入れているとうす褐色に退色した。 太陽の光を浴びると金色に見えた。

同じく初秋に捕った個体。 繁殖はまだのようで、サビ(婚姻色)は見られない。

本種は活発に泳ぐため、 真横の姿よりもこんな風に跳ねているような姿の方が良く似合う。背は褐色がかった濃いオリーブ色だ。

腹面は銀白色。

若い個体であるが、伸びやかなラインがいい。

夏に琵琶湖流入河川で捕った10cm弱のコアユ個体。 高さ1.5mの垂直なコンクリート堰を越えることができず、下の深みにたくさん溜まっていた。 捕れたアユはいずれもこのようなスマートな体形のものばかり。エサが十分でないのかもしれない。

全長7.5cmの若魚。一様に銀色に輝く姿は美しい。

桜咲く頃の個体。今年も若鮎がたくさん遡上してきた。 捕るとすぐに弱りはじめて体色が薄れ、やがて多くの個体が死んでしまう。

別場所で春に捕った若魚。 成魚に比べるとより細長くて、キラキラしている。

琵琶湖でも春から初夏にかけて、 たくさんのアユたちが流入河川に遡上する。

下流域で捕った個体。 オリーブ色に黒い背中線が入る。背びれの根元は白斑点。

琵琶湖流入河川のコアユ。 流入河川下流部でよく団子になっているが、背は黒っぽくクネクネと泳いでおり、橋の上からでも本種と見分けることは簡単。

吻端はこんな風にに肉が垂れ下がっている。 使うのは左右にずらりと並ぶ歯ということだろう。

ピエロ。

本種の口は独特だ。 石のコケを食べるため歯はクシ状になっている。白く唇のように見えるところはベロッとめくれる。

背曲がりの奇形個体。 体を水平に保とうとするが、すぐに斜め下向きの逆立ち状態になってしまう。 これは食用として持ち帰らなかったが、鳥などの天敵に見つかればすぐにやられてしまうだろう。

湧き水が豊富な河川での砂底を泳ぐアユ。 写真では見にくいが、エラブタ後方に黄色の斑模様が見られる美しい魚体であった。

琵琶湖流入河川の橋の上から見たアユの群れ。

11月末に捕まえた雄。 雄はひれが大きくて婚姻色が強く出ている。フラフラしていたのでタモ網で上からすくって簡単に捕まえることができた。

日暮れあとに同所で捕まえた雌。 繁殖を終えて体力が尽きた個体が数匹流れてきた。

11月初旬、繁殖活動を終えたと思われる個体が死んでい た。 全長は20cmくらいだった。本種は繁殖期である秋になると、体を黒っぽい婚姻色に染める。尻びれがなだらかなので雄。

last modified:2016/12/11
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system