デメモロコ Squalidus japonicus japonicus
コイ科カマツカ亜科スゴモロコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > デメモロコ

デメモロコ

【生息場所】 近畿では琵琶湖や内湖に生息している。春には琵琶湖岸に接岸し流れが緩やかな流入河川にも入る。冬にはほとんどの個体が深部に移動するようだ。
【外観・生活】 日本固有亜種で全長12cm程度。薄褐色をベースにしたシルバーメタリックな体色が良い。体側には緑褐色の縦条があり、背部には暗褐色の小斑点がある。 同所に生息するスゴモロコに似ているが、 背が盛り上がり太くて大柄な感じがあること、体色がよりメタリックなこと、頭部の形が異なることなどで区別できる。 泥底近くで群れをつくって生活しており、ユスリカ、ヨコエビなどの小動物から小魚などを食べる肉食に偏った雑食性だ。 デメモロコという名ではあるがデメキンのように「出目」というわけではなく、頭部における目の相対的な大きさはむしろスゴモロコよりも小さい。
【捕る】 アカムシや細ミミズをエサとした釣りで捕ることができる。 スゴモロコやホンモロコなどと一緒に釣れるが、時期によっては本種ばかりが釣れることも。他種より針がかりが良いように感じるのは私だけだろうか。 釣った後の印象では本種はより丈夫で、多少鱗が剥がれたり口に傷が付いたりしてもスゴモロコのようにすぐにひっくり返ることはない。 ただ、デリートな魚であることに違いはない。
【飼う】 水槽に慣れてしまえば難しくなく飼育しやすい。ただし導入後しばらくは注意。数日後いきなり死んでいたことがある。 エサは市販の人工飼料で良いが、たまにアカムシなどをあげると水槽は大騒ぎになり、腹がパンパンになるほど食べる。 持ち帰ったヌマエビを水槽に入れると、追いかけて食べてしまうので、肉食性が強いことがわかる。口に入るサイズの魚は混泳させると危ないかも。
【その他情報】 琵琶湖の漁師さんにはヒラスゴとかオタフクスゴなどと呼ばれているそうで、よく似たスゴモロコと区別されてきた。 より違いがはっきりしているタナゴ類が一様にボテと呼ばれることからして、モロコの仲間は商業的価値がある魚であることがわかる。 本種はスゴモロコとともにホンモロコの代用とされるが、味は落ちるそうだ。 過去にはスゴモロコなどと誤同定されていたり、生態学的な知見にも乏しいことから、例えば大阪では情報不足とされている。 また、本種は特異な分布をしていて、琵琶湖や内湖以外に、濃尾平野のため池や潅漑用水路にも生息している。 琵琶湖に生息する個体群とは外観や生態が異なるそうだ。 ちなみに、本サイトにある写真や記載は全て琵琶湖にて捕れた個体についてである。
【コメント】 モロコと名の付く種は少なくないが、本種はそれらの中でも特に魅力的な種だ。頭が大きくて体のバランスが前のめりな感じも、 デコボコしたアルミ板を貼り合わせたような頭部も、黒目が小さくてキョトンとしているように見える顔も、何かヘンテコに見える正面づらも個性的で良い。 しかし、手にした感じは淀川で捕れる”典型的なコウライモロコ(→太いスゴモロコ)”によく似ている。 頭部をみると違いが結構はっきりしていて、特に前から見ると全然違うのだが、手にした感じはホントそっくりだ。 はじめて本種と出会ったときも、どんどん釣れてくる個体を太めのスゴモロコだと思っていた。 今日は太いスゴがたくさん釣れるなあと思っていて、帰り際に記録を取ろうと大きめの個体を観察ケースに入れたとき、はじめて本種であるとわかったのだ。 慣れてしまえば間違えることはないが、過去に誤同定される理由もよくわかる。よく似た中でも個性のある種だし、今後の研究の進展に期待したい。

