カマツカ Pseudogobio esocinus
コイ科カマツカ亜科カマツカ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > カマツカ

カマツカ

【生息場所】 河川の中流から下流域、湖沼、用水路などの砂底や砂礫底に生息、水の底にへばり付いている。
【外観・生活】 体長は20cm程度。体色は薄褐色をベースに側面と背面に暗色斑があり迷彩模様をしている。 体は細長く底モノ独自の特徴的なスタイルで、上から見た時の水平に拡げた胸びれは金色で美しく、なかなかかっこいい魚である。 吻は長く尖った馬面の顔をしていて、一対の長くて白い口ひげをもっている。 馬面の顔は大変ユニークで、上方についた目、下方に伸びる口などは、水底の餌をとるのに役立つ。 また、口から頭頂にかけてのやや反り返ったラインをしていて、それは砂を押しのけ川底に潜るときに便利なんだと思う。 驚くと砂に潜る習性があり、目だけを出して周囲の様子を見ていることも多い。 雑食性で主に底生動物を食べている。餌をとるときは、川底で少しずつ前進しながら、口を伸ばして砂とともに吸い込み、えらから砂だけをはき出す。
【捕る】 見える個体をタモ網で捕ることは難しいと考えた方が良い。近づいても逃げられるのがオチだ。 砂礫の色に紛れていたり、砂や礫の中に潜っていることも多いので、いそうな場所を砂ごとタモ網ですくって捕る方法が最も有効だ。 川虫などをエサに底をなめるように流して釣れたこともあるが、本種が釣れる前に他の魚がかかることが多く、あまり有効な手段ではない。
【飼う】 飼育は容易。水槽底の掃除屋さんとして活躍するが、きちっとエサが行き渡るようにしないと痩せていく。 両胸びれをピンと立てて頭を持ち上げジーッとしている姿がかわいいが、 フナやタイリクバラタナゴのようにエサをくれる人になつくことも愛嬌を振りまくこともない。 人の姿を見つけるとすぐにUターンして水槽の奥にザザッ、ザザッと砂に潜ってしまう、とてもクールな奴だ。 また驚くと素早く逃げようとして、水槽壁に勢いよくぶつかり怪我をすることもある。
【その他情報】 カワギスとも呼ばれ、食べるとたんぱくでおいしいという。塩焼きや唐揚げ、天ぷらがうまいらしい。 たまに20cmくらいの大型個体がタモ網に入って、びっくりすることがあり、 そんな個体が捕れるたびに持ち帰って食べようかと考える。が、未だ試したことがない・・・。 本種はこれまで1種だと考えられていたが、最近、遺伝的に異なる3つの集団(クレードA、B、C)の存在が明らかにされた。 関西にはクレードAとクレードBの分布域が重なっており、両者は吻や口唇の形状、口ひげの長さ、斑紋などの形態的特徴や生息環境などに違いがあるそうだ。 ちなみにクレードCは本州東部に分布する。
【コメント】 浅く透明度の高い川では、本種が水底にいるのが見えることがある。 「あっ、あそこにいる」と思って近づくと本種は水底に沿ってササーッと素早く逃げ、一定距離を保ち静止する。 「次こそは」と思って近づいてもまた同じことの繰り返し。終いにはザザッと砂礫に潜り、目だけを出して周囲の様子をうかがう。 隠れることにはよほど自信があるのか、一旦潜ると近寄っても簡単には動かない。 だからカマツカを捕るにはいそうな砂礫底の表面を剥ぐようにタモ網を動かす方法がベターということになる。 ところで本種は写真を撮る際、観察ケースの中で静止してくれるのはありがたいのだが、いつも背びれを畳んでしまうことが残念。 ケースを揺らしたり、教えてもらったように着水する瞬間を狙ったり、何とか工夫してみるのだがなかなか思うようにならないものだ。 本ページの背びれを広げた写真は絶妙なタイミングで撮れた「まぐれの写真」である。実は結構苦労して撮ったものなのだ。

