カワヨシノボリ Rhinogobius flumineus
ハゼ科ヨシノボリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > カワヨシノボリ

カワヨシノボリ

【生息場所】 河川の上中流域の比較的水のきれいな川に生息している。その名の通り流れのある川に見られ、止水域である池などでは見られない。
【外観・生活】 日本固有種で、全長は6cm程度。ヨシノボリの中ではスマートな体形をしていて、雄は第一背びれが伸張する。 吻先から眼にかけて2本の赤色線があり、胸びれ付け根にも三日月模様の赤色線がある。 ベースとなる体色は暗褐色から薄褐色までいろいろあるが、全体的に赤っぽい印象だ。 産卵期の雄は暗褐色の体に第一背びれ前縁を白黄色に染め、コントラストが効いて美しくなる。 雌は腹が黄色っぽくなるようだ。一生を淡水で過ごすが、他のハゼ科魚類と比較して大型の卵を産む。 それは孵化してから親と同じ河川環境で生活するために、大きな体で生まれる必要があるからだろう。 類似するヨシノボリ種群の中で本種は胸びれ条数が少ない(15~17本、まれに18本)ことが特徴で、 17本以下であることさえ確認できれば本種で決まりということになる。主に水生昆虫を食べる雑食性である。
【捕る】 水通しの良い川の瀬で、下流側にタモ網やサデ網を構え、大石の縁に沿って足を動かすか、ゴロリとひっくり返して追い込むようにする。 または、川岸の草の下、水草の中からタモ網に追い込むようにして捕る。 生息している場合はたくさんいるので、ミナミヌマエビなどと一緒に難なく捕れる。アカムシをエサとして釣れることもある。
【飼う】 飼育は難しくない。ただし、なわばり意識が強く混泳魚にもちょっかいを出す。 腹が減っているとひれをかじることがあるので、本種同士を混泳させる場合も障害物を多めに入れるなどの工夫が必要だ。 人工飼料にはあまりなつかないので、餌はアカムシなどが良いと思う。
【その他情報】 本種は未だ分類が混沌としているヨシノボリの中で、比較的早く(1960年以降)から個別種として扱われてきた。 それ以前は、ヨシノボリの仲間は「ヨシノボリ」と「ゴクラクハゼ」の2種だけであるとされており、 ヨシノボリの中から本種が分離される形で個別種とされた。また本種は遺伝的、形態的に複数の集団に分けることができるそうだ。 食べたことはないが、ヨシノボリ類の中では最も美味いらしい。
【コメント】 本種もよく出会う魚のひとつだ。水のきれいな中上流域の川ではだいたいどこにでもいて、他の魚種が多いところにも少ないところにも生息している。 「ここ、カワヨシとカワムツばっかりや~」みたいなこともままある。 川にザブザブと入り石の回りを足で探ってまず最初に捕れるのが本種であることも多い。「おっ、ここにもいたか、まっ、いるわな・・・」という感じ。 数は捕れるが、6cmにもなるような個体はあまり捕ることができず、捕れるのは4cm前後が多い。たまにひれが鮮やかな個体が捕れると嬉しいものだ。 本種はあまり繊細な種ではないようで、捕まえた翌日に水槽壁に卵を産んでいたことがあって、私は過去に同じことをしたモツゴを思い出した。 外来魚がはびこる郊外のため池などで、しぶとく生き続けているモツゴと、幅広くどこにでも生息しているような本種とを重ね合わせると、 競争優位になるためには、ある程度の図太さが必要なのかも知れないと思うのだ。

早春の雄。 第一背びれが伸張している。体側中央に濃色の縦斑が並んでいる。

早春に捕った個体。頬には点々が並ぶ。

河川上流部で捕まえた個体。 全長は6cm程度。体に斑紋は見られず、ひれはオレンジ色だ。最近、本種は変異に富むなあと改めて感じている。

春の農業水路で捕った雄。 たくさん捕れたが、雌はお腹が大きく雄は婚姻色に染まっていた。その中で最も大きく色濃かった個体。

春の雄。 本種は他のヨシノボリ類に比べると体が細長くてスリムだ。尾びれ中央の模様が少し変わっている。

春に捕まえた全長5.5cmの雄。 繁殖期を迎えると雄は体を黒っぽくして、背びれの縁を白黄色に染める。これがよく目立つ。

春に捕った雌。 上から見るとポッコリとお腹が左右に張り出していた。腹部が黄色く色付いている。

春に捕った全長4cm程度の個体。 第一背びれ前縁が白黄く、ノドの橙色が目立つ個体だ。「気を付け」する姿勢がとても愛らしい。

少しコロッとした個体。 比較的強い流れがある草の根元でタモ網に入った。

春に捕った個体。やせてる?

