イダテンギンポ Omobranchus punctatus
イソギンポ科ナベカ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > イダテンギンポ

イダテンギンポ

【生息場所】 河口付近のカキ殻がびっしりと付着しているような垂直護岸などを好んで生息している。
【外観・生活】 全長は10cm程度。扁平した細長い体に基底の長い背びれと尻びれをもつ。同所に捕れることがあるトサカギンポのようなトサカはもたない。 体はオリーブ色で、頭部には太い暗色の横帯があり、体側には多くの細い暗色縦線がある。鱗がないので手でもつとぬるぬるとした感触だ。 トサカギンポ同様に普段はカキ殻などの間に身を隠しているが、「カキ殻マンション」の間をスルスルと動き回る姿を見ることもできる。 イダテン(仏神:韋駄天)の名のごとく素早く泳ぐことができるそうだ。 繁殖期は初夏で、産卵は貝殻の中で行われ雄が卵を保護する習性がある。小型の甲殻類やゴカイなどを食べる。
【捕る】 コンクリート壁に張り付いたカキ殻に身を隠しているので、そこを探る。干潮時に水面から露出したカキ殻の中にクタッと寝ていることも。 オキアミやエビ類を餌に釣ることもできる。
【その他情報】 本種を含めイソギンポの仲間はかなり発達した犬歯(牙)をもつ。タモ網から取り出すときや釣り針を外す場合などには噛み付かれる場合もある。 チクッとして痛い。血も出る。
【コメント】 本種の名前を漢字で書くと「韋駄天銀宝」。とてもありがたい宝物のような印象を受ける。 しかし、同所で捕ることができるトサカギンポを見て本種を見ると何か物足りないようにも感じる。 トサカがなく頭部が丸くのっぺりしているからだろうけど、とても愛くるしい容姿をしている本種には失礼なことだろう。ごめんなさい。 本種は特にカキ殻の中やその周囲を好む。カキ殻はエッジが鋭く尖っていてまるで天然の刃物だ。 素手で触ると知らないうちにたくさんの切り傷ができたり、血を流したりすることもある。 そんなカキ殻は本種が天敵から身を隠し、卵を守るにはちょうど良い。 餌となるエビなどの小型甲殻類やゴカイ類も寄って来るので、ちょいと巣から出れば食材も手に入る。 彼らにとってそんな「カキ殻マンション」はとても都合の良い住空間。なかなかうまい戦略をとった魚である。 でも自分自身はカキ殻で切り傷を負わないのだろうか・・・。

早春に捕まえた個体。全長6cm程度。 背びれの縁が淡~く朱色に染まっている。石に何層もへばり付いたカキ殻に身を潜めていた。

夏に捕った全長約6cmの個体。 カキ殻の中からひょっこり姿を出してくれた。体は扁平していて横から見ると顔は丸く、体はスーッと細長い。うろこをもたないので、ヌルヌルしている。

急で短い河川の河口近くで捕まえた、 全長7cmほどの個体。背びれや尻びれの基底は長く、尾びれは団扇のような形をしている。

体はオリーブ色であるが、 濃淡がある。本個体は捕ったときも、その後明るい透明ケースに入れていても濃い体色だった。

上の個体とは対照的な明るい色の個体。 体側を走る細い暗色縦筋がよくわかる。体色は周囲の環境によるだろうか。

夏の干潟で捕まえた個体。 カキ殻の塊をタモ網の中で振ると、たくさんのカニたちと共に、大中小さまざまなサイズの個体が出てきた。まさにカキ殻マンション。

全長は5.5cmくらいの若い個体。 体を伸ばしてピーン!

さらに小さい全長約3.5cmの個体。 横から見ると頭部が丸くて、お坊さんのような、のっぺりとした印象を受ける。


夏の河川で捕まえた小型個体。 口の辺りから頭頂部にかけて太い暗色の帯があり、眼が目立たないようになっている。飼育するとかわいいだろうなあ~。

別個体。 体を伸ばして腹びれと胸びれで体を支える。置物みたいだ。

ひれを広げるとこんな感じ。 観察ケース内を動き回っているところだけど、周囲が明るいので落ち着かない様子。

夏に捕まえた全長2cm程度の稚魚。 体は透明で、胸びれ下方先端付近に濃褐色に色づく細長い部分がある。かわいい~。

成魚を真上から。 胸びれの黄色が鮮やかで、背から見ると体はオリーブ色ベース。ヒラヒラしたひれがきれい。

愛嬌のあるかわいい顔しているが、 この小さな口の奥には鋭く長い犬歯(牙)が隠されている。

ギンポの仲間は面白い表情をする。 どこか大変そうな顔をしているようにも見える。

サイズの異なる個体を入れてみた。 とぼけた面構えがいい味出している。なんか癒されるわ~。

稚魚を正面から。 胸びれの模様は何かに役立つのだろうか。いたずらっ子っぽいが、かわいい~。

発達した犬歯(牙)がわかるだろうか。 下手に扱うと噛まれて痛い思いをする。チクッと痛い。

last modified:2017/3/19
created:2015/8/16

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system