ビリンゴ Gymnogobius breunigii
ハゼ科ウキゴリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ビリンゴ

ビリンゴ

【生息場所】 河川汽水域の流れの緩やかな岸寄りや、河口にできる干潟などの砂底から砂泥底で多く見られる。
【外観・生活】 全長は約5~7cm。背は薄褐色で不規則な模様がある一方、腹面は白い。 吻は短く、受け口をしていて、眼から口にかけて黒色線がある。若魚は第一背びれの縁が黒い。 水中では群れをつくり遊泳または中層で静止していることが多い。 繁殖期は春。特徴的なのは雌に婚姻色が現れることで、背びれや腹びれ、尻びれが黒くなり、体側にやや不明瞭な黄色の横帯が出る。 本種を含むウキゴリ属は雌に婚姻色が現れるが、本種はそれらの中でも比較的はっきりしている。 繁殖はアナジャコなどが掘って廃棄したトンネル、あるいは雄自身が掘った穴を巣穴として利用し、巣穴の壁面に雌が卵を産むそうだ。 孵化まで卵を守るのは雄の役割で、ここは多くのハゼ類に共通している。 孵化した仔魚は海に下り、しばらくして河川に遡上してくる。1年で成熟し産卵するようになるらしい。 ゴカイ、ヨコエビ、水生昆虫、小魚、付着藻類、海草などを幅広く食べる雑食性だ。
【捕る】 河口干潟に取り残された水溜りのようなところでは、浅瀬に群れているのがわかる。追い込めば比較的簡単にタモ網で捕まえることができる。
【その他情報】 ビリンゴとは各地で”メダカ”の地方名として使われていたもの。あまり似ていると思わないが、小さくてどこにでもいる魚ということなのだろう。 本種に酷似した種としてジュズカケハゼがあるが、大阪府には生息していないとされる。
【コメント】 これという特徴はないが、繁殖において積極的にアピールするのが雌であることが面白い。 それはタナゴ類やオイカワなんかと雌雄が逆。いずれも美しい婚姻色で異性を誘うが、ピーク時の本種の雌の婚姻色はかなりのものらしい。 黒いひれをまとった雌はさぞかしセクシーなことなのだろう。 繁殖をリードするのは、雄でも雌でもどちらでも良いと思うのだが、その違いをつくっている因子は一体何なのかと思ってしまう。

早春に汽水の砂泥底で捕まえた個体。 全長は約5cm程度。背は薄褐色で腹部が白い。

干潟の泥底で捕まえた個体。 全体的に黒っぽくなっているのは、繁殖期が近づいているからだろう。

これも早春に捕まえた個体。 全長5.5cmくらい。本種は尾柄がとっても細い。

お腹が大きな雌が捕れた。 体も黒っぽいがひれが黒く色づき、白い腹部には黄色の横帯が出ている。お腹がコロッコロだ。

春の干潮時、浅い干潟をタモ網で引きずれば、 ボラの子供と同時に本種が入る。この個体は雄だろうか。上の個体群と比べるとずいぶんスマートに感じる。 A地点はコロコロな個体ばかり、B地点はスマートな個体ばかりが捕れたけど、この違いは何だ?

これも上の個体と同じ場所で捕まえた個体。 体はスマートだ。繁殖期には背びれの模様が不明瞭になるのかな。形は四角形だね。

春の終わりに捕まえた全長7cmの個体。 今年生まれと思われる全長3cm程度の小さな個体があちこちに見られる中で、本個体だけ大きかった。繁殖を終えた後なのかな、お腹がぺちゃんこ。

夏の終わりに干潟にできた水溜りで捕った。 体は薄褐色で網目模様をもち、スーッとした体形をしている。背びれに黒い模様があるので、紛らわしい小さな種類が混棲する干潟では見分けがつきやすい。

上と同時に捕まえた個体。 群れて泳いでいるので上手くやると一度に5~10匹くらいがタモ網に入る。

これも上と同時に捕った個体。 いずれも全長が約4cmくらいだった。昨年生まれた個体だろうか。

やや背が盛り上がった個体。 透明感のある体に、網目模様が比較的はっきりしている。

初秋に捕ったこの個体はやや小さめだった。 全長は3cmを超える程度。

秋に捕まえた個体。 光の加減で眼が濃青色に見える。干潟の水たまりにはいろんな魚たちが取り残されているが、近づくと本種は水面をピチャピチャいわしながら逃げる。

秋の汽水域は本種がたくさん。 浅場に群れているのでサーッとひと網すくうだけで何匹も入る。 眼から口にかけて黒色線がある。

秋の個体。 体操選手のようにピンと尾びれを伸ばしてポーズ。全長は4.5cmくらいだった。

立春の頃に捕まえた全長約5.5cmの個体。 まだまだ寒いが、春の繁殖期に向けて体が黒っぽくなり始めている。

上と同時に捕まえた個体。 たくさん捕れたが特にこの個体は黒が強く発色していた。夏や秋に捕まえた個体とは別種のようだ。全長は6cmくらいだった。

これも上と同時に捕まえた。 背びれや尻びれが大きく伸長している。お腹も大きく膨れている。雌かな。

春の終わりに捕まえた全長3cm程度の個体。 干潟周辺は本種であふれていた。この個体も尾びれピーン。

第一背びれにある黒色の2本線がわかる。 体は薄褐色をしているが、腹面は白い。

夏の終わりに捕まえた個体。背の模様は保護色になっているのだろう。 横から見ると乱雑な模様に見えるが、上から見ると模様に規則性が見られる。こんな模様の蛇がいそう。

早春の個体を真上から。 お腹のあたりがふっくら。

立春の頃に捕まえた雌。 まだ寒い日が続くが、こんなお腹の大きな個体が見られた。体の模様は不明瞭になっている。

繁殖期のひれ。 写真ではわかりにくいが、太陽光の加減で腹びれや尻びれの下方が薄紫色や水色の金属光沢できらきらして見える。

繁殖ではない時期の個体。 眼が大きくて、吻は短く、口は上を向く。

正面の顔。 円い顔、少し中央上側についた上向きの口、大きな目ん玉だ。う~ん、ブス顔の部類だな。

繁殖期に向けて黒く発色した個体の頭部。 特に下顎から腹びれにかけては真っ黒に染まる。腹部にはうっすらと黄色の横帯が見られる。

上の個体を正面から。

last modified : 2018/2/11
created:2015/8/29

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system