ドンコ Odontobutis obscura
ドンコ科ドンコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ドンコ

ドンコ

【生息場所】 河川の中流域、下流域の砂底などに生息している。大河川、用水路等の流れのあるところなら、だいたいどこにでもいる感じだ。
【外観・生活】 大きい個体だと全長は20cm程度になる。ずんぐりとした体に、大きな頭、グロテスクな顔、大きな口、口には小さな歯がぎっしり詰まっている。 昼間は石や水草の陰に潜み、夜になると餌を探しに出てくる夜行性だ。 魚や水生昆虫、昆虫類などを貪欲に食べ、時には自分と同じくらいの大きさのものも食べてしまうほど。 繁殖期は春から初夏にかけてで、雄は体全体が黒っぽくなる。産卵は石の陰などに行われ雄が見守るそうだ。 そんな子煩悩な性格に目をつけられ、ムギツクに托卵されることが知られている。 普段なら小型のムギツクは本種の格好の餌食だと思うが、ワーッと押し寄せる成魚の集団に対して「為す術もない」といったところなのだろう。 日本の多くのハゼの仲間は仔魚期に浮遊生活を送るが、本種は浮遊生活を送らないという特徴もある。 孵化した仔魚には大きな卵黄があり、そのまま底生生活を送り、餌を食べる頃には親と同じ姿になっている。 腹びれは左右離れ、吸盤状になっておらず、ヨシノボリのように何かにひっつくことはできない。
【捕る】 川では岸辺をガサガサすれば年中捕れるし、初夏には岸に近い水深数cmの浅瀬で稚魚がたくさん取れる。 トビケラの幼虫などをエサにすれば、簡単に釣ることもできる。 ただし、合わせのタイミングが遅いと大きな口でハリを飲み込んでしまい、針外しに苦労することになるけど・・・。
【飼う】 飼育は簡単であるが他魚との混泳はできない。エサは生きた小魚やエビが良いが、人工飼料にも良く慣れてくれる。 飼い慣れてくると、エサをねだるようになる可愛さもある。 また、雄は産卵期にグーグー音を出す。いわゆる歯ぎしりをして音を出しているそうで、部屋に響く低い音に最初は何かと思った。
【その他情報】 ドンコは地理的・遺伝的に異なる5つの地域個体群(山陰・琵琶・伊勢、匹見、東瀬戸、西瀬戸、西九州)が知られており、 その中で大きく遺伝的に分化した匹見グループが、2002年に独立種イシドンコとして新種記載されている。 本種は多肉で美味らしい。甘露煮、焼き物、汁物として食べる地方もある。
【コメント】 本種もかなりあちこちで捕ることができる。カワムツやカワヨシノボリくらいしかいないような生息魚種数が少ない河川でも生息している超普通種だ。 本種に関しては次の2つのインパクトのある出来事を思い出す。 一つ目は、淀川に流れ込む支流で、青いポリバケツの中に本種をいっぱい入れて持ち帰ろうとしていたグループを見たことである。 雨宿りができるところに置かれたそのバケツを通り際に見て、「うわ、こんなに」と驚いた。ほんと大量に入っていたのだ。 今から考えればその集団はトリコ(淡水魚などの生物を採取し販売する人や業者)なのか、大学の研究室なのか、高校の生物部なのかわからない。 当時はまだ水辺の生き物が置かれている環境について勉強不足で、彼らの採集技術に関心しただけだった。 今となってはそれがトリコによる販売目的でなかったことを願うのみである。 二つ目は、家で飼育していた10cmほどの個体が、同じくらいの体長のカマツカを食べてしまったことだ。 まさかこのサイズは口にしないだろうと安心して混泳させていたのだが、 あるときカマツカの尾びれが本種の口から出ている姿を見たとき、目が点になった。 半日くらいはその状態であったが、あんなにでかい魚をどうやって消化し食べたのだろうか。 内蔵はいったいどんな構造になっているんだ???。

春に捕った全長10cm程度の個体。 黒っぽくてちょっと不気味。如何にも肉食魚って感じだ。

菜の花咲く頃に捕った個体。 とてもお腹が大きいが、卵をもっているのかそれとも大きな獲物を飲み込んで満腹なのか・・・。

夏に捕った個体。 体は薄褐色と暗褐色の迷彩模様だ。水底の色に合うように体色を変えているようで、明るい砂底で捕れる個体は薄褐色が多い。

梅雨時期に流程が短い河川の下流部で捕まえた個体。 同所では汽水に生息するスミウキゴリやゴクラクハゼも捕れた。う~ん、これまでには経験のない組み合わせだなあ。

夏ドンコ。全長約8cmだった。 うろこの様子が見えるが、本種は体を手でつかむとザラザラしている。

これも夏ドンコ。全長約5cmでまだまだ小型。

秋の用水路で。岸辺のボサの中にいた。

秋に捕った全長11cm程度のスリムな個体。 本種は河川中流域ならだいたい何処にでもいる。

秋に捕まえた個体。 コロッとした体形で茶色のまだら模様があるのが本種だ。

ひれを全開したドンコ。冬に捕った個体。

これも冬に捕まえた個体。 全長は9cmを超えるくらい。砂泥底と同じ体色だった。

冬に捕まえた全長15cmを超える個体。 口を開けひれをピンと広げたでっかい個体がたまにタモ網に入るとびっくりする。

冬も終わりに近づいた頃に捕った個体。 全長数cm程度のチビが多く捕れる中、10cmの個体は目立つ。 捕ったときは明るい薄茶色だったのに、バケツに入れておいたらこのような体色に。比較的短時間で体色は変えられるようだ。

早春の個体。 明るい砂地にいると体色は薄褐色になる。この個体はスマートで背筋ピンって感じ。

春に捕った4cmの個体。 同じようなサイズの個体が同時にたくさん捕れた。

冬に捕った全長4cmの個体。

冬に捕った全長2.5cmの個体。 体は小さいが成魚と同じ色姿をしている。

早春の水路で比較的大きな個体が捕れた。 全長は14cmくらいで、丸々と太っている。 本種は総じてずんぐりとした体形をしているが、この個体をみて他の個体を見ると、どれもスマートに見えるほど。コロッコロッという表現がぴったり。

カマツカを飲み込んだ飼育個体。 しばらくエサをあげないでいたら、自分の体長に近い大きさのカマツカを飲み込んでいた。 腹が大きく膨らみ、口から尾びれが出ている。半日ほどで食べてしまったが、何て貪欲・・・。

真上から見た本種。 幅のあるとても大きな頭と、丸い胸びれが特徴的だ。

卵をもっていると思われる個体。 腹がものすごく丸くてコロコロだ。

下から見るとこんな感じ。 ハゼの仲間は腹びれが発達し吸盤状になっている種が多いが、本種は左右2つにわかれている。 だからヨシノボリのように何かにひっついてピョンピョン堰を越えていくようなことはできない。

頭部を真横から。 水底に潜んで、上に来た獲物を大きな口でガブリって感じだ。横顔は汽水にすむウロハゼに似てるかも。

ドンコの顔を正面から。悪そうな顔をしている。

大きな個体が捕れた。どうだ、この存在感っ! 狭いところに入れてごめんなさい。

口の中には小さな歯がいっぱい。 この口でガッツリくわえこんだら離さない。釣り針はこの口のサイズに比べると随分小さいようで、すぐに飲み込んでしまう・・・

last modified:2017/6/14
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system