ハス Opsariichthys uncirostris uncirostris
コイ科ダニオ亜科ハス属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ハス

ハス

【生息場所】 琵琶湖、淀川水系、三方湖に生息している。河川では琵琶湖流入河川や淀川本流のみならず、その支流河川や用水路にも侵入する。
【外観・生活】 全長は30cm程度で雄の方が大きくなる。日本産コイ科魚類で唯一の肉食魚だ。体は細長く側扁し、背がやや青緑で、一様に銀白色をしている。 オイカワとよく似ているが「へ」の字型をしている大きな口が特徴。 鋭い歯はもたないが、この口の形状がアユなどの小魚を捕らえて逃がさないための強力な武器になっている。 繁殖期は6~8月で、繁殖期の雄は頭部や各ひれを薄い赤紫色と橙色に染め、頭部や尻びれに多数の追い星が現れる。 仔魚や稚魚の間はミジンコなどを補食しており、1年を経過したあたりから魚食を始めるそうだ。 成長し魚食性が強くなるにつれて、口の「へ」の字のゆがみが大きくなっていく。琵琶湖では繁殖期には群をなして流入河川に遡上し、浅い砂礫底で産卵する。 泳ぎは速くよくジャンプする。夏は水面近くにいて行動は非常に活発だ。
【捕る】 動きが大変素早く、あまり物陰に隠れることもないのでタモ網で捕ることは難しい。 群れで遡上する産卵期であれば、近づくとボサの中に隠れる個体もいるので捕れなくもない。 動くものをよく追う性質があるため一般にはルアー釣りが楽しいのではないだろうか。 小さな若魚ならアカムシをエサにした釣りでも捕れ、モロコ釣りをしていて仕掛けを引き上げている時に食い付いてくることもある。
【その他情報】 本種は琵琶湖淀川水系と三方湖のみが自然分布であるが、琵琶湖と三方湖の個体は鱗数などに違いがあるそうだ。 また、自然分布のハス属はそれらを除いて日本には生息せず、大陸にしか分布していない。 過去には広く分布していたのにその後の地殻変動により、他の地域から姿を消したということなのだが、 現在は人の手による琵琶湖産コアユの放流と共に、全国に生息域を広げている。残念なことだ。 本種はオイカワとは異なり夏が旬とされる。婚姻色が出た雄の塩焼きが最も美味いと聞いていたが、 琵琶湖流入河川で投網を投げている方に聞くと、雄はいまいちで、卵をもつ雌を甘辛く煮て食べると美味いとのことだった。地方によって違うのだろうか。
【コメント】 例えばうちの親父はオイカワなどのことをまとめて「ハス」と呼ぶので、実はハスという魚はややこしい一面をもつ。 本種は特徴的な口の形をした大型の魚で、見た目のインパクトは強く、なぜか私は淀川のイメージを勝手にもっている。 そんなインパクトある魚であるが、小さな間は「へ」の字型がはっきりしておらず、オイカワにそっくりなので、案外見分けることが難しい。 ところでハスと言えば、初夏の雨の翌日などに行われるダイナミックな産卵が印象的である。成魚が群れをなして浅瀬のあちこちで産卵する様子は見応え十分。 こんなにいるんだから・・・と、ついつい捕まえたくなってバシャバシャと歩いて近づくが、 それに気付いた成魚たちは、散らばりながら、たまに水面からジャンプしながら、ものすごいスピードで足元近くをすり抜けて逃げていく。 その素早さは流石で、決してタモ網を振り回して捕まえることができる代物ではない。 本種は魚食性で、日本淡水魚では食物連鎖の頂点に立つ魚のひとつだ。 ナマズのように夜に寝ている小魚をバクッと食べるわけでもなく、待ち伏せて食べるわけでもなく、 正々堂々と昼間から餌の小魚を活発に追い回すあたりが他の魚食性在来魚と異なっていて面白い。 生息域を広げているそうだが、魚食性であるが故に拡散地での影響が余計に心配だ。

