イトモロコ Squalidus gracilis gracilis
コイ科カマツカ亜科スゴモロコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > イトモロコ

イトモロコ

【生息場所】 河川の中流から下流にかけて砂礫底や砂底に生息している。コウライモロコと本種が生息している河川では、コウライモロコよりも上流にいる。
【外観・生活】 日本固有亜種で、全長は7cm程度。体は薄褐色で透明感があり鱗は金属光沢をもつ。目が大きく口ひげが長い。 体側の側線鱗が細長いことがわかりやすい特徴で、さらに吻が長く、体がやや太短いことなどからも、よく似たスゴモロコなとど区別できる。 体側中央には暗色の縦帯があり、その背側の縁に沿って金色の細線が走る。背面には暗色斑が多数散在し、背が盛り上がることも特徴だ。 スラリと伸びたひれが美しく、なかなかスタイルが良いと思う。 流れの緩やかなところの底層を群れになって泳いでいる。雑食性で付着藻類や水生動物を食べている。
【捕る】 アカムシやグルテンなどの練り餌をエサにした釣り、タモ網で捕ることができる。
【飼う】 丈夫で飼育は容易。人工飼料にもよく慣れ、やせることもなく飼育できる。 長く飼育していると、体が徐々にずんぐりしてきてスラッとした体型がくずれてくる。比較的大きな流れをつくってやると良いかも知れない。
【その他情報】 本種の名前は小さく糸のように細いモロコの意なんだそうだ。
【コメント】 よく似た諸々の魚という意味で諸子(モロコ)と称され、いろんな種を混ぜてザクッと扱われがちな魚のひとつだ。 外観上確かに紛らわしい種類がいて、コウライモロコやデメモロコなんかと間違われる場合があるのだが、 写真を見て側線鱗などの細かい特徴で判別するよりも、実物を手に取って全体的な印象をざっくり感じた方がわかりやすい。見慣れているとそんなものだ。 ところで本種は総じて河川の中流域には生息しているような感じであるが、もともと生息地はバラバラで、いる・いないは結構はっきりしているそうだ。 淀川上流の京都府内や淀川水系のお隣である兵庫県南東部でも捕ることができるので、大阪府内の淀川流域にも広く生息していそうなものだが、 やはり限られた支流河川でしか捕ったことがない。それに加えて、間違われやすいモロコ達と同所で捕ったこともない。 あまり似ていないタモロコと一緒に捕れる用水路があるくらいで、上手くすみ分けているようだ。

金属光沢のあるウロコに、 長い口ひげ、スラリとしたスタイルが美しい。

体は薄褐色で透明感がある。 背面には暗色斑が点在している。モロコと名の付く魚たちはだいたい同じような姿形をしているが、よく見ると違う。

全長が約7.5cmもあった大きな個体。 この個体は背の暗色斑がほとんど見られなかった。ウロコはメタリックに輝き、印象としてコウライモロコやデメモロコに似ていると思った。

春の個体。 体側には暗色の縦帯があり、その上に金色の細線が走る。

春に捕った全長3.5cm程度の若魚。 体側には細長い側線鱗が並んでいる。

全長約4.5cmの個体。 この個体は頭部がやや細長くて吻がやや尖っているように感じる。

春の用水路で捕った個体。 背が大きく盛り上がっていることがわかる。

夏に捕った個体。体側には暗色の縦帯がある。 岸近く、水草の間などで10~20匹程度の群れをなしてたくさん泳いでいた。

夏に捕った個体。全長6cm程度。 このスラッとした感じがいい。

上と同時に捕った個体。 この個体はずんぐりした体形。

お腹が大きい個体も複数匹捕れた。 産卵のピークは過ぎていると思うが、お腹に卵もってる?

秋の農業水路で。 体側の暗色の縦帯に沿う細長い側線鱗がよくわかる。

秋に捕った個体。 水通しの良い水草の脇でたくさん捕ることができた。斜め後ろのアングルから。本種はひれをピンと立てて静止してくれることがある。

これも秋に捕った個体。 全長は6cmを越える成魚で、随分ずんぐりした体形をしていた。

秋の河川中流域の個体。 本流脇の流れがほとんどない砂底に小型の個体が複数匹確認できた。

秋に捕まえた個体。 背が盛り上がり、菱形の体形をしている。体の後半がすぼまる。

本種は水底にいるので、 透明な観察ケースに入れると下へ下へ行こうとして斜め下向きになる。本種はひれをよく広げてくれるので撮影しやすい。 全長6.5cm程度だった。

冬に捕った全長5cm程度の個体。 水通しの良い水草の中に隠れていた。

冬、水が淀む水草の中で群れていた。

全長6cmを超えるくらいの個体。 山間の田園を流れる川で冬に捕まえた。 中流域と言えると思うが、岩による段差が間隔をおいて続くようなところで、これまでで最も上流に近いところで捕まえた。

冬の終わりに捕った個体。 転石の陰、水草の脇、比較的数多く見られた。この個体は全長5.5cm程度で菱形の体形をしている。

本種はよくひれを広げてくれるので、 きれいなシルエットの写真をとることができる。

冬に捕った全長4cm程度の小さな個体。 体色が薄れて暗色斑がはっきりしないし、体側の細長い鱗も判別しにくいので、見慣れてないと紛らわしいかも。

秋に捕った全長3cmほどの個体。 川の岸近くにできた深さ20cmにも満たない広い浅瀬にたくさん見られた。ザバザバと近づくと水草の森へサーッと逃げていく。

真夏に捕った数cmの幼魚。 大河川から水を取水している農業用水路の流れ込みで複数匹が捕れた。

夏に川の淀みですくった幼魚。 オイカワ、タイリクバラタナゴ、ムギツクなどの幼魚たちと群れていた。全長は2cmくらいで、側線鱗にそった暗色の縦帯がすでに見られる。

真上から見るとこんな感じだ。 よく似たモロコたちとは特に頭部周辺の感じが違う。

体をひねったタイミングでパチリ。 背は褐色で網目模様に暗色斑が散らばる。この感じはいかにもイトモロコという感じだ。見慣れていないとわからないと思うが・・・。

本種の特徴である 細長い側線鱗がわかるだろうか。

頭部アップ。口ひげは長い。

何か睨んでいるように見えるぞ。

背が盛り上がっている様子が見て取れる。

冬場には やや深みのあるところに群れて越冬している。アタリの場所ではタモ網でも簡単にたくさん捕れる。

last modified:2017/2/3
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system