ホンモロコ Gnathopogon caerulescens
コイ科バブルス亜科タモロコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ホンモロコ

ホンモロコ

【生息場所】 琵琶湖に生息している。普段は沖合いに住むが、春の繁殖期には産卵のため琵琶湖岸や内湖、大きな用水路などに入ってくる。
【外観・生活】 琵琶湖固有種で、全長は14cm程度になる。メタリックな体色とスマートなスタイルが魅力的だ。 頭部が小さく吻がとがりタモロコをスーッと細長くした感じで、遊泳魚としての特徴を備えている。口が上を向き、一対の短い口ひげをもつ。 完全な湖沼型淡水魚で、琵琶湖では主に水深5m以深の沖合中層を群泳しながら、動物プランクトンを食しているそうだ。 従って主に底生動物などを食べる雑食のタモロコよりも鰓耙数が多い。産卵期の3~7月になると、湖岸のマコモ群落や内湖や用水路に群で移動してくる。 雨の増水がきかっけとなり、特に波打ち際の水草や柳の根など水面近くに産卵するそうだ。
【捕る】 子持ちを狙った3月~4月の釣りが良い。接岸のシーズン、有名な河川では夜明け前から場所取りが行われるほど人気がある。 エサは一般に赤虫が良いようだが、細ミミズも効くそうだ。シンプルで単純な釣りであるが、上手い下手が結構出ると思う。場所によってはタモ網でも捕れる。
【その他情報】 タモロコの祖先が琵琶湖での遊泳魚として適応進化した種とされる。 遊泳力を高めるための細長い体、プランクトンを食するための上向きの口、より銀白色が強い体色などがその現れだ。 本種がいない湖沼では本来底生性のタモロコが遊泳性の性質をもち、本種に近い体形になるらしい。 また、養殖した本種にはタモロコにそっくりなものもいるそうで、本種もタモロコも環境により短い期間で体形を変化させることができるのかもしれない。
本種の性別は孵化後の水温で左右され、水温が低い春先は雌が、高い夏は雄が多くなるそうだ。当然春先に生まれた雌が多い個体群の方が早く大きくなる。 雌は体が大きいほど多くの卵を産むことができる一方、雄はからだの大きさに関係なく精子をつくることができるから、 自然のサイクルに合わせて、子孫が残しやすいように性別を選択しているということだ。 また、雄より雌の個体数が多い理由は越冬と関係があるそうだ。 越冬時は水深30~40m以上の深場でエサをとらずに過ごすらしいが、全長7cm以下の個体の多くはその途中で体力を使い果たし死亡するという。 その結果、より早く生まれ、より体が大きな雌が数多く生き残り、性比の偏りが生じるというわけだ。
本種はタモロコと容易に交雑し、雑種には稔性がある。 両者の生息場所は異なるため、琵琶湖のような自然下では完全に混ざり合うことなく、独自の形態や生態を維持してきたが、 湖岸改修などによる人為的な生息環境の変化により、両者の均衡状態が崩れる可能性が指摘されている。
味が淡泊で肉質が良く骨も軟らかいので、日本産コイ科魚類で最も味が良いとされ、確かに素焼きや塩焼き、天ぷらなどで食べたら美味い! 琵琶湖では周年漁獲されるが、琵琶湖の人工的な水位操作、繁殖場所の減少、外来種の食害などの複合的理由で漁獲量は激減している。 各地に移植され、休耕田を活用した養殖も盛んになっている。
【コメント】 高級魚ホンモロコである。タモロコの田舎臭い感じ(タモロコ君、失礼)とは対照的で体が銀白色に輝きスラッとしていて格好いい。 そんな姿を図鑑やネットで見ていて、いつか本物を見たいと思っていた。 近年ホンモロコ釣りが復活しつつあると聞いて琵琶湖まで足を伸ばし、竿を出したのが最初の出会いとなった。実際に手にすると確かになかなかの「男前」。 味もさることながらその姿にも魅了される。早春は川沿いにずらーっと並ぶ釣り人達に混じり、ゆるい春風に吹かれながら釣りをするのも良いものだ。 かつての琵琶湖の風物詩の一員になったようで、一昔前は当たり前だった旬なものを旬な時に手にする贅沢感を感じる。 狙いのホンモロコばかりでなく、たま~にフナやスゴモロコなんかが釣れても別にいい。それも含めて春のモロコ釣りなのだ。

