マゴチ Platycephalus sp. 2
コチ科コチ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > マゴチ

マゴチ

【生息場所】 内湾に生息するが、幼魚は開けた汽水域の砂泥底に進入する。
【外観・生活】 全長は50cmほどだが、大きいと1mにもなる。上から押しつぶしたように著しく縦扁した頭と細長い体が特徴だ。 頭部は幅広く背面からみると三角形をしている。左右に広がった大きな口をしていて、下あごがやや突き出ている。 体は褐色で数本の濃褐色の横帯があり、尾びれには白黒の特徴的な筋模様がある。体色は底色に合わせてある程度変えることができるようだ。 腹面を水底につけてあまり動かず、水底に擬態して獲物を待ち構えている。近くに来た獲物を下から大口でガブリと吸い込むんだろうな。 驚くと川底を滑るようにサーッと逃げていく。小魚や小動物、甲殻類などを食べる貪欲な肉食魚だ。
【捕る】 汽水域に進入した幼魚はタモ網で捕ることができる。一般には釣りの対象魚とされる。
【その他情報】 日本のコチには2つのタイプが知られていたが、それぞれ別種であることが確認された。 本種ではない方の「ヨシノゴチ」は、沖合いの深場を好み、より明るい褐色の体に大きい目をもつなどの違いがあるそうだ。 現在もコチ属全体の比較研究は進められており、本種はまだ学名が確定していない名無しの権兵衛さんだ。 夏が旬の高級食材とされる。白身・淡白でさしみや天ぷら、煮付けなど様々な調理法で食べられる。この魚は確かに美味い。
【コメント】 真上からつぶされたような平べったさが特徴の魚。 汽水域に進入する幼魚段階の個体しか手にしていないが、頭部なんて上から鉄板でプレスされたようにまっすぐに平らで薄く、 その行き過ぎ感に「私を笑かそうとしているのか?」と思ってしまうほど。 縦に平べったい魚が横に寝たような体形のカレイやヒラメと違って、上から潰されたような感じが、面白い。 日本淡水魚にはない、そんなオリジナリティをもつ本種が、汽水の浅いたまりではじめて捕れたときはびっくりした。 満潮に乗って汽水の奥まで進入し、潮が引いて淡水で満たされても留まっていたのだと思う。 幼魚期に汽水域に侵入する海の魚は多いが、本種もそのうちのひとつ。やっぱり汽水域はいろんな特徴をもった生き物が多くて面白いと改めて思った。 口がビロ~ンと伸びるやつとか、体が透明で浮き袋が透けるやつとか、ウルトラマンみたいな顔をしているやつとか・・・。 もちろん超平べったい体をもつこの子とか。

春の汽水域で捕まえた個体。全長9cmくらい。 見よ、この薄っぺらさ!はじめて手にしたときは衝撃だった。

夏の終わりの干潟で捕まえた幼魚。 全長3cmほどだった。砂泥底をタモ網で引きずるとこんなサイズの個体がたくさん捕れる。

小さな背びれをもつ。 捕まえたときはひれをピンと広げ、尾びれの白黒模様が鮮やかに映った。

春の終わりに捕まえた全長20cm程度の個体。 干潟の水溜りに取り残されていた。潮が引いた浅い川岸を歩くと、スーッと泳ぎ去る本種も見られた。

タモ網から素手で取り出そうとしたとき、 不用意に触ってしまい、指を切ってしまった。頭部やひれには棘があるので注意が必要だ。

上と同じ個体。U字形の目が面白い。

小型の個体。どこかワニみたい。

頭部には小さな棘が多い。 下手に触ると痛い思いをする。こう見るとなかなかカッコいい。

なんと平面的な頭だろうか。 左右に張り出した2対4本の鋭い棘が見える。

正面から見るとどこかお惚け顔に見える。 両目が離れ、黒目や口の形がユニークだからかな。

口には鋭い歯が並ぶ。 小魚などを食べる肉食魚だ。

last modified:2016/8/27
created:2016/3/31

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system