チチブ Tridentiger obscurus
ハゼ科チチブ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > チチブ

チチブ

【生息場所】 河川下流域や河口域の砂泥底に生息しており、人工的なテトラポッドなどの障害物や転石の周囲を好む。 水質にも強いようで、都市部でも多く見られる。
【外観・生活】 全長は8cm程度。頭部は丸く大きく、太短い円筒体形をしており、体色は濃褐色から薄褐色で、頭の側面には不規則な白色斑が密に点在する。 体側には数本の暗色縦条があり、胸びれ基部が帯状に黄褐色である。第一背びれの鰭条先端は糸状に伸び、特に繁殖期の雄は著しい。 繁殖期は4月から始まるようだ。石の下や空き缶などに産卵室をつくり、雌が天井に卵を産み付ける。 やがて雌は死ぬそうだが、卵は雄が孵化まで守る。ハゼの仲間には良くあるパターンだ。 孵化した仔魚はすぐに流されて海に出る。海で成長して春に川へ入った幼魚は群れをなして川をちょんちょんと遡ってくる。 成魚は群れることなく、むしろ住みかである石などを中心として縄張りをもち、侵入者を激しく攻撃する性格だ。 雑食性で小動物や藻類、小魚など何でも食べている。
【捕る】 釣りやタモ網で捕る。テトラポッドなどの周囲はタモ網は使いにくいのでそのような場所は釣りがよい。ハゼ釣りの外道としてたまに釣れてくることも。
【その他情報】 よく似た種類にヌマチチブがある。 相違点は、頭側の白色斑が密に存在すること、胸びれ基部の帯状黄褐色部には不規則な橙赤色の腺がないこと(繁殖期の雄除く)、 尾柄が高く、よりずんぐりした様に見えることなどであるが、個体差もあって結構難しい。 わかりやすい区別ポイントは、第一背びれの前縁に4個の小さい黒点があることなんだそうだ。
【コメント】 汽水魚チチブである。はじめて出会ったのは、大阪湾に注ぐ河川下流部だった。 ちょうど引き潮のときでサラサラと水は流れていたが、決してきれいな河川とは言えず、 空き缶やビニールなどのゴミが所々に引っかかっていて、そんなところに多く生息しているようだった。 ウナギを捕るために仕掛けた塩ビパイプや竹筒に本種が入っていることもあり、人間の廃棄物を上手に活用できる種だと言えるかもしれない。 佃煮などにして食用にされるので美味いのだろうが、私が出会う場所は都市河川下流部。 近年、水質はかなり良くなっていることはわかるのだが、都会の味がしそうで口にする勇気が出ない・・・

トップ写真と同じ個体。 全長は7.5cmくらい。はじめての汽水で出会った個体のひとつだ。

桜咲く頃に捕れた 7cmほどの雄。第一背びれが糸状に大きく伸びていることがわかる。繁殖期の雄は特に伸張する。

春の個体。 淀川下流汽水域の石の下にいた。全長は8cm程度あり、体色がかなり濃かった。

春に捕った個体。 全長は7cm程度。汽水の大きな石の下の隙間に隠れていた。ケフサイソガニも同時にたくさんタモ網に入った。

春の汽水域で捕った個体。 卵をもっていると思われ、お腹がぷくっと膨れていた。もしかしたら何か大物を腹にしまったところかもしれないけど・・・。

これも春の個体。 本種は短時間で体色を変えることができる。明るい場所に入れているとこんな風に黄色くなる。

本種は個体数も多く、 石の脇に隠れていることが多い。転石がある汽水域ではほぼ100%出会う。

初夏の汽水で捕った個体。 ヌマチチブも同所で捕ることができた。 流れのあるところの障害物の陰でも見られたが、流れが緩やかなワンドのようになっているところでもたくさん捕ることができた。

この個体では本種の特徴とされ、 ヌマチチブとの相違点とされる頭部の白色斑はほとんど見られない。こんな個体もいるので白色斑による区別には「?」。

夏に汽水で捕った個体。 汽水の流木の枝の隙間に隠れていたのだが、上からみて体に輪っか模様が見えたような気がしたので、最初はアカオビシマハゼが捕れたと思っていた。 第一背びれが糸状に伸びている。

秋の汽水で捕った個体。 流れのある小河川の干潮時でほぼ淡水であったが、すぐ下流側でカキ殻が見られる淀みでは大きなボラやクロダイなどが泳いでいる姿を近くで確認できた。

全長6cmほどの個体。 暗色のバケツに入れていた時は黒っぽかったのに、観察ケースに入れた途端、写真のような薄褐色に変化した。

どことなく顔がオタマジャクシに 見えるのは私だけ?

暗褐色の3cmほどの個体。 比較的流れのあるところのゴミ袋の中に隠れていた。

全長2cmを少し超える程度の幼魚。 体は一様に真っ黒だったので、最初はゴミかと思った。

上から見ると胸びれの根元の黄色が目立つ。

胸びれはハゼの仲間らしく吸盤状だ。

すぐ下流側では よく似たヌマチチブも捕れた。第一背びれの模様から本種であるとわかる。

正面から。 この個体は頭側の白色斑が密に散在するが、個体差が大きい。ヌマチチブとの相違点としては、あくまで傾向として捉えるべきだな。

last modified:2017/4/25
created:2012/4/2

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system