早春の個体。 琵琶湖流入河川中流部の砂底で捕った。背びれピーン。

これも早春の個体。 大きな河川合流部に近い支流で見つけ、2本の網で逃げ道をふさぐようにして捕った。 とてもきれいな水だったので自宅に持ち帰り、食べたら良かったと後悔・・・。

春に大阪で捕った個体。全長11cm程度。 オオシマドジョウたちと一緒に捕れた。

この個体はお腹が大きいので雌のようだ。 全長は約15cm。どういうわけか、今回はこんな大型の個体が数多く捕れた。

春に捕った個体。 流れの早い農業用水路の水草脇の砂底で大型個体が数匹まとまってタモ網に入った。背伸びして観察ケースにKissをしている(ように見える)。 ごめんね、狭いところに入れて・・・。

夏の京都で捕った個体。 砂礫底の岸近くでタモ網に入ってくれた。

秋の京都で捕った個体。 体色は濃く、全長は17cm近くあった。これくらいのサイズがあると手で握った時の存在感は抜群だ。

秋の京都の用水路で捕った個体。

秋の奈良で捕った個体。口ひげが妙に短い。 砂が溜まった田んぼ脇の狭い用水路のマスにいた。

冬の個体。全長15cm程度。

冬の京都で捕った個体。 目から口先にかけて長くやや反り返った吻部をしている。体側の暗色斑はあまり目立たない。

冬の個体。 痩せているのか妙に細平べったかった。どこかにこんな形をしたサメがいそうだ。

冬に捕まえた個体。全長17cm程度。 やっぱ、美しくかっこよかったですっ。

奈良の用水路で捕った若魚。 この用水路ではこれまで確認できなかったのに、急に現れた。数日前の大雨で入り込んだのだろうか。

兵庫県で捕った個体。 胸びれを伸ばし頭を持ち上げるスタイルをたまにするようだ。

兵庫県で捕った若魚。 吻が短く、寸詰まりで何となくツチフキっぽい。

秋に捕った全長4cm程度の個体。 口ひげがやや長い。

全長3cmほどの幼魚。 秋の中流河川で捕った。

冬の幼魚。小さくてかわいい。

水中で静止するカマツカ。 砂底から砂礫底に生息する。驚くと砂に潜る。上から見た模様は水底のそれとソックリだ。

大阪府の個体。 淵のやわらかい砂礫底をすくうと、オオシマドジョウと一緒に捕ることができた。

大阪府で捕った若魚を上から。

兵庫県の個体。 本種は胸びれや腹びれを左右に広げているのがデフォルトの静止スタイルで、上から見るとなかなか格好いい。

兵庫県の個体。 全体的に体色が濃い。生息環境により体色を変えるのであろうか。

兵庫県の個体。 上とは変わって明るい褐色をしている。この個体は上から見ると吻が丸くて頭部の感じが違うように思う。グループBとされるタイプかな。

兵庫県の個体。広く開けた中流河川で捕まえ た。

京都府の個体。胸びれが少し丸っこい。

京都の個体。スマートな体をしている。

春に捕まえたお腹の大きい雌を上から。 全体的にずんぐりしている。

腹面は真っ白だ。

上と同じ個体の頭部を拡大してみた。 こんなアングルだと竜のように見える。かっこいいねえ。

1対の白い口ひげが目立つカマツカの顔。 口を突き出して砂中のエサを食べる。馬面の面白い顔だ。デフォルトでは背びれは畳まれている。

別個体。雰囲気の違った顔を正面から。

白い唇にはイボイボの突起がある。 このアングルからはハゼみたいに見える。

口はこ~んなに伸びる。

口はこんな風に真ん円に開く。 手でもつとギューギュー鳴いた。カマツカも鳴くんだね・・・。

last modified:2017/2/3
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system