6月中旬に釣った全長約10cmの個体。 透明なひれ、流線型の体、ややメタリックに輝く体色が美しい。デメモロコというだけあって、意識して見ると眼が印象的。

全長10cmの個体。 アカムシを餌にした5本針のモロコ釣りの仕掛けに3連で釣れてきた。背が盛り上がっていてスゴモロコやホンモロコと比べると太くて大柄。

ずいぶんとお腹が大きい個体。 全長約12cmの雌だ。琵琶湖につながる水路で釣った。産卵のために遡上してきたのだろう。

同所で釣った全長9cm程度の個体。 この透明感がある体がきれいだ。スゴモロコとは似てるけどやっぱり違う。

同所で見られるスゴモロコ同様に 体側には金色の縦線が走るが、スゴモロコがもつ暗色の小斑点は見られない。

流線型の体をしているが 体形は菱形に近い。お腹の大きな個体が多く、繁殖期まっただ中といったところだろうか。全長は11cmほど。

全長11cmの別個体。 大きな頭部が強調される。黒目が小さいせいかキョトンとしているように見える。

体はシルバー色で スゴモロコに見られる体側中央の小さな暗色点列は見られない。全長は10cm程度だ。

繁殖期の雌だと思われるが、 特徴的なひし形の体形。腹回りに太くて尾にかけてスーッと細くなる。

全長10cm程度の個体。 アカムシをエサに、梅雨前の琵琶湖でかなりの数が釣れた。

背が大きく盛り上がっていて、 体の厚みもある。全長は10cmに満たないくらい。

全長9cmの個体。 デコボコしたアルミ板を貼り合わせたような頭部は本種ならでは。ボディには縦に走る金色線がある。好きだなあ、この感じ。

群れで泳いでいるようで 一度に複数匹が針にかかって上がってくることも多い。

スゴモロコ、ニゴイ、フナなどと釣れる。 2つの針をくわえて釣れてくる個体もいる。実は食いしん坊であることを気付かせてくれた。

全長8cmほどの若い個体。 背が大きく盛り上がり、尾びれにかけてスーッと細くなる。体の重心が前のめりな感じだ。

全長7.5cmの個体。 薄褐色の体は明るいバケツに入れておくと色が抜けてしまう。

全長7cmとやや小型の個体。 透明感のあるきれいな体をしている。

全長約5cm程度の個体も捕れた。 このサイズだと手にした感じがスゴモロコとよく似ている。

全長5cmの別個体。 毎年毎年こんなサイズが釣れる。小さくても本種らしく目が印象的だ。

梅雨時期に捕った小型個体。 卵をもつコロコロした全長10cmオーバーの個体がバンバン釣れる中で、全長5cm程度の個体はずいぶん小さい感じを受けた。 同じようなサイズの個体が数匹が釣れた。

この個体は全長6.5cmくらい。 デメモロコ体形だ。

別個体。 光の角度によってはシルバーが際立つ。

上と同個体。 こんなアングルでは体形は”コウライモロコ”にそっくりだ。違いを言えば、体側に暗色の小斑点がないこと、黒目がより小さいことなどかな。

立派な体格である。 太った"コウライモロコ”のようだが、体側には暗色紋をもたない。

卵をもったメス。 同時に釣れた中では最大で全長は12cmに近かった。腹はブクブクしていて大きく張り出し真横から見ると体は菱形だった。

晩春のメス。 産卵を終えたのかお腹に張りがなく皮がたるんでいる。

卵をもつと思われる個体を並べてみた。 こんな風に見ると、とてもユニークな体形をしていることが強調される。体側中央に薄緑青色に輝く太い縦帯がみられる。

腹部の銀白色に輝く鱗が美しい。 湖内を遊泳するにはこのよな体色が周囲に溶け込んで良いのだろう。

背は褐色だ。 よく似たスゴモロコと比べると名前の通り、眼が出てる?

スゴモロコと比べると、 頭部に対し眼が相対的に小さく、いわゆるホッペ部が大きい。口ひげもある。

梅雨のはじめに釣った個体。 デメモロコという名前が付けられている割には、眼がドンと出ているわけではないが、目が特徴的なのは確かだ。

口は左右いっぱいに広がり、 その両端には一対の比較的短い口ひげがある。 両眼の間には細かく並んだ筋模様が見られる。

何か、おっさんっぽい。 見慣れていないとわからないかも知れないが、正面から見ると"コウライモロコ"や"スゴモロコ"とは全然違う。

春も終わりに近づいて きつくなり始めた日差しの中で釣りを楽しんだ。フナやニゴイに混じって、スゴモロコ、産卵を終えて死を待っているようなホンモロコも一緒に捕れた。

last modified:2017/6/23
created:2013/5/30

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system