コトヒキ Terapon jarbua
シマイサキ科コトヒキ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > コトヒキ

コトヒキ

【生息場所】 沿岸域、内湾、河口域に生息している。汽水止まりで純淡水域では見かけない。
【外観・生活】 全長は30cm程度になる。シマイサキに似ているが、頭が丸くて尾びれ後縁がよりはっきりと湾入する。 体はやや褐色を帯びた銀白色で、弧を描いたような三本の黒い縦条があることが特徴だ。最下方の縦条は尾びれ末端に伸び、尾びれのその上下にも縦条がある。 背びれにも模様があり、はっきりとした黒斑がある。 河口付近で見られるのは小型の個体が多く、数個体の群れをつくって泳ぎまわる。 春から秋にかけて沿岸で産卵が行われるそうで、1~3cmの稚魚や幼魚は満ち潮時に潮にのって沿岸のごく浅いところに群れてやってくる。 動物食で小型の甲殻類やゴカイ等の底生動物、浮遊動物などを食べる。
【捕る】 成魚や若魚は釣りが良い。汽水でハゼ釣りをしていたとき、お隣さんが外道として釣っていた。 浅瀬に群れる全長数cmの稚魚は思い切ってタモ網を振りかざし、上から掬うようにすると捕ることができる。
【その他情報】 遊泳する他魚の鱗をはがして食べるという特異な習性がある。よりによってなぜウロコ・・・変わった魚だ。 シマイサキ同様に本種もうきぶくろを振動させてグーグーと低音で鳴くそうで、それが「琴弾き」という名前の由来。 この音は鳥や大型魚類等の捕食者への威嚇行動と考えられている。夏は旬で、刺身、塩焼き、煮付けなどで食べられる。美味しいそうだ。
【コメント】 汽水でよく見る魚のひとつで独特の縞模様が美しい種だ。干潮時から潮が満ちてくると汽水魚たちが川に入ってくるが、 本種も例外ではなく、夏や秋になると全長10cmに満たないような若魚や数cmの幼魚がやってくる。 本種は小さくても縞模様が明瞭でよく目立ち、上げ潮時には緩やかな傾斜をもつ砂底のごく浅いところに幼魚たちが群れて泳ぐ。 何とか捕ってやろうと群れを追いかけてみたが、近づくと散るようにササーッと逃げてしまう。 障害物に隠れることはしないし、構えたタモ網も上手に避けるので、いつものような感じでタモ網に追い込む方法では難しい。 そこで逃げ道を読んで、上からタモ網を思い切って振り下ろし掬ってみた。するとごく浅いことが幸いして意外にも簡単に捕ることができた。 食べるにはあまりに小さく、写真のモデルとしてつきあってもらった後はすぐにリリースしたが、 次はもう少し大きい個体がハゼ釣りの外道として釣れることを期待するとしよう。

秋に捕まえた全長4.5cm程度の個体。 これくらいのサイズの個体がたくさん捕れた。本種はタモ網を避けて上手に逃げるので、水は濁っている方が捕まえやすい。

初秋に汽水で捕った幼魚。全長3cmくらい。 干潮時から潮が満ちてくると、砂地にできた浅瀬にやってきて群れで泳いでいた。タモ網を上から素早くかぶせるやり方で捕まえた。

背びれに黒色斑があるのがわかる。 水際にたくさんいるのだが、障害物に隠れることもなくサーッと散ってしまうので捕るのは案外難しい。

銀白色をベースに、 弧を描くような模様が美しい。水槽で群れているときれいだろうなあ・・・。

上から見るとこんな感じで特徴的。 細長い円が重なって見えるのでとてもわかりやすく、「あ、コトヒキだ」となる。

正面から。体の縞模様がよく目立つ。 この模様にはいったいどんな意味があるのだろうか。

last modified:2016/10/10
created:2014/10/1

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system