カワムツ Candidia temminckii
コイ科ダニオ亜科オイカワ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > カワムツ

カワムツ

【生息場所】 河川の上中流域に広く生息している。オイカワよりも淵や淀みなど流れが緩やかな場所に多い。生息域も個体数も多く、ごくごく普通にみられる種。
【外観・生活】 全長は18cm程度。体形はオイカワ属の中ではやや丸みを帯び、体幅も厚い。体色は褐色を帯びた銀白色で、体側には一本の明瞭な深藍色の縦帯が走る。 産卵期は5月~8月で、雄は特にひれの黄色が濃くなり、背びれ前端の赤みが強くなる。 また、あごから腹にかけての部分をオレンジ色に染めて、体色は随分派手になる。頭部には雄、雌ともに追星が現れるが、雄の方がより大きい。 稚魚の頃はオイカワと区別しにくいが、全体的にずんぐりしていて頭も大きく、数cmにもなると縦方向に明瞭な暗色の帯が現れ、区別できるようになる。 オイカワ以上によく似た種にヌマムツがあるが、本種は鱗がより荒く、吻が丸く、尻びれ分岐軟条数が多い(本種は10本、ヌマムツは9本) といった違いがある。水生昆虫や落下昆虫を中心とした雑食性である。
【捕る】 釣りやタモ網で捕る。釣りはオーソドックスな仕掛けで簡単に釣れる。 オイカワのように瀬を泳ぎ回るタイプではないし、人の気配を感じると岸から覆い被さった植物の陰や石の間に逃げ込むので、タモ網でも捕りやすい。 冬場はアタリの場所だとタモ網ひとすくいで数十匹が捕れることも多い。
【飼う】 オイカワよりもおとなしく、人工飼料にもよく慣れ、飼育は容易。 ただし、水槽の中上層で素早く泳ぎ回りながらエサを口いっぱいになるまでとるため、混泳している魚に十分にエサが回らず、痩せていく個体が出てくる。 他魚を突っついたりかじったり、直接いたずらをするわけではないが、混泳魚種の選択には注意が必要だと思う。
【その他情報】 本種は2003年にカワムツB型改め、カワムツと命名された。 鈴鹿山脈を境に遺伝的に東西2つの集団に分けられるそうだ。いずれ亜種に分けられるのだろうか。 オイカワのように食用にはされない。食べた経験はないが、油っこくて不味いらしい。
【コメント】 河川の中上流域の中には、「カワムツばっかり」とか「カワムツとカワヨシ(ノボリ)ばっかり」の川が結構ある。 どんな魚と出会えるか期待して入ってみて、そんな常連さんだけだとついがっかりしてしまうのだが、本種はそれくらい何処にでもいる印象だ。 大きな成魚は見られなくても、小さな幼魚や若魚があちこちで捕れる。ある意味、なんとたくましい種なのだろうか。 そんなことから、私がこれまでで最も数多くタモ網に入れた種であり、故についつい蔑ろにしてしまいがちな種である。 今はずいぶん増やしたが、あんなに捕っているのに先日、写真も少ないことに気付いた。 「またカワムツか」とか「カワムツばっかり」とついつい思ってしまうけど、カワムツ君、君は悪くないんだよ、こんな扱いしてしまっていてごめんね。

夏に捕った雄。 全長は16cm程度あった。婚姻色もピーク期にはこれほどになる。顔の周りの追星と並んで、顎から腹にかけての鮮やかなオレンジ色もスゴイ。 これ、大阪府内で捕った個体やけど、やたらに黒い・・・。

用水路のボサで大きな雄が捕れた。 全長は17.5cm程度だった。4月中旬でもう頭部には追星が現れ、婚姻色を帯びている。君、色気づくのが少し早くないかい?

