ボウズハゼ Sicyopterus japonicus
ハゼ科ボウズハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ボウズハゼ

ボウズハゼ

【生息場所】 河川の上・中流域に生息している。流れの速い早瀬や平瀬を好むが、流れの緩やかなところの岩や大きな石の上でも見られる。
【外観・生活】 全長は15cmを超える。体は円筒形で細長く、丸くてつるりとしたユニークな顔だ。 体色は茶褐色や緑褐色で、体側にはやや斜め方向に十本程度の暗色の横帯がある。 雄の成魚は第一背びれの棘条が糸状に伸びて、背びれと尻びれは雌のそれより大きい。 腹びれは吸盤状で吸着力は極めて強く、吸い付くことができる口と合わせて、急流部でも流されずに生活することができる。 垂直壁も容易に登り、オーバーハングした所でさえも乗り越えるそうだ。動きはとても俊敏で、危険を感じると素早く逃げ去る。 繁殖期は夏で、大きく平らな石の下面に卵を産みつけ、オスが孵化するまで保護する。卵は非常に小さく、産卵数は著しく多いそうだ。 孵化した仔魚は直ちに海に降下し、翌年の春に3cm程度に成長して底生生活をするようになると、流れの緩やかな岸よりの中層を帯状になって通り、 河川を遡上してくる。藻類を専食し、岩や石の表面に生えた付着藻類を歯で削り取って食べる。 同じ付着藻類を食べる点はアユと同じで、餌を確保するために縄張りをもち、本種同士やアユとの間でも縄張り争いをする。
【捕る】 石や岩の下に隠れている個体を足でタモ網に追い込む。または堰堤などを乗り越えようとして張り付いている個体をすくう。 特に夏は捕るのが難しい。石の上などに姿が見えても、素早く逃げ去ってしまう。 アユの友釣りにかかることがあり、釣り師からは嫌われているようだ。
【その他情報】 藻類(精進料理)を食べることや、丸い頭部が僧侶を連想させるなどからボウズの名がある。 焼くとアユに似た香りや味があると言うが、採捕が難しいため食用にされない。ところで、本種と言えば夏の滝登りが有名だ。 毎年8月になると、和歌山県古座川町にある名勝・天然記念物「滝の拝」で岩壁をよじ登る姿が夏の風物詩としてニュースになる。 渓流のアルピニストとも呼ばれる。
【コメント】 ずいぶん前、遠出したところでたまたま川面をのぞくと、石の上に張り付いている細長い縞々模様の魚を見た。 手にしたことがない魚だったが、日ごろから図鑑を見ていた私は、「あ~たぶん、あれってボウズハゼっちゅうやつちゃうかなぁ」と思った。 今でもあの縞々模様は鮮明に覚えている。 あれから一度も目にすることがなかったが、先日訪れた川を橋の上からのぞくと、大きな石の上にあの縞々模様の魚を発見!あっちにもこっちにも。 「あぁ、やつだ」と思ってタモ網を片手にザブザブと川に入った。が、しばやくやっても捕まえることができない。 それもやつは、そこそこ近寄っても逃げない余裕っぷり。とかく素早い・・・。見通しの良い水中をビューン、ビューンと移動している。 いろいろ大変だったが、粘って何とか数匹の個体を捕えることができた。ユニークなお坊さん顔、やっと正面から見ることができた。

初夏に捕まえた個体。 瀬の石をどかすとタモ網に入った。丸くてお坊さんのような頭部が面白い。

少し水深のあるところの 大きな石の上に静止している個体や、ビューン、ビューンと石の間を移動する個体も見られたが、捕まえるのは難しい。

トップ写真と同じ個体。 秋の初めに捕まえた全長約7.5cmの雌だ。褐色の体に濃色の横帯が並ぶ。

上とほぼ同じサイズの別個体。 「見えるが捕れず」が何度も続いたが、何とか捕まえることができた。本種はホントすばしっこい。ハゼの仲間とはとても思えない。

縄張りをもち、近づく個体を追い払うというが、 大きな石に何匹も張り付いていることがある。見た目も優しい印象を受けるけど・・・。

別個体。興奮すると帯模様が濃くなるようだ。

背面から見ると、この縞々模様が特徴。 同所で見られ姿がよく似ているシマヨシノボリなんかとは明らかに違う。石の上にこの姿が見えても、なかなか捕れないんだよな~。

まるくつるりと張り出した吻も本種の特徴だ。 名前の通り、お坊さんっぽく見える。口は底面につくようについていて、唇は分厚い。

面白い顔をしているねえ。 吻をくるりと回る帯模様からニコッと笑っているようにも見える。かわいい~。

本種はとかく腹びれの吸着力が強い。 だからバケツから取り出すのも一苦労だ。 口でも吸い付くことができるので、水の流れが激しいところや垂直の壁では、これら2つの吸盤を使って尺取虫の要領で前進する。

コメント欄の冒頭で書いた、 私が最初に出会った個体。足元のすぐ先の石の上、水深は30cmくらい、コンデジを真上に構えても逃げなかった。やっぱりボウズハゼだった。

last modified:2017/6/17
created:2016/9/10

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system