5月下旬に琵琶湖流入河川で捕まえた雄。 遡上のピークはまだ先だが、すでに産卵している様子が見られた。

梅雨時期の雄の成魚。 全長は30cm程度ある。波打つ瀬でバシャバシャと産卵行動を繰り返していた。

近寄るとススーッと逃げるが、 中には岸の草むらの中に隠れる個体もいてタモ網でも捕ることができる。捕まえると案外大人しくなり、すぐに弱ってしまう。

オイカワに似た婚姻色を帯びるが、 色は薄くて地味だ。

夏に捕った大きくよく肥えた立派な雄。 川の浅瀬の周辺を群れで泳いでいる。好む場所は決まっているようで、私の姿を見付けてサーッと逃げてもしばらくすると戻ってくる。

橋の上からは、 何度もコアユの群れに突っ込む姿が見られた。さすが肉食魚、厳つい顔だ。

尻びれが一回り小さい、やや小型の雄。 食料として捕る大人、大物狙いで遊ぶ子供などで川は賑わっていた。川に魚が出現することで賑わいのある川になる。その風景はとても良い。

ややスマートな個体。 川をザバザバ歩くと水面からとびはねながらものすごいスピードで逃げ回るので、こちらに向かってすっとんで来たところをタモ網を構えてキャッチ! 捕れたときは我ながらびっくりした。私がすごいのか、それともこの個体がボンクラなのか・・・。

この個体は雌だろうか。銀白色でスマートだ。

上と同じく捕れた雌の成魚。 体は一様に銀白色で口のへの字がなければオイカワと間違えそうだ。20cm近いこんな大きなオイカワはいないけれど・・・。

雄と雌を並べてみた。雄の方がふたまわりほど大きい。

捕まえた個体を並べてみた。一番下の個体は雌だ。 この日は前々日に大雨が降ったせいで水が濁り水量がいつもより多かった。雨と遡上は大きく関係するようで、ウジャウジャいた。 遡上してきた群れは、雄がかなり多く雌は少ない。

繁殖期の雄の体。 体側にはオイカワのような青緑色した横模様がある。

繁殖期の雄の尻びれ。 尻びれは伸長しブツブツした追い星が出ている。

繁殖期の雄の頭部。 頭部が薄い紫色と黄色に染まり、小さな追い星がたくさん出ている。眼は上方にあり、頬が広くて独特の顔をしている。

若魚の頭部。 横から見ると食いしばっているような形をしている。

体が一回り小さい若魚の頭部。 上の個体と比較すると、口のゆがみの程度も小さい。

全長5cm程度の若魚の頭部。 口のゆがみはよく見ないとわからない程度だ。

全長17,8cmほどの個体も婚姻色を帯びる。 無理矢理15cm幅の観察ケースに入れてみたが、やっぱり狭いようだ。

全長15cmほどの個体。 成魚に混じって捕れた。このサイズだとまだスマートだ。

淀川から取水する用水路で冬に捕った個体。 全長13cm。成魚と比べるとより随分スマートだ。

淀川から取水する用水路で冬に捕った個体。 全長は6.5cm。同じようなサイズのオイカワに混ざって数匹が捕れた。よく見ないと違いがわからない。

早春に捕った全長5cm程度の個体。 一様に銀白色をしている。手にすると「細長くより扁平なオイカワ」という感じ。よくよく見ると口がわずかにへの字に曲がっている。

12cmのオイカワとの比較。 上がハスの若魚で下がオイカワ。銀白色で細長い体形はよく似ているが、口が大きく頭部全体もより大きい。

雄を真上から。 猛スピードで泳ぎ回るだけあって体は側扁してスマート。ニゴイを細長くしたようにも見える。本種は一旦大人しくなると、こんな風にしても逃げない。

上から見たところ。 群れがあっても雄はこのように色付いているために、雄雌の区別ができる。

正面から若魚の口。 獲物をがっしりとくわえるためにこのような口をしている。神様は歯をもたないコイの仲間に、このようなユニークな口を与えた。

下あごが大きくて、何とも言えない面白い表情だ。 下あごが大きく張り出した感じや白いぶつぶつした追星の感じは、ヒゲクジラを思い起こさせる。

口はこんなに大きい。小魚を追いかけてパクリ。

雌の頭部。首を絞めているんじゃないよ(念のため)。

この個体はずいぶん体色が濃かった。薄紫色と黄色が微妙な色合いを出している。

琵琶湖の近くの川魚コーナーで売られていたハス焼き。 一匹280円。湖国ならではの食材だ。

last modified:2016/7/20
created:2012/1/23

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system