クサフグ Takifugu alboplumbeus
フグ科トラフグ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > クサフグ

クサフグ

【生息場所】 沿岸部などに生息するが、低塩分に強く、初夏から初秋にかけてよく河川に遡上する。
【外観・生活】 全長は15cm程度。背面は暗緑色で白点が散在し、腹面は白く、胸びれ基部の後ろと背びれ基部に大きな黒色斑がある。 体の背腹両面に小さな棘があって、触るとザラザラする。 胃の腹側に膨張嚢という器官をもち、危険を感じると水や空気を飲み込んで腹部をぷ~っと膨らませることができる。フグではお馴染みの習性だ。 それは素早く泳ぐことができないので、自分をより大きく見せかけて捕食者を威嚇したり、飲み込まれないようにしたりするための手段だ。 砂底域では砂に潜る習性があるそうで、これも敵から身をかわす術なのだろう。産卵は初夏の大潮前後に、淡水が染み出る波打ち際で集団で派手に行われる。 一部は岸にも上がり、雄は興奮して雌の体側に噛み付き、その刺激で産卵・放精するそうだ。 肉食性で、カニ・ゴカイ・カイなどの底生動物や小魚・魚卵などを食べる。くちばし状の歯を持っており、餌取りとして釣り人からは嫌われる。
【捕る】 河口部で泳ぐ集団を見つけ、上手くやればタモ網でも捕ることができるが、意外と泳ぎは素早くて簡単ではない。 釣りでも捕まえることができる。見釣りで簡単に釣れそうだ。
【その他情報】 卵巣、肝臓、腸は猛毒、皮膚は強毒、肉と精巣も弱毒で、あまり食用にはされない。 毒の正体はテトロドトキシンという神経毒。ある種の細菌の産生物で、経口由来することが明らかになっている。
【コメント】 初夏になると河川河口域の水面に本種が群れている姿を見ることができる。 泳ぐのはそんなに素早くないので、ザブザブと近づいてタモ網で捕ろうとしたことがある。いいところまでいくのにだいたいうまくいかない。 写真の個体はそんな中で比較的簡単に捕った個体だ。私が上手いのではなくて、この個体が少し鈍いんだと思った。

毒をもっていることを知っているからそう見えるのかもしれないが 「私、毒もっています」的な体色だ。ぷっくりした体形をしていて、胸びれ基部後方と背びれ基部に黒色斑がある。

上から見るとさらに毒々しい。

愛らしい顔をしている。 丸っこい体で胸びれ、尻びれ、背びれをバタバタさせて不器用そうに泳ぐので、そんな姿を見るとなお可愛い。

last modified:2017/5/4
created:2015/5/3

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system