ドジョウ Misgurnus anguillicaudatus
ドジョウ科シマドジョウ亜科ドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ドジョウ

ドジョウ

【生息場所】 田んぼの中、周囲の用水路、ため池、河川など至る所に生息している。泥底を好み泥によく潜る。産卵期には積極的に田んぼに入り込む。
【外観・生活】 全長は10~15cm。土色の細長く筒状の魚体に、5対10本の口ひげがトレードマークだ。体色は茶褐色で背部に不明瞭な斑紋をもつ。 色の濃い個体や薄い個体、暗色斑の散らばりなど、地域性変異なのか生活環境によるのか様々な個体がいる。 腸でも空気呼吸ができる妙技の持ち主で、水中の酸素欠乏には強い。 腸の末端部には毛細血管が網目状に発達し、飲み込んだ空気を蓄えガス交換できる仕組みをもっているからだ。 酸素が欠乏しがちな泥底環境でも生活できるように進化してきたのだろう。 掴もうとしても指の間からスルリと抜けてしまう、あのニュルニュルとした感覚は独特。 体は微少な円鱗に覆われているが、それを覆う表皮からたくさんの粘液を出すからだ。 繁殖期は初夏で田植えの終わった水田などで行われ、背びれ前後の体側背側に2つの筋肉の隆起をもった雄が雌の腹部に巻き付いて産卵・受精させる。 雌の腹は鱗が剥がれ、締め上げられた傷跡が残るほどだ。 冬には10~20cmも泥中にもぐって、多数が集まってまゆのような空洞をつくり、粘液で乾燥を防ぎながら皮膚呼吸をして冬眠する。 イトミミズやアカムシ、水生昆虫や藻類を食べる雑食性だ。
【捕る】 タモ網を使う。底泥を大きくかき混ぜるようにして追い込むと良い。 水が落とされた田んぼや水路のわずかな水たまりに固まっていることも多く、そのような場合は容易に捕まえることができる。
【飼う】 飼育は容易で人工飼料にもよく慣れる。砂に潜っていることが多いが、砂から頭をちょこんと出しているときのキョトンとした眼が大変かわいい。 丈夫でとっても長生きするので飼育をはじめたら責任をもって最期まで飼おう。
【その他情報】 近年の研究で、国内には遺伝的に異なる複数の集団が確認されており、将来幾つかの種に分けられる可能性があるそうだ。 ドジョウは泥鰌と書くが「泥生」が語源らしい。泥を好む本種の生態から納得できる。 柳川鍋などで食用にされ、古くから童謡にも歌われていることから、人の生活に極めて身近な存在であったことがうかがわれる。 しかし近年、本種によく似ているが口ひげがより長く尾柄が高い外来の「カラドジョウ」が中国や朝鮮半島からの食用ドジョウの輸入に混じって日本に入り、 各地で繁殖したり、本種と交雑したりして問題になっている。
【コメント】 私の田舎では30年ほど前と比べると増えている。 圃場整備が進んだ用水路の構造は当時と同じなのだが、きつい農薬などをあまり使わなくなったからだろう。 本種と言えば、幼い頃によく見た、魚屋の店先で売られている桶の中のたくさんのドジョウだ。 水中をクネクネしながら次から次へと上下していた姿を今でも鮮明に覚えている。 狭い桶の中にあんなにたくさんの個体が入れられていた訳だから酸素不足になるのは当然で、 水面に口先を出して空気を吸い、身を返すときに肛門から泡を出す、得意の腸呼吸をしていたんだと思う。 水面をサランラップなどで覆って腸呼吸ができなくなると、水中の酸素濃度が十分でも溺死するという記事を読んだことがある。 実際に検証をしたわけではないので真偽のほどは不明であるが、魚なのに溺れるなんて・・・ホントだったら変な魚だ。

春のワンドで捕った個体。 比較的水の綺麗な砂泥底にいた。体色は銅のような、鈍いゴールドのような、金属光沢をもつように見える。

上と同時に捕った個体。 尾びれが大きいように見えるのは体をくねっているからかな。それでも背びれから尾びれまでの体が短いような・・・。 腹部には産卵時に雄が巻き付くことで付いたと思われる傷跡がある。