春の終わりに捕まえた雄。 全長4.5cmくらい。白波がたつようなかなり流れの速い瀬でタモ網に入った。なんだろう、いつも見る個体とどこか違う気がする・・・。

上の個体と同所で捕まえた雌。たまたまかも知れないが目つきが似てい る・・・。

梅雨時期に捕った雌。 卵をもっていると思われる。

夏に捕った個体。 体色は全体的に黒っぽいが吻のあたりやのど、えら下部のあたりが薄灰色だった。

夏に捕まえた全長6cmほどの立派な雄。 川面をのぞいているとひれが鮮やかなこの個体が見れたので、前後からタモ網でゆっくり挟み撃ちして捕まえた。

初秋に捕った暗色の雄個体。 繁殖期にはかなり黒っぽい雄個体が見られるが秋口まで体色は濃いまま?

秋に河川上流部で捕った個体。 全長は5cm。かなりの個体数が確認できたが、ここの個体群は尾びれの付け根に橙色が出ている傾向にあった。 パッと見たときから普段見慣れている地域の個体群とは違うように感じた。

秋に捕った個体。 ひれの朱色がとても鮮やかだ。

秋の個体。 頭をあげてポージングしてくれました。スマートな姿がええ感じです。

秋の終わりの河川で立派な雄が捕れた。 ひれを広げてかっこいい!

冬に捕ったペア。 大きな石をゴロリとひっくり返すと同時に入った。雄が胸びれで雌の肩を抱いている。デートの邪魔をしてしまったのなら、ごめんなさい・・・。

立春間近の冬に捕った個体。 観察ケースの中で多くの個体が背びれを畳んでいる中、本個体だけが常に第一背びれをピンと立てていた。赤紫色のひれが美しい。

冬に捕った濃褐色の個体。 本個体は第一背びれが鋭く尖っていない。胸びれ条数は15本だ。

冬に捕った薄褐色の個体。 第二背びれや尾びれには点列が、頬には暗色の小斑点が見られる。

冬に捕った3.5cmほどの個体。 水通しの良い三面コンクリート水路底にいた。

冬に捕った別個体。

夏に捕った全長2cmに満たない幼魚。 用水路のコンクリート底にたくさんいた。胸びれ条数は15本か16本。

冬に捕った幼魚。 石がゴロゴロしている河川上流部で捕った。全長は2.5cm程度。頬には点々模様があり、体側中央に赤褐色の点列がある。

雄を真上から。 頭部にはニョロニョロの模様があり、白く縁取りされた赤紫色のひれが目立つ。粋な着物をまとっているような風に思うのは私だけ?

観察ケースの壁面にくっついたところをパチリ。 お腹がぷっくりしている雌。

夏に捕まえた雄。 背から見た感じではあまりわからないが、腹面は白く、尻びれは鮮やかなオレンジ色だ。美しい。

春の雄の背びれ。 ひれの縁は白黄色に染まり、第一背びれ前方には水色も入る。これらの色彩がひれを目立たせる。

流れのある川で釣りをしていると たまに釣れる。

カワヨシノボリの顔。 たらこ唇で、目から鼻先にかけては赤色線がある。本種の特徴は胸びれ根本に赤色線があり、条数が少ないことだ。ちなみに本個体は16本。

胸びれ条数は16か17本。 胸びれ付け根にある太い赤色線がわかりにくくても、その段階で本種と同定できる。

真正面から。 唇は分厚くて、眼から吻先にかけて走る赤線がよく目立つ。

河川の上流域で手にした石の裏に 卵が生みつけられていた。本種は比較的大型の卵を産む。それは孵化してから親と同じ河川環境で生活するために、大きな体で生まれる必要があるからだ。 卵を守っていたであろう雄さん、ごめんなさい。

last modified:2017/5/6
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system