カムルチー Channa argus ~大きな口でカエルも丸飲み~
タイワンドジョウ科タイワンドジョウ属

Top > 観る > 外来魚(国外移入種) > カムルチー

カムルチー

【生態】 いわゆる雷魚と呼ばれる仲間のひとつである。ゲームフィッシュのひとつとされ、ルアー釣りの対象とされる。 緩やかな流れの河川、ワンド、湖沼に生息している。今はわからないが、私の田舎の奈良盆地では古墳を囲む池に多く生息していた。 昔の釣りの本にはカエルのポカン釣りなるものが記載されていたが、すでにそのような釣り方をしている人は周囲にいなかった。 記憶にあるのは、寄生虫がいるので生食はしないようにと親に強く言われていたことだ。親父らの世代ではおそらく食べていたんだと思う。 体は円筒状で全長は60cmぐらいになる。成魚はヒシやハスなどが茂る草のジャングルに隠れており、近くを通るカエルや小魚を食べる。 歯は極めて鋭く、素手で釣り針を外すことができないほどだ。ナマズやオオクチバスの歯がおろし金のようなものであることと対照的。 夏に水草を集めて巣をつくり、親魚が巣の卵や稚魚を守る習性をもつ。1年で15cm、2年で35cmくらいになり成長がとても早い。 えら呼吸が十分に発達していないため、十分に一度程度の割合で水面から口を出しパコッと空気を吸いにやってくる。 滋賀県の漁師さんに聞いた話ではモンドリや刺し網などで本種がかかると空気呼吸ができず、引き上げたときは死んでいることも多いそうだ。 初夏のころには頭でっかちのずんぐりとした稚魚が水草近くの流れのない水辺に固まって玉になっているのを見かけることができる。 そのときも、稚魚は順番に水面にやってきては空気を吸って潜る仕草が見られる。 トップ写真の固体は河川の水草の中に潜んでいた12cmくらいの若魚。カモフラージュできる体色や模様で、顔はまるで蛇のようだ。
【移入の経緯と現状】 1923年に朝鮮半島より食用として移入拡大した。魚食性であり、他の水生生物に対する食害があることから駆除の対象になっているが、 オオクチバスやブルーギルのように在来魚に深刻な影響を及ぼさないとも言われている。 それは、カムルチーが日本と同じコイ科の多いアジア原産であることから、既存コイ科魚類とうまく共存できるためと考えられるそうだ。 現在、生息数は全体的には減ってきている。その要因は環境の悪化やオオクチバスなどの新参者との競合に敗れたためとか、 あるいは結局、本来の生息環境とは異なる日本には定着できないためとも言われている。

淀川の支流で捕れた成魚。 全長は60cm程度で濃褐色。岸辺の枯れ草が覆い被さったところで休んでいるところ見つけたので、頭の先にタモ網をそっと構え足で追い込んだ。

成魚の頭部アップ。 本種は大きな口でヘビの様な頭をしていてスネークヘッドと呼ばれる。 雷魚の名前の由来は「噛まれたら雷が鳴るまで放さない魚」というだけあって、面はどう猛そうだ。

春に捕った全長15cm程度の個体。

夏に河川のタマリで捕れた個体。 前年生まれたと思われるサイズだ。かなり緑色が強かった。

若魚を上から見た様子。

秋に捕れた別個体。 褐色の体色に濃褐色の模様がはっきりとしている。大きくなるについて模様はだんだんわからなくなっていく。

上の個体を正面から。いたずらっ子の顔だ。

水中にいる個体。 岸よりのボサの中からゆっくりと泳ぎ出てきた後、私の姿に気付き、泥煙を上げて泳いでいった。

last modified:2014/6/6
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system