チチブモドキ Eleotris acanthopoma
カワアナゴ科カワアナゴ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > チチブモドキ

チチブモドキ

【生息場所】 河川の河口から下流の汽水域に生息する。流れが緩やかな泥底で転石が多い場所を好む。
【外観・生活】 全長は10cmほどで大きいと15cmぐらいになる。体の雰囲気はカワアナゴに似るが、全体的に太短い。 頭部は縦扁するがより丸く、胴体は円筒形。体色は薄褐色の時や黒褐色になるなど、状況に応じて著しく変化させる。 胸びれ基底に2つの暗色斑をもつがカワアナゴほど大きくなく、特に体色が黒褐色だと目立たない。 尾びれにも2つの暗色斑があるが、同様に目立たないことがある。 眼は比較的大きく、頭部腹面に白点はないこともカワアナゴとの相違点だ。 卵から孵化した仔魚は海に下り、ある程度成長して河川に侵入する両側回遊型の生活史を送る。 昼間は転石や倒木、根際などの物陰に隠れていて、主に夜になると活動し、エビやカニなどの甲殻類や小魚などを捕食する。
【捕る】 泥底で転石があるところや物陰の下を足で追い込む。
【その他情報】 カワアナゴ属は海外にはインド洋全域にかけて多くの種が存在する。 国内にはカワアナゴ属4種が生息していて、本種とカワアナゴ以外にテンジクカワアナゴやオカメハゼがあり、互いに酷似していて区別が難しい。 詳細には、実体顕微鏡で鰓蓋や眼の下にある孔器列の並び方を観察する必要がある。
【コメント】 和名からは「チチブに似た魚」。チチブに似ていなくもないけど、カワアナゴモドキの方が全体の雰囲気を表している。 はじめて手にした個体は、手のひらで見たときも、ストック用のバケツに放り込んでからもカワアナゴだと思っていた。 が、水をはったケースに入れて正面を見たら違う!「長い鼻管」をもってる。鼻から突き出ているあの2本の細長い管だ。 それに眼がでかい。「良かったーっ、(いつものカワアナゴと思って)その場でポイしなくて」と安堵した。 よく似た魚はホントに難しいね、特に片方を多く捕っていると、パッと見てそっちだと思い込んでしまう。 もう片方を見たことがなければなおさら。捕れたらちゃんと観ることと、それから日頃から図鑑パラパラしとかなアカンな。

秋の初めに捕まえた 全長約5.5cmの個体。 直線的な背のラインとか、ひれの様子はカワアナゴによく似ている。ただ体はカワアナゴのようなスマートな感じがないね。 体はずーっと黒褐色だった。

上から見た感じも カワアナゴに似てるね。口の近くには2本の細長い鼻管が突き出る。

眼が大きい。 よく見ると眼から鰓蓋にかけて放射状の暗色線がある。 胸びれ基底に2つの暗色斑があるとされるが、体色が黒褐色の場合はほぼわからない。 カワアナゴのように頭部腹面に散在する小さな白点をもたない。

眼、でかいね。

created:2022/10/9

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system