ビワヒガイ Sarcocheilichthys variegatus microoculus
コイ科ヒガイ亜科ヒガイ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ビワヒガイ

ビワヒガイ

【生息場所】 琵琶湖固有種で琵琶湖及びその流入河川の主に下流部、瀬田川などにも生息している。移植やアユの放流に伴い全国各地に分布する。
【外観・生活】 全長は20cm程度。体色は黄褐色で体側には黒色縦帯があり、黒色雲状斑が点在している。黒色縦帯は成長と共に薄くなるようだ。 亜種関係にあるカワヒガイに似るが尾柄高が頭長の49%未満と低く、より吻が尖り、尾びれ後縁の切れ込みがより深いなどの違いがある。 体色の雲状斑もより粗く、繁殖期である春の雄の婚姻色もやや淡い。 常に水底近くを泳ぎ、水生昆虫の幼虫、小型の巻き貝、プランクトン動物、藻類などを食べている。
【捕る】 琵琶湖周辺にいる個体は釣りが楽だ。流入河川や琵琶湖沿岸部でアカムシをエサに簡単な仕掛けで釣れる。ホンモロコ釣りの外道としてかかることも多い。
【その他情報】 本種の頭長には変異があり、琵琶湖の漁師さんは短頭型をトウマル、長頭型をツラナガ、その中間をヒガイと呼んでいるそうだ。 ヒガイの占める割合が最も多く、トウマルは瀬田川に、ツラナガは湖北の岩礁域に多いそうだが、 その変異は連続していて遺伝的・生態的な分化は見られないという。 また、琵琶湖とつながる淀川にはカワヒガイとビワヒガイの両亜種が生息しており、交雑も生じているそうだ。
【コメント】 琵琶湖固有種ビワヒガイである。複雑な色彩の婚姻色が美しい魚だ。ホンモロコ釣りをしていたとき外道として釣れ、はじめて手にすることができた。 決して珍しい魚ではなく、琵琶湖周辺をウロウロしていると街の中を流れる小さな用水路なんかでも見かけることがある。 よく似たカワヒガイとは亜種の関係にあるが、繁殖期の雄の婚姻色はより淡く柔らかい感じで、カワヒガイのド派手な感じはない。 カワヒガイより大きくなるのは琵琶湖という雄大な環境によるものだろう。 淀川には両者の中間的な特徴をもつ個体が生息していて実はややこしい。コウライモロコとスゴモロコの関係もそうだけど、淀川水系はちとややこしい。

婚姻色を帯びた全長8cmの雄。 よく似たカワヒガイのようなどぎつい感じはない。

桜の咲く頃に琵琶湖付近で捕った雄。 全長10cm程度。吻が長く尖り、頭が大きく尾柄高は低く、カワヒガイとは異なる。 頬が桃色に染まり婚姻色が出ているが、まだまだこれからというところかな。

同時期に捕った全長9cm程度の雌。 短い産卵管が伸びていた。ひれのオレンジ色がチャームポイントだ。

早春に捕った全長8cm程度の雄。 流れが早い川であったが、岸が少しえぐれ、流れが淀んでいる淵で捕れた。 はじめは体側の黒色縦帯を中心にもっと黒っぽかったが、バケツに入れている間に退色してしまった。

春の終わりに捕った個体。 全長は9cmだったが、かなり濃い黄褐色の体が印象的だった(写真では薄くなっている)。 体色やひれの黄色を見ると雌だけど、産卵管は確認できなかったし、目は赤いし、雄かぁ?

梅雨入り期に捕まえた全長約11cmの雄。 ほほの薄赤紫色がよく目立つ。体は薄っすらとブルーだ。

初夏に釣った全長約10cmの雄。 背がグッと盛り上がる体格の良い個体であったが、婚姻色はかなり薄れていた。黒色雲状斑もほとんど見られない。

やや斜め後ろから見るとこんな感じ。 すらっと伸びる体が美しいなあ。

初夏の琵琶湖流入河川で アカムシを餌に釣った雄。本種が釣れる数は多くないけど、雄ばかりなのはなぜだろう??? 吻の周囲には硬く尖った追星が出ていて、バケツから取り出すときに口もとが触れると痛い。

琵琶湖流入河川で釣った全長7cmの若魚。 うっすらと婚姻色が出ているが、雌のようにひれがオレンジ色ではない。

全長6cmの若魚。 琵琶湖で捕った個体であるが尾柄高/頭長=約0.45は本種の範囲。可愛らしい。

秋の雌。 琵琶湖に流れ込むコンクリート水路で捕まえた。背びれの黒色帯がくっきり。

琵琶湖に流れ込む小河川で捕まえた。 冬だからちょっとやせているのかな。

冬に捕った全長6cmの若魚。 湖西の用水路で、カネヒラやカワムツなどと一緒に群れていた。

雌の体側。 黒色雲状斑と表現される模様をもつ。鱗を見ると、そのひとつひとつに小さな点の集合で構成される模様がある。


上の個体を真上から。 背面は黄褐色で小さな黒色斑が散在する。水面から斜めに見ると体側の黒色縦帯が目立つので、本種とわかる。

初夏に捕った雄を真上から。 薄紫がかった色で背面に特に模様は見られない。

若い雌を正面から。 キョトンとした目で「何?」。

繁殖期の雄。 正面から見ると縦に長いというか、細長いというか、亜種とされるカワヒガイとは違う印象を受ける。 吻の周辺には白くブツブツした追星が出ている。これ、先端が尖った小さな円錐状で触ると痛んだよね~。

last modified:2017/6/24
created:2013/4/6

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system