ビワヨシノボリ Rhinogobius biwaensis
ハゼ科ヨシノボリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ビワヨシノボリ

ビワヨシノボリ

【生息場所】 琵琶湖および琵琶湖流入河川を生活の場にしている。
【外観・生活】 ヨシノボリの仲間では小型で全長5cm程度。 鼻先は短く口がやや上を向いていて、寸詰まりな印象を受けるのは近縁のシマヒレヨシノボリと同様だ。 のどは橙色で尻びれ基部は朱色あるいは橙色をしており、若い個体の第二背びれや尾びれには縞模様がある。 雄であっても第一背びれが伸長せず、むしろ繁殖期の初夏にはその他のひれが大きく伸長するため、小さく見えるほどだ。 繁殖期の雄は体やひれをオリーブ色ベースとした色に変え、第一背びれの前上部を青白色に、背びれや尾びれの端部を黄白色に、 尻びれおよび尾びれ下部の端部を青白色に縁どる。 多くの個体は普段は琵琶湖の沖合に回遊し、初夏頃のに産卵のため接岸する。他のヨシノボリと比べると、ひれを広げてよく泳ぐ。
【捕る】 繁殖期が始まる6月頃から接岸するので、琵琶湖岸の石の間をタモ網で捕る。箱メガネなどをつかって水中を見ながら追い込むと捕らえやすい。 河川にいる個体は、岸辺のボサや石などの障害物の周囲を探る。
【その他情報】 琵琶湖およびその周辺河川にはトウヨシノボリ(琵琶湖橙色型)が生息しているが、吻が短く口が上を向くこと、頬に斑点はないこと、 目から吻先にかけての線模様が赤色ではなくより黒っぽいことなどから区別できる。 さらに腹びれの吸盤が縦に長くひれ膜が薄い、第1背びれの前方にウロコが無いなどの違いもあるそうだ。 雄であれば、第一背びれが伸びないこと、尾びれの付け根に橙色斑がないことが最もわかりやすい。 なお、近縁でよく似たシマヒレヨシノボリは琵琶湖水系には分布しないとされている。
琵琶湖岸で同じく繁殖するイサザやトウヨシノボリと時期的なすみ分けが行われており、夏の繁殖期以外、接岸や流入河川への遡上はないとされているが、 日本淡水魚類愛護会で 琵琶湖流入河川に通年生息している集団があることが指摘されている。 ちなみに以下の写真の中には、繁殖期ではない3月上旬から4月上旬に琵琶湖に流入する浅い用水路でタモ網採取したときの個体写真がある。 河川定着している個体群かな。
【コメント】 琵琶湖という環境に適応するように進化したヨシノボリだ。 石に引っ付いてピョンピョンと移動する印象が強いヨシノボリにあって、広大で深い琵琶湖の沖合で回遊する生活はなかなかイメージできない。 しかし実際観察してみると、水底にいることが多いのだが、ツーン、ツーンとした泳ぎ方で大きな水槽の中層辺りを泳いでいることもあり、 常に水底や壁面にビッタリとくっついているトウヨシノボリとは随分違う印象をもつ。 本種を一般に見ることができるのは繁殖期である初夏で、琵琶湖に接岸する時期だ。石がゴロゴロしているところに大集団でやってくる。 その時の雄はヨシノボリの中でも特に特徴的で、その変貌ぶりがスゴイ。 ヒラヒラする第二背びれや尻びれなんかはまるで着物の振り袖のようだし、アクセントのあるシックな婚姻色がとても良い。 小型であるが、とてもかっこいいヨシノボリだと思う。 琵琶湖流入河川に定着している個体群が指摘されるなど、まだ未解明なところもあるようだが、いったいどんなヨシノボリなのか研究の進展が楽しみだ。

初夏に捕まえた 琵琶湖流入河川下流部の雄。普段、本種は見られないので、琵琶湖から入り込んだようだ。第一背びれの青白色、のど元や尻びれ根元の橙色が美しい。

初夏に内湖につながる水路で捕まえた雄。 第一背びれは伸長せずに、円い形をしている。大きくても全長5cmくらいで、ずんぐりした体形だが、なかなかかっこいいぞ。

盛夏に琵琶湖沿岸で捕った雄。 繁殖期である夏、雄は体を濃いオリーブ色に染めひれを伸ばす。チチブや小さなトウヨシノボリに混じって、本種が岸近くにわんさかといた。 トップ写真と同個体。