3月初旬に捕った全長9cm程度の個体。 本種は美味で商業価値があり、見た目も大変美しい。繁殖期を迎え追星が出ている。

タモロコをすーっとスマートにした感じ。 体側には薄い暗色の縦帯がある。この縦帯も尾びれの付け根中央部小さな黒点もタモロコほど目立たない。

早春にタモ網で捕った個体。 内湖の近くではあるがこんな浅いところにも遡上してくるの?という場所で少し驚いた。

大きな雌が釣れた。 全長は14.5cmあった。当然ですが大変美味しく頂きました。

桜咲く横で釣った雄と思われる個体。 この個体は体側の暗色縦帯がよく目立つ。全長は10cm。

別の個体。これは雄か雌か・・・。 青空の中、太陽光を浴びて輝く銀白色が美しい。

この個体を釣った年は小型の個体ばかり。 雄のように見えるが、塩焼きで食べると腹には卵が入っていた。という訳で雌。時期的に少し早かったかな。

卵をもつ雌。 卵がプチプチして美味しかった。

雌と思われる個体をもう一つ。 釣った個体は全て美味しく頂いたが、卵巣が十分に発達していない個体もあった。

全長13cm程度の雌。 体は光の加減で銀白色に輝く。シルバーの鎧をまとったようでかっこいい。

ひれを全開した個体。 卵をもっているのかタモロコと間違えそうなくらいずんぐりしているように見えるが、ホンモロコである。

暗色縦帯の上に金色の縦帯がキラリ。

桜の花びらが舞う川で釣った個体。 全長はちょうど14cmだった。

全長13cm程度の個体。 膨れた腹には卵がいっぱい。

太陽の光を反射して銀色に輝く 体がきれいだ。尾びれはこんなに大きく広げることができる。

どこか「カマス」のような 雰囲気を感じるのは私だけだろうか・・・。

春の終わりに用水路で捕った個体。 痩せている印象を受ける。

春の終わりに釣った個体。 繁殖活動を終えたのか、一ヶ月前に捕れた個体と比べると精鋭さを欠く感じを受ける。食べても美味しくなさそう・・・。

春の終わりに捕った個体。 アカムシをエサに釣れたが、ずいぶん痩せていた。

春の終わりに捕った個体。 全長は約8cmでずいぶん小ぶり。琵琶湖から1km程度上流のさらさら流れる川に群れていた。試しに食べてみたがパサパサで味はいまいちだった。 旬というのは大事だ。ちなみに白子があったのでオス。

上と同じに捕った全長9.5cmの個体。 群れが散る際に水草に潜り込む個体がいるので、タモ網を構えて素早くキャッチ。そんな調子で10匹ほど捕まえたが、全てオスだった。 ずいぶん小ぶりの個体ばかりの群れだったけど、オスの群れとかってあるの???

同じ川で捕まえた全長約11cmの個体。 口ひげは短く頭部の感じはホンモロコっぽいが、体(うろこ)の感じは”タモロコ”。ややずんぐりしている感じもタモロコ。 いかにもタモロコが住んでいそうな環境なので、そんな場所ではタモロコに似るのかな。それとも、交雑???

初夏にタモ網で捕った個体。 元気な個体であったが、お疲れモードに見える。

春に釣った雌と思われる個体を真上から。 背は一様なオリーブグリーンだ。

雄と思われる個体。 田おこしの水が入った水路で捕れたためかこの個体の背面は褐色だ。真上から見たシルエットは太いドジョウのように見えてしまうのは私だけだろうか・・・。

ぶりっと肥えたこの感じ、美味そう。

腹部はこんなにも白銀色だ。

正面からの顔はとってもかわいい。

別個体。 一対の短い口ひげがあるが、タモロコのそれと比べると随分短い。

口はやや上を向いている。 琵琶湖の沖合中層にいるときは動物プランクトンを食し、接岸するとアカムシなどの水生動物も食べるようだ。

よく見ると複雑な構造色が大変美しい。

今回食べる分。 全長10cmから14cm程度で、お腹がぷっくりした個体からスリムな個体までいろいろ調理してみたが、全ての個体に多かれ少なかれ卵が。全部雌だった。

今回は天ぷらにして食べてみた。 揚げたてに軽く塩をかけて食べると美味いっ!

塩焼きにしてみた(塩が多すぎた)。 個人的にはこの塩焼きが最も好きだ。これを味わうと、またすぐに釣りに行きたい衝動に駆られる。

素焼きにしてみた。 熱いホクホクのうちに生姜醤油を少しつけて食べる。これまた美味い~。

面白い個体がタモ網に入った。 顔つきはホンモロコっぽいが、口ひげが瞳孔径と同じくらいでやや長く、体高が高くて体高比は約4.3ある。 原色日本淡水魚図鑑によると、タモロコ=3.4~4.3、ホンモロコ=4.8~5.6だから、体高からはタモロコということになる。 体の厚みなど中間的な特徴が感じられ、ホンモロコとタモロコの交雑個体ではないだろうかと疑っている。 もともと変異の多い種だから単なる思い過ごしで、「丸っこいホンモロコ」かも知れへんけどね。

last modified:2016/4/17
created:2013/3/6

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system