ヒナハゼ Redigobius bikolanus
ハゼ科ハゼ亜科ヒナハゼ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヒナハゼ

ヒナハゼ

【生息場所】 河川下流や河口の汽水域に生息している。流れが緩やかな岸よりの転石や流木が多いところ、落ち葉が堆積したようなところを好む。 塩濃度の低いところを好むようで、感潮域直上の純淡水域でも見られることがある。
【外観・生活】 大きくても全長4cm程度のとっても小さなハゼ。体高があるのでずんぐりしていて、見た目もしぐさも大変可愛らしい。 一般には褐色の体をしていて体側には黒色斑が点在し、鱗の外縁が暗褐色で網目模様に見える。 通常は水底にいるが体を斜め上にしてホバリングをしたり、ゆったりと泳いだりもする。若い個体は雌雄の区別がつきにくいが、 成熟すると雄と雌に大きな違いが出て、雄は第一背びれが長く伸び、吻が盛り上がり口が大きく裂けて独特の顔になるようだ。 一方雌は額から上あごにかけて真っ直ぐな形をしていて、口も小さい。若い個体がそのまま大きくなった感じだ。 産卵期は夏から初秋にかけてで、汽水域の石やカキ殻に卵を産み付け、雄が孵化まで守る。雑食性で水生小動物や付着藻類なんかを食べているそうだ。
【捕る】 草やゴミの陰、転石や石組みの下などの隠れていそうなあたりでタモ網に追い込む。 特に黒っぽい小さなゴミが一緒に入った場合は、見落とす可能性があるので注意。
【飼う】 丈夫で飼いやすい。数cmの小さな体で水槽内をツーンツーンと泳ぐ姿はとてもかわいい。 市販の人工餌でよいが、アカムシをあげるとお腹をパンパンにする。他の淡水魚同様に薄い塩水で飼育しているが、純淡水でも飼育できるかもしれない。
【その他情報】 本ページで紹介している個体の模様からはややわかりにくいが、体側にジグザグ状の黒斑が並ぶことからイチマツハゼの別名をもつ。
【コメント】 大きさも見た目もとても可愛らしいハゼ。水底から離れフワフワフワと泳ぐところがまた可愛い。でも最初は黒いゴミと間違えそうだった。 秋の汽水域で何気なく岸の組石の下で足で追い込んたタモ網をあげた時に、チョコチョコ動いている小さな黒いモノに気付いたのだが、 もう少しで網をひっくりかえすところだった。成魚であっても体長3cm程度しかないんだから仕方がないというところか。 汽水には木や葉っぱの破片のような黒っぽい小さなゴミが水底に溜まっていることが多く、そのゴミに良く似ていた。 近くでは漂う棒切れに擬態したヨウジウオ(目のある茶色の「糸」に見えた)もタモ網に入ったが、「あっ」と気付いたら網の目から抜けていってポトリ。 タモ網に入ったゴミ(のように見えるモノ)もしっかり見ないといけないなあと思った次第だ。

春の汽水で捕まえた雄。 成魚になると雌と雌の違いははっきりする。雄は第一背びれが伸びて体高が高く頭がデカイ。

初秋に捕った個体。 流れが緩やかな岸辺の転石に身を寄せていたようだ。観察ケース内をフラフラと泳いでいるところ。全長は2cm程度だ。

秋の汽水域で捕った若魚。 全長2cmを越えるくらい。たまにこんな黒っぽい個体も捕れる。小さなゴミと間違えて見落としそうだった。上手くやらないと網の目から抜けてしまう。

早春に捕った全長2.5cmほどの個体。 本種は身を隠す必要があるのだろう、ヨシの根元や転石、障害物の近くなどで捕れる。

体は網目模様だ。 この個体は潮が引いて淡水になっていた浅場に生える密生した草の中にいた。

背びれには特徴的な模様がある。

小さな個体が捕れた。 しばらくバケツに入れておいたら、尾びれを他のさかなにかじられたようだ。バケツの側面によくくっついていた。

まだ小さいがこの個体は雄だろうか。

小さいので真上から捕るのも難しい。

雄の顔。 雄は成長に伴って口が大きくなり、口の後端が眼の後縁を越えるほど。独特の顔つきだ。

正面から見ても可愛いでしょ。

春のはじめ、 枯れたヨシの根元でたくさん捕れた。フラフラ~とゆっくり泳ぎ、大変可愛らしい。

last modified:2016/5/26
created:2014/10/13

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺Since 2010
inserted by FC2 system