同じく盛夏に琵琶湖で捕った雄。 第二背びれや尻びれはまだ伸びる。

やや痩せた個体。 水中メガネで覗きながらタモ網に追い込んで捕った。年によって生息密度が異なるのだろうか、例えば去年と比べるとやや個体数は少なかった。

繁殖期で争ったからだろうか、 この写真のようにひれが切れている個体も多く捕れる。

盛夏の雄。 第一背びれ前部の青色が鮮やかだ。尾びれはかじられたのか、それとも個体数推定調査のために切り取られたのか。

盛夏の雄。 変身途中の個体だろうか。体の斑紋が目立たなくなり始めており、尻びれ端部が青白くなるなど、ひれも繁殖期特有の色に変わり始めている。 あるいはその逆で、繁殖期の派手な体からもとの体に戻り始めているのかも。または、そもそもあまり婚姻色を帯びない個体なのかも。

盛夏の琵琶湖で捕った個体。 繁殖期はとっくにはじまっていると思われる8月初旬であっても、ひれの伸長度合いや体色の濃さなど、いろんな個体がいた。

盛夏の琵琶湖で捕った。 この個体は捕った中で最も体色が濃かった。ひれを全開すれば青色、橙色が美しい。

上の個体を真上から。 濃いボディ色に背びれや尾びれ端の薄黄色や薄青色が目立つ。

反転しようとした瞬間。 雄の第2背びれと尻びれは繁殖期に伸長し、きれいに色づく。

同じ個体を真下から。 胸びれも大きくなっているようだ。それにしても、のど部の何とも言えない深い青色がきれいだ。

おそらく本種の雌と思われる個体。 全長は2.5cmくらいで雄と比べるととても小さい。顔が寸詰まりで頬に赤色斑点も見られないため、琵琶湖に生息するオウミヨシノボリではないと思う。

本種はよく泳ぐ。 泳いでいる時はひれを広げるのでひれの鮮やかさが目立つ。とてもきれいだ。

真上から。 初夏になると石がゴロゴロしている琵琶湖岸にたくさんの個体が接岸する。

3月上旬に琵琶湖周辺の河川で捕った個体。 繁殖期の雄以外はシマヒレヨシノボリに似ているが、よく見るとひれの模様や色が違う。

この個体の全長は約4cm程度だった。

体色が濃く体側の斑模様が目立った個体。 第二背びれや尾びれには縞模様があり、尻びれ基部が朱色をしている。

3月上旬、 短時間の間にかなりの数が確認できた。本種はヨシノボリの中でも比較的よく泳ぐ。

のどの橙色がきれいだ。 吻は短く口が上を向く。目から吻先の線模様はこげ茶色のような色をしている。ちなみにこの個体の胸びれ条数は19本ある。

3月下旬に 琵琶湖近くの用水路で捕った個体。タモ網でたくさん捕ることができたが、大きい個体で全長4cmくらいだった。 初夏までにあと二周りほど大きくなって、本種独特のシブイ婚姻色をまとうことだろう。

桜咲く頃に琵琶湖周辺の河川で捕った雄。 頬を膨らませたところが可愛い。

「♪ワワワワーッ」って合唱。

春、ホンモロコを狙って釣っていると たまに釣れる。

春の個体を下面から。 下あごは青黒く、のどや尻びれの橙色はこんな感じだ。

桜咲く頃に捕った個体。 相変わらずたくさん生息している。3月上旬の個体と比べると、体が一回り大きく、ひれのオレンジ色がやや濃くなっている。

正面から。

雄の顔をアップで。 見れば見るほど味がある。

腹びれが吸盤状になっている ことが良くわかる。

全長2cmを越える程度の小さな個体。 河川定着していると思われる琵琶湖周辺の河川で秋に捕った。難しいところだが、本種だと思いますっ。

last modified:2017/6/19
created:2013/3/6

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system