ムギツク Pungtungia herzi
コイ科ヒガイ亜科ムギツク属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ムギツク

ムギツク

【生息場所】 水のきれいな河川の中流域で石や水草の多いところに見られる。成魚は石や護岸の陰に集団で隠れていることが多い。
【外観・生活】 全長は12cm程度。一対の短い口ひげがある。 幼魚や若魚は薄茶色の体色に、口先から目を通り尾びれに向かって走る明瞭な暗色縦縞があり、背びれや尾びれがオレンジ色で、かわいらしい。 成長につれて体は黒ずみ、唇が太くなり何となくグロテスクな顔つきに変わっていく。 頭部は上から押しつぶしたように扁平し、成長するに伴って吻は平たくなっていく。顔が草食動物のように見えるのは私だけだろうか。 卵は大きな石の下面や水草、水に浸かった枝などに産み付けられるが、ドンコやオヤニラミなどの産卵床に托卵する習性が明らかにされている。 動物食に偏った雑食性で、集団で石や川底を突っつくようにして食べる。
【捕る】 石の陰、水草の脇などにいる。夏には水面近くに幼魚が群れており、すくったり、草の陰を探ったりすればタモ網で捕ることができる。 トビケラの幼虫などの水生昆虫をエサにした釣りでも簡単に釣れる。
【飼う】 飼育は容易。幼魚はオレンジ色のひれと明瞭な縦縞が熱帯魚にも匹敵するくらいかわいくて良いが、飼育を始めたら最後まで責任をもとう。 チャーミングではない成魚になったからといって放棄しないように。
【その他情報】 真偽のほどは不明であるが、体の縦帯が美しいことから観賞用として「ジャパニーズ・ペンシルフィッシュ」の名で輸出されていると聞いたことがある。
【コメント】 NHKの自然番組で本種の托卵の様子をみたことがある。 石の陰に集団で隠れていた本種の成魚達は、タイミングを見計らって集団でオヤニラミが守る産卵床にドーッと押し寄せ、 瞬く間にオヤニラミの卵を突っつき食べた後、自らの卵を代わりに産み付け去っていった。 その間、あんなに気が荒いオヤニラミといえど、右往左往するのみで本種に好き勝手にやられるがまま。 そして仮親となったオヤニラミは本種の卵を自分の卵だと思って、甲斐甲斐しく孵化まで世話をするわけである。 本種のあの行動は、普段石の陰に潜む引っ込み思案の性格からは想像することができないものだった。托卵するムギツク、なかなかずる賢いヤツだ。

春にタモ網に入った。全長7.5cm程度。 お腹が大きいようなので雌かな。

初夏に捕れた個体。 卵をもっているのだろうか、お腹が大きくてよく肥えている。

盛夏に捕った個体。 口先から尾びれ根元まで明瞭な暗色の縦縞があることが特徴だ。尖ったおちょぼ口で、水底などを突っつくようにして餌をとる。

盛夏に捕った全長6cmの若魚。 オイカワやヤリタナゴなどに混じって群れで泳ぎながら、餌を探して石の隙間を突いていた。

夏に釣った全長約10cmの成魚。 石組みの陰に群れで隠れていたようだ。五目釣りが楽しめる場所でも、本種だけが釣れる「ここ」という狭い狭いポイントがある。

秋に捕った個体。 明瞭なストライプが美しい。今春生まれの数cmの個体から10cmを越える成魚まで様々なサイズの個体が捕れた。特に川になびく水草の脇に多い感じだ。

秋に捕った全長約11cmの成魚。 成長につれて猫背になっていく。それに連れて、若魚の頃は体側を真っ直ぐに走っていた暗色の縦帯も弓状にやや曲がる。

秋に捕った個体。 全長は約7.5cmだった。水草の陰や転石の下などに隠れていて、足でタモ網に追い込むと複数匹が同時に入った。

これも秋に捕まえた個体。 本種は体が大きくなると黒っぽくなる。川をザブザブ歩くと、驚いた本種が水草の森に隠れこむ。


警戒心の強い本種は集団でいることが多く、 タモ網に複数匹が入ることも多い。

冬にタモ網に入った全長12cmの個体。 背がぐーっと盛り上がっている。ドンコやオヤニラミが同所で確認できたので、これらの産卵床に托卵して、子孫を増やしているんだろうなあ。

冬に捕った個体。

冬の終わりに捕った 全長約5cmの小さな個体。スリムな体形をしている。

下流側にタモ網を構えて石をどけると、 全長4cmくらいの個体がたくさん捕れた。幼魚ばかりが捕れたのは、成魚はおそらくもっと深みに移動しているからなんだと思う。

大阪や奈良などでは絶滅危惧種に 指定されているが、生息数は多いところもある。

若魚の体側は縦筋がより鮮明で、 ひれはオレンジ色が強く出る。陸上で見るともっと鮮やかな色だ。この頃はとても愛らしい。

盛夏に捕った全長2cmほどの個体。 体側の縦縞はかなりはっきりしている。水面近くに10~20匹ほどの群れで集まっていた。

10cm以上ある成魚。 老齢個体になると全体的に黒ずんでくる。あのかわいらしさはどこへ・・・。

若魚を真上から。 背は一様に褐色であるが少し斜めからは体側の暗色縦縞がわかる。

若魚を前方斜めから。 カメラを構えると後ずさりする。口、背びれや尾びれがオレンジ色で、かわいい。

上の個体を真正面から見た顔。 扁平した頭部、尖った分厚い唇に、口ひげがあることがわかる。

last modified:2017/1/30
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system