ニゴイ類 Hemibarbus barbus or Hemibarbus labeo or Hemibarbus barbus x Hemibarbus labeo
コイ科カマツカ亜科ニゴイ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ニゴイ類

ニゴイ

ここでは、ニゴイ、コウライニゴイ、ニゴイとコウライニゴイの交雑種を含めて「ニゴイ類」として扱う。
【生息場所】 河川の中下流域に生息し、成魚は本流に若魚は支流や用水路に多くすんでいる。若魚は春に本流域に平行して流れる用水路や支流に群れで入り込んでくる。 塩分の高い汽水域、ほとんど海のような所でも捕まえたことがある。
【外観・生活】 全長60cm程度。水底付近にてコイのようにゆったりと泳いでいる。 コイに似ているからニゴイであるが、吻はやや尖っていていわゆる「キツネ顔」をしているし、全体的にスマートで背びれの基底長も短く、 コイの口ひげは二対であるのに本種は一対であることなど、見ればすぐにコイとは別物であるとわかる。 若魚は体側には黒色斑点が並ぶが、成魚になるとそれらは消失し、体色も黒っぽくなって、鱗の感じはなんとなくコイっぽくなってくる。 環境の変化や悪化に強く、個体数の減少が進む魚種が多い中で増加している数少ない種のひとつではないだろうか。 いるところには大量に生息していて、若魚が大きな群れをつくっている姿を良く見る。 産卵期は春から初夏にかけてで、梅雨時期、特に雨で増水した翌日などは産卵が盛んに行われ、浅場に群れを成している姿をみることができる。 水生昆虫や水草、付着藻類を食べる雑食性だ。大きくなると小魚も追いかけて食すほど貪食。
【捕る】 若魚はタモ網で捕れる。群れて泳いでいるため、深みで一度に何匹もの個体が入ることもある。 成魚は大きくなるのでミミズなどをエサに釣りで捕る。コイやフナ釣りの外道として釣れてくる。やったことはないがルアーにも食い付いてくるらしい。
【飼う】 丈夫なので飼育は容易であるが、いずれ大きくなるので一般的な水槽での飼育には向かないと思う。
【その他情報】 従来一種とされていたニゴイの中に、ニゴイとコウライニゴイという2種が含まれていると報告されている。 下唇の皮弁の発達している方がコウライニゴイとされているが、全長が20cmを超えるくらいでないとわかりにくく、また交雑種もいて中間的な特徴をもつ個 体も多いそうだ。 大阪府はコウライニゴイの分布域とされるが、淀川上流の滋賀県にはニゴイも生息するため、両者およびそれらの交雑種が生息している可能性がある。 従って本サイトではこれらをニゴイ類として扱うことにした。
【コメント】 子供の頃はあまり出会うことはなかったが、当時から図鑑を見ていて「これのどこがコイに似てんねんっ!」といつもつっこんでいた。 本種で印象強いのは、梅雨の初めにハスが支流の浅瀬でバシャバシャと産卵している横を遡上してきたニゴイ成魚を捕まえたときだった。 繁殖期のニゴイはとかく追い星がスゴイ。グロイというか何というか、もう度を超えている。 頭部だけでなく黒く色付いたひれにまで細かなブツブツが密に出ていて、とかくすごくて、ただただ興奮する。 個人的には体長25cmくらいの若魚の頃が最もスマートできれいだと思うのだが、どうだろうか。 淀川では近年増加傾向にあり、本流から直接水を導いているある農業用水路では、特に夏に10cm程度の若魚が最優占種となるところもある。 大きな群れになって泳いでいて、うんざりするくらい捕れる。 環境変化や環境悪化に強い本種が増えているということは、淀川に大きな変化があった証だろう。

春の終わりの個体。 繁殖期を向かえ体が黒くなっている。ハスの姿は見られなかったが、ニゴイは大きな個体が群れで遡上してきていた。 ゆらゆらと流れに揺れる水草の間に隠れたところをタモ網でキャッチ(滋賀県)。

初夏の繁殖期の個体。全長は60cm程度あった。 黒く色付き追い星が出ている。群れで泳いでいた(滋賀県)。

同個体を上から。 コイよりはスマート。

夏に淀川で捕った25cm程度の個体。 若魚の頃にあった暗色斑は消失している。

春に捕った全長10cm程度の個体。 ニゴイと名が付くが、コイに比べると随分スマートな体形だ(滋賀県)。

初夏に捕った全長14cm程度の個体。 フナ類などと一緒に釣れた。体側の斑模様がまだ薄っすらと残る(滋賀県)。

盛夏に淀川支流で捕った若魚。 体側に黒色斑が並んでいて尾びれの切れ込みは大きい。群れで動いており、淀川ではかなり増えてきた。

晩夏に農業用水路で捕った若魚。 この個体は体形がややずんぐりしている。

秋に琵琶湖で釣った全長15cmオーバーの若魚。 琵琶湖に生息する個体らしくシルバーに輝く体色が美しい(滋賀県)。

秋に捕った全長約15cmの個体。 淀川に沿って流れる水路では夏から秋にかけて本種がたくさん確認できる。こうみるとなかなかかっこいいフォルムをしている。

秋の終わりに用水路で捕った個体。 雨上がりの光を浴びてキラキラ。若魚の頃に見られる体側の斑紋はわずかに見られる程度だった。

秋に捕った全長15cm程度の若魚。 体側には黒色斑点が並ぶ。

秋に捕った個体。 10~15cm程度の個体が三面コンクリート水路に群れていた。

秋の淀川支流で捕まえた個体。 カネヒラと一緒にたくさん捕れる。

秋の農業水路で。

秋に捕った全長約5cmの個体。

淀川の支流で冬に捕った成魚。 ニゴイと名がつくがコイに比べると随分スマートだ。

淀川支流で冬に捕った若魚。 全長は8cm程度あった。冬はあまり見かけないが夏や秋にはカネヒラと並んで最優占種となる。

冬に捕った若魚。全長は6cmくらい。 目がくりんとして大きくかわいい。

別場所の冬の個体。

上のニゴイ成魚の下唇の様子。 皮弁の発達具合を見ればニゴイとコウライニゴイに見分けられるという(発達しているのがコウライニゴイ)。 これはコウライニゴイだろうか、なんとなく雑種っぽい気がしないでもない。

冬に捕った全長22cm程度の個体。 胸びれや腹びれのオレンジ色がとても鮮やかな個体だった。背の網目模様も美しい。

上と同じ個体。 20cmを超えると体側の斑紋は見られなくなるようだ。無理矢理狭いところに入れてごめんなさい・・・。

下唇の皮弁の様子。コウライニゴイだろうか。

夏に捕った全長約2.5cmの幼魚。

全長14cmの若魚を真上から。 やはりコイとは全然違う。

別の若魚を正面から。 目の部分がレンズのように張り出している。

全長15cmくらいの若い個体。 梅雨時期にアカムシを餌に釣った。

梅雨時期に成魚が群れていた。 驚いた個体が浅瀬に突っ込んで乗り上げたところ。う~ん、ニゴイ成魚はやっぱりグロイと思うね。

繁殖期のオスの頭部は追い星がスゴイ。 白くて堅いブツブツは、胸びれや腹びれなどにも広がる(滋賀県)。

ちなみに口はこんな風に下向きに開く(滋賀県)。

雨後の用水路のマスは本種であふれていた。 タモ網を底にはわせてすくうと一度にこんなに捕れた。

last modified:2017/6/21
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system