ビワコガタスジシマドジョウ Cobitis minamorii oumiensis
ドジョウ科シマドジョウ亜科シマドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ビワコガタスジシマドジョウ

ビワコガタスジシマドジョウ

【生息場所】 琵琶湖固有亜種で、琵琶湖に流れ込む小河川や用水路に生息している。砂泥底や泥底を好むようだ。
【外観・生活】 全長8cmほどになる。体には縦筋模様があり、オオガタスジシマドジョウ(以下オオガタ)によく似るが、オオガタほど大きくならない。 雄よりも雌の方が大きく、成長した雌はトップ写真のように背が盛り上がり尾にかけてスーッと細くなる特徴的な体形をしている。 よく似たオオガタとの違いは、尾びれ基部の下の暗色斑が、オオガタでは濃いのに本種は薄いという点、 胸びれ基底から腹びれ基部までの筋節数が、オオガタでは14~15(通常14)に対して、本種は11~14(通常12)とより少ない点などがある。 産卵期は5~7月で、田植えのすんだ水田に遡上して産卵するようだ。水生生物や藻類、泥の中の有機物などを食す雑食性だ。
【捕る】 砂泥底をかき混ぜるように足で追い込んで、タモ網で捕る。 生息密度は高くないが、泥砂ごとすくうやり方で捕ることもできる。
【飼う】 飼育はとても難しい部類に入ると思う。特に病気になることはないが痩せやすい。 フレーク状、小粒の人工エサ、冷凍赤虫などを行き渡るようにしても痩せてしまう。 エサを落とすとすぐに底砂から出てきてモフモフするんだけど・・・。
【その他情報】 河川改修や圃場整備などによる生息地および産卵場所の減少により、近年減少が著しいとされる。 これまではスジシマドジョウ小型種琵琶湖型と呼ばれていたが、 2012年4月25日以降に新しく「ビワコガタスジシマドジョウ」という標準和名が与えられた。 コガタスジシマドジョウには5亜種あり、東海、琵琶湖、淀川、山陰、山陽に分布している。 そのうち、淀川水系に生息していたヨドコガタスジシマドジョウは、 かつて淀川のワンドに多産していたというが、 1996年に宇治川で雌の成魚が1個体採集されて以来、今日まで一度も確認されていない。絶滅した可能性が高いと言われている。
【コメント】 通りかかって何気なくタモ網を入れた水路であったが、トップ写真の個体が最初に捕れたとき、「あ、こんなところにいたのか」と思った。 やっと出会った感がある。そのときは同じところでオオガタの雄や雌も捕れたのだが、トップ写真の個体の姿はそれらとは明らかに違っていて、 特に観察ケースに入れた瞬間、成長した雌のくびれというかメリハリのある体形が目に入ったときに、これは本種だとピンときた。 それは琵琶湖博物館で展示されていた実物や、参考にさせて頂いているHPなどで見た本種の写真や説明が頭の片隅にあったからだ。 やはり日頃からいろいろ見ておくことは大事だね。 生息環境が悪化し、近年個体数の減少が著しいと言われていて心配だが、これからも何とか強かに存続し続けて欲しい。 好適な生息環境が維持され、あちこちでいっぱい出会えるようになったら・・・ええなあ。

春の終わりの雄。 全長約5.5cm。田植えが終わり活発に動き出したようだ。水路で泥ごとすくって捕まえた。タモ網を揺すると泥の中で細長い個体が現れてくねくねと動く。

透明感のある体に、 太い暗色の縦筋が体側に走る。繁殖期にはその縦筋が濃くなるようだ。尾びれ後端は黒く縁取られる。

体は繊細で弱い印象だ。 全長約5.5cm。流れがあっても体後ろ半分をニョロニョロニョロ~っと高速でくねらせながら素早く泳ぐ姿を見た。 小さな体に似合わないすごい勢いだった。ちょっと驚いた。

ビシッと入った 縦筋がかっこいい。尾びれがかけているけど、何者かにかまれたのだろうか。全長は6cmくらいの雄だ。

長い水路の中でも 好む場所があるようで、ある程度の範囲でまとまって捕れる。

全長約7cmの雄。 この個体は体が比較的がっしりしていて、最初はオオガタスジシマドジョウと思っていたが、筋節数などから本種で良いと思う。 当初からどうも寸詰まりな個体で変だなあと思っていた。捕まえていたのにスルーしていました・・・。

上と同時に捕った雄。 尾びれ基部の下の斑紋は薄いことが特徴とされるが、繁殖期には体側の縦筋と同様に濃くなるようだ。 尾びれの模様や基部の暗色斑は重要ではあるが、あくまでも傾向に過ぎないと理解すべきだろう。

これも同時に捕った雄。 しばらく透明ケースに入れておいたら、体色がずいぶん薄くなってしまった。尾びれ基部の下の斑紋は薄く、尾びれ後端は細く縁取られる。 胸びれ基底から腹びれ基部までの筋節数は13程度。

梅雨が終わる頃に、 別場所で捕ったトップ写真と同じ雌。全長はちょうど8cmだった。尾びれ基部の下の暗色斑はやや色が薄い。卵をもっているかも。

初夏に捕まえた個体。 全長は約6cmくらいだった。雄と比べると尾にかけて細くなる特徴的なスタイルだ。

同所で捕まえた オオガタスジシマドジョウと雌同士を並べてみた。こう見ると体の大きさはかなり違う。

春の終わりの雄。 全体的にほっそりした体で、背面には斑紋が並ぶ。

雌を上から。 真上からだとオオガタの雌と区別がつかない。頭は三角形で吻がとがっていて、いかにももぐるのが得意そうだ。

正面から。 雌は体高がある分、オオガタよりもほっそりしているように見える。

雄を正面から。 とてもかわいいが、眼のすぐ下に棘が仕舞われているのがわかるだろうか。下手に触るとそれを逆立ててチクッとやられる。

胸びれ基底から 腹びれ基部までの筋節数は光の加減で数えやすい場合がある。よく似たオオガタスジシマドジョウとはこの数で区別できる。この個体は12かな。

上が本種で、 下がオオガタ。本種の筋節数はオオガタよりも少ない。本種は11~14(通常12)でオオガタでは14~15(通常14)だ。

last modified:2016/7/20
created:2015/7/18

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system