春に捕った雄。 婚姻色が出始めている。

繁殖期の雄。 頭部に追星が出て、体色のコントラストが強くなる。

初夏に捕れた個体。 頭部にはうっすらと追星が出ていた。体側中央を走る縦帯がよくわかる。雌は雄ほど尻びれが伸びない。

初夏に捕れた別個体。 濃い婚姻色は出ていないが、頭部には追星が出ている。各ひれの黄色が鮮やかだ。

初夏の河川で捕った雌。 婚姻色を帯びた大型の雄達と淵に群れていた。よく肥えていてひれはまっ黄色。

初夏の個体。 お腹が大きいので卵をもっているようだ。ひれは雄ほど強く色づかない。

夏に捕まえた個体。 適度に冷たい水が流れる川で、ひれを黄色く染めた本種がタモ網に入ると、川遊びをしていると実感する。

初秋に捕れた個体。 私の姿に驚いて小さな個体が右往左往する中、ボサの下に隠れていた。太陽の光を浴びてギンギラに輝く。

秋に捕った全長10cm程度の個体。 流れの早い岸よりのボサの中に隠れていた。

秋に河川上流の淵で捕まえた個体。 繁殖期ほどではないが、このくらいの色を出している個体もいる。

秋に捕った全長7cmほどの若い個体。

秋に捕った全長6cmの個体。 まだギトギトした感じはない。

秋も終わりに近づいてきた頃に捕った個体。 水温もずいぶんと下がってきたが、ギトギト感がまだ出ている。

秋に捕まえたとても大きな雄。 観察ケースに入れてみたが、全長が18cmほどあったのでとても収まらない。ひれが大きく張り出し、よく肥えていてとても立派!

全長16cmの雄。 冬に河川合流部の深みで捕れた。

上流域で捕った冬の若い個体。 全長は11cm程度で、美しい体をしていた。冬になると体側の縦帯が不明瞭な個体が捕れる。

真冬の雄の成魚。 橋脚下のえぐれている部分で複数個体が一度にタモ網に入った。深みで越冬していたようだ。体色はあっさりしているが、背びれの前方の赤が目立つ。 これがヌマムツと見分けるポイントのひとつだ。

真冬の雌の成魚。 冬になると体側の縦縞模様が薄くなる。この個体の顔の雰囲気はが何となくヌマチチブっぽく見えるのは私だけ?

冬の終わりに捕った 全長13cm程度の個体。流れのある岸のえぐれたところに足を入れてごそごそするとタモ網に入った。

早春に捕まえた全長約8cmの個体。

全長4cm程度の若魚。 若い個体は特にヌマムツとの区別が難しい。この個体もウロコの感じがわかりにくくて悩ましい。 しかし、尻びれ分岐柔軟条数が10本であることから本種とわかる。 吻が丸いこと、目が比較的大きいこと、胸びれや腹びれの前縁が色づかず、背びれ前縁が薄っすらと赤い傾向からもわかる。

頭部の金色が妙に目立った個体。 冬、全長12cm。

冬の個体。やせている。

若い個体を正面から。 大きな目に大きな口だ。

婚姻色に染まった雄の背を拡大。 鱗は一枚一枚に模様があって筋がまるで銀杏の葉を想像させる。画像を拡大して「おお、こんなんになってんねんやあ・・・」と初めて気づいた。 いわゆる"shark skin"と同じ理屈なのかな?とも思うが、体表は粘液で覆われているし、違うか。

背びれ前方には薄褐色の紡錘形の斑をもつ。 群れている魚を川の上から見るとき、この斑があればカワムツかヌマムツのどちらかであるとわかる。 薄褐色の斑はヌマムツよりもスーッとしていて長い形をしている。

しかしこんな風に、 背びれ前方の薄褐色斑が目立たない場合もあるようだ。

夏の個体を水面から。 背びれの前にある薄褐色斑、頭部の追星がよく目立っていた。 こんな姿はオイカワやヌマムツとよく似ている。しかし、背びれ前の薄褐色斑があることでオイカワとは違う、 背びれ前縁が鮮やかに赤くてチラチラ見えるひれが黄色っぽいことからヌマムツとも違うことがわかる。

オイカワと比べると横幅がある。 大きな目をしている。ちなみにこれは冬に撮影したもの。

繁殖期の雄を正面から。 成長した追星は円錐状で触るととても固くて痛い。雄は体の下半分を鮮やかなオレンジ色に染めるが、口の中までオレンジ色なのね。

夏にとった雄の頭部拡大。 顔の周辺に小さな追星がある。ヌマムツよりも吻が丸く、目が相対的に大きいように思う。

追い星はこんなに成長する。 そう言えば、こんな雰囲気の顔をもつ恐竜のイラストをどこかで見たことがあるぞ。

尻びれ分岐軟条数は10本。 繁殖期を迎えるとひれは黄色く染まる。

山間部の田んぼ脇の水路でひとすくい。 冬は深みに群れていることが多く、上から覗くと人影に驚く黒い魚影が右往左往していた。カワムツに交じってオイカワやタモロコも捕れた。

last modified:2017/3/18
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system