ヒメハゼ Favonigobius gymnauchen
ハゼ科ヒメハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヒメハゼ

ヒメハゼ

【生息場所】 河口付近に生息していて砂底や砂泥底を好む。 河川汽水域内でも普通に見られる。内湾のアマモ場などにも生息するそうだ。
【外観・生活】 全長8cm程度。体は細長くて頭部が短い。吻が尖り、下あごが上あごより出ていて、いわゆる「シャクレ顔」をしている。 生息する砂底で目立たないように体の上半分は黄褐色をベースとした砂地模様だ。 体側中央には2~3個が一組になったような暗色斑が4個並び、尾びれ基底の暗色斑は横向きY字をしている。 その暗色斑は小さい個体ほどはっきりしていて、大きくなると不明瞭になる傾向にある。 体は円筒形でマハゼに似ているが、頭がより小さく、尾柄が細く、スマートな体形をしている。 また両目が近接していることも違っていて正面から見比べるとよくわかる。動きは俊敏で砂底に体を埋めて隠れることも多いという。 産卵期は春から夏にかけてで、雄の成魚は頭部が全体的に黒くなり、第一背びれの条が1本だけ糸状に伸び、ひれには鮮やかな模様が現れる。 卵は二枚貝の片殻に産みつけられるそうだ。一夫多妻だという。
【捕る】 河口付近の砂底をタモ網で捕る。
【コメント】 本種は背面や体側の砂模様がすばらしい。同じ汽水域・砂底で見られるイシガレイ稚魚の体色には舌を巻くが、本種もなかなかのものだ。 褐色をベースに白色や暗色の小斑点がモザイク状に入ってまさに砂底。逃げる姿を見て「ああ、そこにもいたんや」と気付く。 図鑑で本種の存在は知っていたが、マハゼなどのよく似た種類との違いは正直よくわからなかった。 小型のマハゼを見ては「これはもしかしてヒメハゼかも?」と確認していたのだが、実物をはじめて手にしたとき、ひと目で明らかに違うことがわかった。 探すような細かな違いではなく全体的に違う。そんな例は他にもあるのだが、本種も「百聞は一見にしかず」を教えてくれた。 実物を手にすることはとても大切なのであ~る。

春に捕った雄。 ハゼの仲間には背びれの条が伸びる種は多いが、それぞれ個性があって面白い。本種は第一背びれの条が1本だけ糸状に伸びる。

繁殖期にはひれが大きく伸張する。 この個体を捕まえた瞬間は、長く伸びた第2背びれと尾びれに別のハゼかと思った。全長は約7.5cmだった。

第一背びれの伸びた棘からこの個体も雄だ。 捕まえたときは頬が真っ黒だった。全長7cm程度の個体。

春に捕った全長6.5cm程度の雌。 春になるとよく見られ、マハゼが大きくなってくるとあまり見られなくなる。

春の雄。全長は7cm程度だった。 背びれにも小豆色の小斑があるはずだけど、本種はなかなかひれを広げてくれない。

体側中央には暗色斑が並び、 尾びれ基底の暗色斑だけ横向きY字だ。尾柄が細いことも特徴。

夏に捕った雌と思われる個体。 干潮時で透明な水が流れる浅い砂底にたくさん見られた。近づくとササーッと逃げるが石や障害物の陰に隠れたところをタモ網でキャッチ。

夏に捕った全長7cm程度の雄。 頬は黒っぽく、第一背びれの棘の1本が糸状に伸びている。

夏の終わりに捕った 全長3.5cm程度の幼魚。観察ケースに入れると背びれを広げてくれた。

夏の終わりに捕った全長約2.5cmの幼魚。 砂底の浅いところにたくさんいた。これくらいのサイズは識別が難しいが、体側に点点点点点があるので、本種とわかる。

身を翻そうとしたところ。 背びれには小豆色の小斑を並べたような模様がある。尻びれの模様もきれいだ。

冬のはじめに捕った個体。 暗色斑が体側に4つ、尾びれ基底にも1つある。

冬に捕った幼魚。 干潟の砂底にこれくらいのサイズの個体が結構いた。

全長2cmほどの小さな個体。 最初はマサゴハゼだと思っていたが、体側の点点点点で本種と気づいた。よく見ると吻は尖り、下顎も出ている。

本種は砂底に隠れることも多いという。 真上から見ると体は砂模様で目立たないようにできている。

繁殖期の雄を真上から。体色は濃くなる。

泥が薄く堆積した場所で見つけた。 いつもならススーッと逃げて行くのに、あまり動こうとしなかった。

夏に捕った雄の顔。 下あごが出ていて口は上向き。ほっぺは真っ黒だ。

この個体、顔がカメレオンに似ている? 捕れる場所によって顔つきが違うかも・・・。

正面から見るとマハゼとは全然違う。 眼が近接していることも特徴だ。一点で交わるあたり、オニヤンマと一緒だな。

last modified:2016/5/27
created:2014/12/10

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system