ギベリオブナ(キンギョ) Carassius gibelio ~中国の血を引く夏の風物詩~
コオ科コイ亜科フナ属

Top > 観る > 外来魚(国外移入種) > ギベリオブナ(キンギョ)

キンギョ

【生態】 いわゆる金魚は、東海大学などによる近年のDNA分析の結果、中国由来のギベリオブナを直接の先祖とすることがわかった。 ギベリオブナはギンブナの近縁種で、一般に体色は銀色であるが、突然変異で赤い個体が生まれることがある。 金魚はこれを改良、つくりだした品種という訳だ。 親が赤色でも、卵から孵化した稚魚はすべて褐色(フナの体色)をしているが、1,2ヶ月もすれば次第に赤い体色に変わっていく。 生態はギンブナに近く、プランクトンや水草などを食べる雑食性で、汚水にも強い。
【移入の経緯と現状】 キンギョは五百年ほど前に泉州堺に持ち込まれ、やがて大和郡山に入ったそうだ。その品種はまだ和金で、当時は貴重な愛玩魚という扱いだった。 やがてキンギョの養殖がはじまり、新しい突然変異の品種の探求と、品種の掛け合わせも行われるようになり、品質的に優秀なキンギョがつくられてきた。 同時に量産化もされたため、元禄時代には1匹が5、6両もしていたものが、 江戸時代後期にはキンギョ売りが夏の風物詩になるほどの庶民的なものになったそうだ。 キンギョは長い間、水槽や狭い池で飼われていく内に、フナの野性味を失い、体形も肥満し、動作も鈍くなり、ゆっくり泳ぐようになるものが現れ、 背びれがなくなったり、頭部にこぶができたり、目が飛び出したり、尻びれが3つ尾や4つ尾になったりしたものなど、 大変美しい品種が作り出されている。 現在、観賞魚店では鑑賞飼育用あるいは肉食魚のエサ用として年中販売されており、また夏祭りには金魚すくいなどでも大量に販売されている。 動物実験に使われることもある。 養殖池の周辺では逃げ出した個体も多く見られるし、飼いきれなくなった金魚を近隣の用水路などに放流、遺棄したと思われる個体もかなり多い。 赤い体色は、水面から見てもよく目立つため、天敵の鳥などに見つかりやすい。 冬の用水路で見かけることはあまりなく、また、大きく成長した個体も見ないので、定着は難しいのかも知れない (だからと言って、放流、遺棄して良い訳ではない)。

奈良の水路で捕まえた全長8.5cm程度の個体。 すぐ近くの養殖池から逃げ出した個体と思われる。この水路では毎年、初夏になると金魚が見られる。

上と同じ水路で捕まえた個体。 最初のうちは岸にいる人の姿に驚いて水路内をあちこちに逃げ回るが、そのうち、コンクリートの壁際に身を寄せる。 そこを前後から2本のタモ網でゆっくり挟み撃ちして捕まえる。意外と簡単に何匹も捕ることができる。

夏に捕まえた全長約8cmの個体。 夏祭りの季節だが、金魚すくいのサイズにしては少し大きい。この個体はちょっとコイっぽかった。

本種は変異が多いようだ。 この個体は特に頭部の感じが独特で見慣れた”金魚”と違う。

トップ写真の個体を正面から。 えらぶたと胸びれの前縁に追星(白い小さな突起)が見られる。

用水路で捕ったキンギョたち。 奈良盆地は雨が少なく、ため池が多い。金魚養殖も盛んで、近くの用水路では池から逃げ出したキンギョをよく見かける。 オレンジ色の明るい色をしているので水面からもよく目立つ。

キンギョの養殖池。 私が子供の頃は護岸もされておらず、農業用ため池として使われていた。池干しの際には大きなコイやフナが捕れ、よく遊んだものだ。 赤く見えるのがキンギョの群れだ。

last modified:2016/7/19
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system