農業水路で捕まえた個体。 三面コンクリートであっても枡(マス)などの変化があれば、そこに砂泥が溜まり、生き物が生息できる環境ができる。

春に捕まえた個体。 観察ケースに入れると、上下左右に落ち着きない動きをしながら、お尻なら空気がプクプクプク~。得意の腸呼吸だ。

たまりのような場所で春に捕った雄。 全長は9cm程度だったが、体にメリハリがあるというか・・・何か違う。

上の個体を捕った近くの小川で捕った個体。 小さい個体であったが、かなり細長い。手にしたときはタウナギとか太いミミズかと思ったほど。 画像を横方向に引き伸ばしたように見えるが、そんなことしてないよ。

春に捕まえた全長約11cmの雄。 きれいな水が流れる川であったが、草が生えているところの泥底から出てきた。体は黄褐色だ。

初夏に捕まえた個体。 明るいバケツに入れていると色が抜けた。体色が薄い分、尾びれ付け根上方の黒色点が目立つ。 ニュルニュルした体はハンドリングが大変。

初夏に捕った個体。 全長は15cm程度と最大級。体全体に斑点模様があり、背びれが幅広い。この個体も腹部に傷跡が見られる。

初夏の淀川流入河川で捕れた雌個体。 ややずんぐりしている体形だ。胸びれが小さいのが雌。大きいのが雄である。

同所で捕れた雄。 やや口ひげが長く、暗色斑がほとんど見られない。背びれの前方と後方に、産卵時に雌に巻き付くためのこぶ状突起が見られた。

細長い個体。 冬に捕れた個体だから痩せているのだろうか。体色や全身に広がる暗色斑はバリエーションに富む。

尾びれは団扇のように円い。

田んぼ、泥汚れた用水路など、本種はどこにでもいる。

春に捕った全長6cm程度の個体。 泥をすくうとメダカと一緒にたくさん捕れた。

初夏に捕った全長7cm程度の個体。 この個体は口ひげが長く、口ひげの長さと口ひげ基部から瞳中央までの長さがほぼ同じ。他の特徴から外来種のカラドジョウではないとは思うが・・・。

秋に捕った全長5cm程度の個体。 ずんぐりした体形をしている。田んぼの脇にある水路の泥の中にたくさんいた。

秋に捕まえた個体。 水の透明度が高くさらさら流れる砂底の川であるが、周囲に水田があるから生息しているのだろう。 ずいぶん細長かったので水から上げた瞬間はスナヤツメかと思った。

河川中流部で冬に捕まえた個体。全長14cmくら い。 下流側にタモ網を構え枯れた水草を足でほじくると入った。寝ているところを起こしてしまったかも。

冬の個体。 コンクリート水路の泥たまりで底をすくうと泥や落ち葉に混ざって姿を現した。尾びれが再生中のようだ。

これも冬に捕った個体。 全長は8cm程度で比較的スマートだ。メダカ、フナ、ドジョウ、田んぼの同じみの魚たちが見られた。

冬に捕った個体。尾部周辺が奇形のようだ。

冬に捕った全長5cmほどの個体。 今年の春に生まれた個体だろうか。

冬の終わりの用水路で捕った個体。 泥底は大中小さまざまなサイズのドジョウであふれていた。

夏に水田脇の小溝で捕った個体。 全長は2cm程度。泥底にタモ網をあててザーッとすくうと、フナやメダカの幼魚に混ざってたくさん捕れた。

口ひげは放射状に広がっていることがわかる。 上から見ると実はかっこいい。

上から。 シマドジョウ種群やスジシマドジョウ種群のような大柄の模様はない。 ちなみに画面上が雌で下が雄。胸びれの形で区別するとわかりやすい。雌は丸い形で、雄は根元に骨質板があり尖った形をしている。

雄の頭部。

ドジョウと言えば、ニョロニョロした体と口ひげ。 トレードマークでもある口ひげは5対10本ある。コイ、ナマズ、ドジョウなど口ひげをもつ種はいろいろいるが、本種はそれらの中で本数が多い。

ドジョウの顔。 こんな顔の”おじさん”いるかも。

東京浅草の老舗「駒形どぜう」で頂いた 「どぜう鍋」。お店の方からこのドジョウは国内で養殖されたものと聞いた。肉厚で泥臭さもなくとても美味!なんだけど、もしかしたらカラさんかも?

last modified:2017/6/23
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system