ガンテンイシヨウジ Hippichthys (Parasyngnathus) penicillus
ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科カワヨウジ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ガンテンイシヨウジ

ガンテンイシヨウジ

【生息場所】 河川汽水域から河口に隣接する海域に生息する。河川では春から秋にかけて成魚や未成魚が汽水域に進入してくる。
【外観・生活】 全長15cm程度。体は楊枝の様に極めて細長く、魚とは思えないような独特の体形だ。 吻は長く筒状に突き出した形で、口はその先端にちょこっとついている。ひれは小さく、尾びれは丸い団扇のような形をしている。 体側は緑がかった濃茶色で、黒く縁取られた白い斑点が散在することが本種の特徴だ。背面は平らで薄褐色の太い帯が吻端から尾びれまで続く。 体表は骨板に覆われていて、手で触るとザラザラな感じ。水中は小枝などに擬態していて、動きはゆっくりとしている。 産卵期は初夏。雄は育児嚢と呼ばれる稚魚を孵化まで保護するための器官をもち、産み付けられた受精卵を保護する。 親と同じ姿にまで育った仔魚は雄から1匹ずつ放出されるそうだ。得意の擬態で小型の甲殻類や魚などに近づいて食べる肉食性だ。
【捕る】 汽水域に横たわるツルヨシの根塊や木の枝などの陰、転石の下などに潜んでいるので、タモ網で捕る。
【その他情報】 本種はよく知られたタツノオトシゴに近縁で、トゲウオ目と呼ばれるグループに属している。 トゲウオ目は、トゲウオ類、ヤガラ類、ヘコアユ類などを含み、独特の体形をもつものが多い。
【コメント】 ヨウジウオの仲間は普通にイメージする魚とは違うところがいくつもある。子育ての仕方もユニークだが、 極めて細長い体形、ひょっとこの口をぐ~んと伸ばしたような口、骨板に覆われザラザラした体表など、擬態に向けた体の進化が大変面白い。 体の模様が砂地底に似ているとか、稚魚は水中を漂うゴミにそっくりだとか、淡水魚類の中でも擬態は見られるが、 本種を含むヨウジウオの仲間のそれは群を抜く。 本種は茶色のまっすぐな棒切れになるため、体から出っ張りになる胸びれや背びれは小さく透明にする徹底ぶりだ。 紛れ込んでいれば捕食者に見つけられにくく、細長い体で奥に入り込めるので捕食されにくい。 身を寄せる障害物には小型の甲殻類や稚魚が寄ってくるし、卵も産み付けられるので、餌は待っているだけで向こうからやってくる。 そして周囲に気づかれないよう吸い込むようにしてひとつずつ捕食していく。この魚の戦略もまた上手い。

秋の初めに捕った個体。 全長は10cmくらいだった。ツルヨシの根が川岸に転がっていたので、タモ網を下にしてごっそりすくってみると顔を出してくれた。

クネクネと動く。 尾びれは団扇のような形をしているが、とても小さい。透明でよく見えないが、背びれや胸びれもちゃんとついている。

体側中央には直線状の隆起がある。 背びれはゆるく弧を描くような形だ。透明なイモ虫みたいに見える。

吻は筒状で細長い。 その先端に口がある。顔の感じは近縁のタツノオトシゴと共通するものがある。

上から見ると砂底と同じ模様だ。

本種は肉食性だ。 小枝に擬態しながら獲物に近づいて食べる。鋭い目の先に小さく開いた口が見える。

created:2015/9/13

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system