チクゼンハゼ Gymnogobius uchidai
ハゼ科ウキゴリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > チクゼンハゼ

チクゼンハゼ

【生息場所】 淡水の影響を受ける河口付近の砂底、砂泥底の干潟域に生息する。
【外観・生活】 日本固有種で、全長は4cm程度。体は細長く円筒状で、頭部は上から潰したようにやや縦扁している。透明感のある薄褐色をしていて腹部は白い。 下あごがやや突出しており、下あごには数個のひげの様な肉質皮弁をもつことが特徴だ。 また体側には濃褐色の横斑が並び、その前部は上下に細長く比較的明瞭だ。パッと見たときの区別に使える。また背面や体側には白色の小斑点がある。 産卵期の雌は腹部が鮮やかな青紫色に染まり、早春にアナジャコなどの甲殻類の巣穴で産卵するそうだ。 普段もアナジャコなどの巣穴を隠れ家として利用し、素早く穴の中に隠れる。小型の甲殻類を主に食べている。
【捕る】 干潟の砂泥底をタモ網ですくう。干潮時に砂底の水溜りに取り残されていることがある。
【その他情報】 埋め立て、護岸工事、水質汚濁、土砂流入、底質の有機物汚染により本種が好む干潟環境は減少しつつあり、 多くの都道府県でレッドデータブックに記載されている。名にチクゼン(筑前)と付くのは、福岡市で最初に発見されたからだそうだ。
【コメント】 図鑑で確認するまで全く知らなかった魚だ。最初は一緒に捕れたマサゴハゼだと思っていた。 汽水域でタモ網を振り回した後、透明ケースに移した魚たちを上からまじまじ見てみると、 マサゴハゼにそっくりだけど頭部の形が微妙に違う、体に白色の小さな点々をもつ個体が混じっていることに気が付いた。 体側にある細長い横斑を観察ケースの真横から見て、はじめて出会った魚だとわかったのだが、 未だ不慣れな汽水域にあって特徴がつかみにくい小さな魚体は、捕ったそのときに何者か判断ができず見過ごしてしまいそうだ。 ウキゴリの仲間だと言われると何となくそんな風に見えるが、たくましい印象を持つウキゴリ属の中で、本種はいかにも繊細で弱々しい印象だ。 人の都合でどんどん住処を追われながら、残された環境で静かに生き続けているこの魚、大切にしないといけない。

春の砂泥底の干潟で。 全長3cm程度。わかりにくいが、下あごには皮弁があるので本種だとわかる。

春の終わりに捕まえた個体。 体には透明感がある。

初夏の干潟で捕まえた個体。 全長は2.5cmくらいだ。体側の中央に並ぶ長い横斑が特徴。

腹部は白い。 体には白点が散在し、下あごがやや突き出ている。同時に捕れることがあるマサゴハゼとは異なることがわかる。

初秋の個体。全長2.5cm程度。 干潮で今にもなくなりそうな澪筋の転石がちらばる砂泥底で捕った。

この個体、 腹部がわずかに青紫色を帯びている。秋なのに早春の繁殖期と間違っているのかな?

面白いポーズを見せてくれたので、 写真をば撮らせて頂きました。

上の個体を真上から。体は透明。

上から見るとこんな感じ。 砂地にうまく溶け込めるような体色だ。白色点が散在している。

下あごに皮弁があるのが 確認できるので本種だとわかるけど、同所には小さくてよく似た種類も多いので、紛らわしい。 観察ケースに入れてもよく動き回るので、皮弁の有無の確認は肉眼では難しい。

正面から。 下あごに数個のひげの様な1対の肉質皮弁がある。この写真ではわかりにくいが・・・。 こういう小さな個体を撮るとき、手持ち現場撮影の旧式コンデジ駆使に限界を感じる。

横顔のアップ。 本種は下あごがやや突出し、皮弁があることが特徴だ。

last modified : 2016/5/27
created:2015/6/10

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system