カワアナゴ Eleotris oxycephala
カワアナゴ科カワアナゴ亜科カワアナゴ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > カワアナゴ

カワアナゴ

【生息場所】 河川の下流と河口部の汽水域の砂泥底に生息している。抽水植物、流木、転石があって流れの緩やかな場所を好むようだ。 10cm未満の未成魚は、初夏から初秋にかけて純淡水域によく遡上する。
【外観・生活】 全長は25cm程度。暗褐色で細長い体をしていて、頭部から尾柄までの背面はやや平ら。 その背面にはに太い明褐色の帯が一本あり、状況に応じて明色、暗色と変化させる。捕った時は黒いことが多いので、ストレスを感じると暗褐色になるようだ。 ハゼの仲間にはよく似た種類が結構あるが、本種は頭部下面に白点が散らばっていることから区別できる。 また、ドンコ同様に腹びれが吸盤状になっていないことも特徴だ。 夜行性で、昼間は水底の倒木の下や根際、コンクリートブロックや石などの物陰にいて、夜になると餌を求めて動き出す。 主にエビやカニなどの甲殻類を好むが小魚なども食べる肉食性だ。
【捕る】 主に河川下流部や汽水域にいるが、純淡水の水路でも捕れる。石の陰や茂っている水草の中を足で探りタモ網で捕る。
【コメント】 本種は背面が面白い。形は平面的でダイナミックに色を変えることができる。 水底環境に紛れて獲物を狙うために獲得した特質であると想像するが、その進化に驚く。 その結果、背面を薄褐色に変えた本種の顔は、まるで「角刈りの突っ張ったにいちゃん」みたいに見える。 本種は淀川周辺にはあまりいないと聞いていたことや、当時は汽水域に生息しているものだと思いこんでいたことから、 全長5cmほどの未成魚が淀川の河口から20km以上ある純淡水域で最初に捕れたときは驚いた。 真っ黒な棒切れのようで、ヨシノボリではなさそうだし、雷魚の稚魚はこんな色や形はしていないし、ヌマチでもなさそうだし、ドジョウとも違う・・・ はじめのうちは観察ケースに入れるまで何が捕れたのかよくわからなかった。

淀川から水を引く用水路で夏に捕った個体。 全長14cm程度。第一背びれ上端が朱色(オレンジ色)をしていた。雄の婚姻色だろうか。

淀川中流域の用水路で夏に捕った個体。 全長15cm程度。背面が明色に変わっている。砂底にいれば天敵に見つけられにくいだろう。

梅雨時期に捕まえた個体。尾びれは広げると団扇の形。 下流部の石がゴロゴロしているところで、深みになっている砂底でタモ網に入った。

夏に捕った個体。 石の陰に隠れていたところをタモ網で追い込んだ。

水が引いた用水路の淵にいた春の個体。 全長は8cm程度あった。

秋の汽水で捕まえた個体。 全長約8.5cm。久しぶりに出会った”角刈りのにいちゃん”。

春の個体。全長は4cm程度。 尾びれや胸びれの大きさが目立つ。

全長5cm程度の個体。 あごからのどにかけて白点が散らばっている。

水道記念館での飼育個体。 成魚はかなり厳つい容姿だ。

夏の下流で捕った個体。 全長20cm程度で観察ケースに入りきらなかった。

背面には太い明褐色の帯があり、 短時間で明色、暗色に変えることができる。明るい砂底なんかにいると上からはわかりにくいだろう。

背面の色を変えていないときの写真。 ちなみに上の個体とは別個体。

背面は一様に明色(薄褐色)か暗色(黒褐 色)だと 思っていたが、こんな風にまばらになることもある。

ツートンカラーを正面から。 ”角刈りのにいちゃん”に見えるでしょ。

ハゼ科の魚と異なり腹びれは吸盤状になって いない。 またあごの下からのどにかけて小さな白点が散らばる。背中は平らだ。

意外と可愛らしいと思ったのは私だけ? 首を絞めて苦しめているように見えるかもしれないが、決してそんなことはしていませんよ。

last modified:2017/6/15
created:2012/8/17

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system