ドロメ Chaenogobius gulosus
ハゼ科アゴハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ドロメ

ドロメ

【生息場所】 岩礁海岸の潮溜まりなどに普通に見られるそうだが、そのような環境が河口にある汽水域でも見られることがある。
【外観・生活】 全長は12cm程度。体は灰褐色や緑褐色で白点が散在する。 体は円筒形であるが頭部は上から押しつぶされたようにやや平たい。ウキゴリをさらにずんぐりさせたような感じ。 口が大きく横に裂けて爬虫類のような顔つきだ。胸びれ上部には数本の遊離した軟条があって短い糸が生えているように見える。 尾びれ基部には黒色斑があり、特に稚魚ではよく目立つ。塩分、温度変化や汚水にも耐えられる強さをもつそうだ。 産卵期は冬から春で、転石の下の天井面に一層に卵を産みつける。雄が卵を守ることは他のハゼ類と同様だ。 成魚は着底するが、稚魚はホバリングするように遊泳していることが多い。貪食で甲殻類やゴカイなどの小動物や藻類などを食べる。
【捕る】タモ網で捕る。 大きな石や岩の隙間空間を好むので、足や道具を使って追い込む。ゴカイなどを餌にすると釣れると思う。
【その他情報】 本種の名前は、汚れたような体色や貪欲そうな顔つきから不潔な感じがするために付けられた「泥魚」が由来。味は良くないそうで特に食用にはされない。 アゴハゼ属はアゴハゼと本種のみの2種で構成され、体形はウキゴリ属に似ているが、胸びれ上部に遊離した軟条がある点が異なっている。
【コメント】 岩礁海岸の潮溜まりなどには普通に見られるそうだが、海とは縁遠く、磯遊びなどしたことがない私にとって本種はあまりご縁のない魚。 図鑑では海の魚として扱われ、河川で見かけたこともなかったので、捕れた時は少し驚いた。 あまり良い印象をもたれない名前を付けられているが、初めて手にしたとき、大きく口が裂けた面白い顔が印象的で、「かわいい魚やん」と思った。 捕まえたことがあるのは夏に数匹だけ。塩分変化には対応力があるそうなので、偶発的に河川に入ってきた個体だと思う。

本種は夏になると捕れるようになる。 体には白点が散在し、尾びれ基部中央の黒色斑がよく目立つ。

夏の汽水域で捕まえた。 比較的急勾配な都市部の小河川で淡水がどんどん流れているところだったので、海の魚と思っていた本種が捕れたときは少し驚いた。 転石がゴロゴロするところに隠れていた。

上と同じ場所で捕まえた個体。 この個体は尾びれが欠けているが、再生し始めている。

夏に捕まえた全長8cmほどの個体。 水道水を入れたケースに入れても特に問題はないようだった。捕まえた場所は塩濃度も低かったので、塩濃度への対応力はありそうだ。

小型の個体を真上から。 同じ場所で捕まえても、体色は黄褐色から赤褐色、灰褐色などいろいろ。背面にはシマシマ模様が見られる。

真上から。目は少し出ていて、離れてついている。

爬虫類系の顔つき。 口は横に大きく裂け、上あごが出ている。上あごが出ているのは底にいる餌を食べるからかな。

胸びれ上部に遊離した軟条が確認できる。 まるで毛が生えているみたいだ。いたずらしそうな、無邪気なかわいい顔をしている。

last modified:2017/7/15
created:2016/8/13

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺Since 2010
inserted by FC2 system