ヒモハゼ Eutaeniichthys gilli
ハゼ科ヒモハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヒモハゼ

ヒモハゼ

【生息場所】 河川河口汽水域から干潟の砂泥底に生息する。
【外観・生活】 全長5cm程度。体は円筒形で頭が小さく体は細長い棒のようだ。体は薄褐色で体側には吻端から尾びれ後端に達する暗色の縦帯がある。 遠目だとその縦帯が目立つので体は余計に細長く見える。 ハゼの仲間はいわゆる受け口をもつ種も多いが、本種は吻が丸く前に出ているので少し変わった口の形をしている。 背びれは2基あるが、第一背びれと第二背びれは離れていて、第一背びれはとても小さい。 普段はニホンスナモグリやアナジャコなどの甲殻類の巣穴を隠れ家として使っているそうだ。産卵場所としても活用し、巣穴の壁面に卵を産み付けるようだ。 ちなみに繁殖期は初夏から梅雨の頃。付着藻類や小型の底生動物などを食べている。
【捕る】 タモ網を構え、砂泥底をかき混ぜながら追い込んだり、タモ網を水底にあてて引きずる。
【その他情報】 本種は湧き水があって砂泥が良質な環境を好み、環境が悪くなるとすぐにいなくなる。 埋立や護岸工事、砂防ダムによる土砂供給の減少などによる干潟の消失、底質の有機汚濁化などによって生息環境の悪化が各地で心配されている。
【コメント】 ミミズハゼも細長いが、本種はさらに細長い。一般の方が見れば魚とは思わず、ミミズの仲間とか変なムシなんかと思うだろう。 こんな体形の種がいるんだからやぱりハゼ類は面白い。 アナジャコなどが掘った巣穴に身を隠していると聞くと、この細長い体が巣穴にスポッと入り込んでいる様子が想像できて、 うまく進化したものだと感心する。そんな本種はたくさんの生き物が生息する自然度の高い干潟を好み、環境には敏感だという。 生息地の狭小化や環境悪化の原因となる人が引き起こすさまざま行為は、感度が高く繊細な彼らにとっていい迷惑だ。 マサゴハゼなど本種同様に干潟の消失や環境悪化などで存続が危ぶまれている種は多いが、多くは本種のように小さく目立たない魚のひとつだ。 まずはもっと知らないと、そして知ってもらわないといけない。

春の干潟で捕まえた全長4cmの個体。 泥交じりの砂底をかき混ぜるようにしてタモ網に入った。

砂泥底を引きずるとタモ網に入っていた。 体色が違うが、体形や動きはミミズとか細いゴカイみたいだ。

やや小さい個体も捕まえた。 全長3cmくらい。体側の縦帯がくっきりしていた。

春の干潟で捕まえた。 引き上げたタモ網に入っているとうれしい気持ちになる。網の目から落ちないようにバケツに運ぶ。全長は4cm越える程度だった。

背びれ、尻びれ、尾びれを広げたところ。

夏の終わりに捕った個体。 ハゼの仲間とは思えないとても細長い体に、体側を走る一本の暗色縦帯が特徴だ。

夏に捕まえた小さな個体。 全長は3cmに満たない。砂泥底をタモ網を引きずりながら歩くと入った。タモ網の目から容易に抜けてしまうので手で皿をつくってバケツに入れた。

背びれ、尾びれ、尻びれはこんな感じ。

汽水の砂泥底で捕まえた個体。 背面は褐色で、周囲の環境に同調している。

背面は模様がある。 こんな模様のミサンガがありそうだ。頭部はとても小さくて蛇の子供のようにも見える。

吻が突き出て、 独特の顔つきをしている。

頭部のアップ。えらの部分は透明だ。 やや下からのアングルだが、比較的ピントが合った。魚には見えないな。

被写体が小さいので撮影には苦労する。 油絵みたいなタッチになっているが、そうした訳ではない。

正面はこんな顔。 (おんぼろコンデジ限界・・・)

水から出すととこんな感じ。 背面は褐色でヘビかドジョウみたいだ。

last modified:2017/3/24
created:2015/9/2

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system