クボハゼ Gymnogobius scrobiculatus
ハゼ科ウキゴリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > クボハゼ

クボハゼ

【生息場所】 河口干潟の湧き水などが保たれている良質な砂底から砂泥底に生息する。澪筋にも多い。
【外観・生活】 日本固有種で全長4cm程度の小さなハゼ。円筒形の細長い体をしていて眼がやや突き出ている。 体は褐色で腹部を除き暗色点が密に分布しており、尾びれ全体にも褐色の点列が広がる。 腹部はやや白くて濃褐色の横筋が並んでいる。上あごがやや突出し、下あごにはひげ状の皮弁をもたない。 普段は川底の砂泥底を這うように移動し、あまり遠くに泳ぎまわりことはないそうだ。 繁殖期は冬から春。他のウキゴリ属同様に雌に婚姻色が現れ、頭部腹面、背びれ、尻びれ、腹びれが黒くなり、腹部が黄色味を帯びるそうだ。 産卵はアナジャコなどの生息孔を使い、オスが保護する。 孵化した稚魚は沿岸域で浮遊生活し、早春に河口内に侵入して底生生活に入り、生後約1年で成熟するそうだ。 雑食性で、動物プランクトンや小型甲殻類、藻類などを食べている。
【捕る】 砂泥底をかき混ぜながら構えたタモ網に追い込んだり、タモ網を水底にあてて引きずる。河口域では晩秋から初夏にかけて多く見られるそうだ。
【その他情報】 生息には良好な環境が保たれた干潟が必要で、近縁種と同じように、埋め立てや護岸工事などの人為的行為により生息環境が悪化している。
【コメント】 タモ網から引き上げたとき、全体的な雰囲気からまだ出会ったことのない汽水ハゼの仲間が捕れたと思った。 しかし観察ケースから見てチクゼンハゼだとすぐに思い直した。 それは過去にチクゼンハゼを捕まえたことがある場所だったし、何より体に横帯模様が見られたからだ。 限られた汽水ハゼとの数少ない経験から、「体側に横帯模様があればチクゼンハゼ」と短絡的に強く思い込んでいたことが今回の誤りに繋がった。 双方の写真を並べると違いがよくわかる。勘違いの主要因となった横帯は場所が違うし、尾びれの模様も違う。それから、突き出ているあごが上か下かも違う。 ちょっと見辛いけど下あごの皮弁の有無も。全長3~5cmくらいの小さなハゼだから難しいけど、形態的な差異はいろんなポイントを見る必要がある。 あと全体をパッと見たときの直感は思いのほか重要だ。

早春の干潟で捕まえた個体。 砂泥底でタモ網を引きずるとポツリポツリと網に入った。比較的ほっそりしていて、婚姻色が出ていないので雄だと思う。

同じ頃に捕まえた全長約4cmの個体。  大きいお腹には卵があるのだろう。

他のウキゴリ属同様に雌が婚姻色を帯びる。 背びれ、尻びれ、腹びれが黒く色づき、体が黄色っぽくなる。ミルクコーヒー色の干潟環境で、黒と黄色のコントラストが効いた体色はハッとさせられる。

秋に捕まえた全長約3.5cmの個体。 体は透明感のある褐色で暗色点が密にある。背びれや尾びれ全体にも褐色の点列がある。汽水には本種のような目立たない小さなハゼが多い。

春の終わりに干潟で捕まえた個体。 全長は3cm程度だった。腹部には暗色の横筋模様があることが特徴だ。最初、その模様からチクゼンハゼと思い込んでしまった。

上と同時に捕まえた個体。 腹部の横筋はV字と表現した方が良いかも。

ひれを広げた様子。 訪れた干潟ではある程度の数が見られた。良好な環境が残されている証拠だ。こんな環境がいつまでも残っていて欲しい。

全長1.5cmほどの稚魚。 体色が濃かったけど、たぶん本種で良いと思う・・・。

手のひらにもつとこんな感じ。 成魚でも小さなハゼだ。

繁殖期に婚姻色を帯びた雌。 ひれもボディも黒っぽく色づいていて「おお、これって雌の婚姻色だ~」って感動した。体が黒っぽい分、腹部の黄色が目立っていてきれいだった。

頭部は丸く大きく体は細長い。 捕まえたところの砂泥底と同じような体色をしている。干潟の砂泥底にいるときっとわからない。

真正面から。眼がやや突き出ているかな。 う~ん、特徴があるような、ないような・・・。

正面から。 頭部断面は台形に近いと言われるけど、正直あまりピンとこない。

last modified:2017/3/25
created:2016/5/31

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system