ニシシマドジョウ Cobitis sp. BIWAE type B
ドジョウ科シマドジョウ亜科シマドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ニシシマドジョウ

ニシシマドジョウ

【生息場所】 近畿では滋賀県に生息し、河川の上流域から下流域まで広く分布するようだ。比較的水がきれいな砂底や砂礫底を好む。砂に潜っていることも多い。
【外観・生活】 日本固有種で、全長は10cmを越える。6本の口ひげをもち、体色は薄黄褐色で、体側中央に黒い斑紋が縦に一列に並ぶ。 オオシマドジョウとよく似ているが、尾びれ基部にある2つの斑紋のうち下方がぼやけている傾向にあることが区別ポイント。 しかしイレギュラーな個体が結構いて決定的な判別ポイントではない。 体側を縦に走る斑紋の形ははより丸くて、個々がより独立している場合が多く、体の模様はよりあっさりしている印象を受ける。 同定には捕れた場所に加え、そんな形態的な特徴などから総合的に判断する必要がある。 雄の胸びれにある骨質盤が鳥のクチバシ状に尖っている点はオオシマドジョウと同じ。食性もオオシマドジョウに準じる。
【捕る】 比較的柔らかく積もった砂底、あるいは砂礫底を砂や礫ごと川底を削ぐようにタモ網ですくう。 タモ網に入った砂礫をワッサワッサとかき混ぜれば、ひょっこりと顔を出してくれる。
【飼う】 丈夫な種ではあるが、同じ水槽で飼育していても近縁のオオシマドジョウと比べると、痩せやすい傾向にあると思う。 エサを投入すると砂底からニョロリと出てきて周囲を探り出すが、その他の時間は砂底に潜っていることが多くてあまり姿を現さない。 たまに姿を現していても、私が横から覗き込んでいることに気づくとすぐに砂を巻き上げて潜ってしまう・・・、そんな恥ずかしがり屋さんだ。
【その他情報】 これまではシマドジョウ西日本集団2倍体型と呼ばれていた。2012年4月25日、本種には「ニシシマドジョウ」という標準和名が与えられた。
【コメント】 シマドジョウ類は淀川の支流でこれまでに多く捕っていた。 今で言うオオシマドジョウなのだが、上述したようにシマドジョウ類の新標準和名が定められたことがきっかけで、 オオシマドジョウ以外のシマドジョウ類を見てみたいと思い、近畿に生息する本種を求めて出かけてみた。 捕った瞬間に「”(オオ)シマ”だけど確かに違う」と感じられる本種が案外簡単に捕れ、後日同定ポイントをいろいろ教えてもらった。 その後も、幾つかの違う場所で両者を捕ったり、過去の写真を見直したりしたが、オオシマドジョウ側にも本種側にもイレギュラーな個体が結構いて、 典型的な個体を除き形態からの両者の区別はかなり難しいと感じている。両者は交雑しないので、そのどちらかに同定できるはずなのだが・・・。 これまでは4倍体型とか2倍体型などと、ある意味中途半端に呼ばれていた各種に個別の名前が与えられることで、 種の多様性がより明確にメッセージ化されることには大歓迎なのだが、種としてこれまで以上に意識してしまった素人の私にはそれはそれで大変・・・。

夏の河川で捕った個体。 全長約10cm。底砂ごとタモ網でごっそりとすくうと姿を現してくれた。肌色の体色に濃斑紋がはっきりと目立つ。

明るい砂底だったので、 明るい透明感のある体色をしている。この個体の全長は7cmほどだった。

かなりスリムな夏の個体。 オオシマドジョウとの区別に使われる尾びれ基部の下の斑紋はかなり色が薄く、痕跡くらいしかない。全長は9cmに満たない。

全長10cmオーバーの雌。 湧き水が豊富な河川で秋に捕った。(*)

秋に捕とった個体。 河川上流の流れの緩やかな砂底にいた。よく似たオオシマドジョウと比べると本種は比較的スリムな個体が多いように思う。 オオシマほどムッチリ・ムチムチした大きな個体を見かけない。

全長6cm程度の個体。 薄い褐色のボディに体側の斑紋が美しい。オオシマドジョウと比べると斑紋はよりはっきりしていて、つながらない傾向にあるようだ。(*)

冬に捕った全長8cmの個体。 本種の特徴は、尾びれ基部にある2つの斑紋のうち下方がぼやけていることとされるが、この個体は捕った直後もその後も明瞭だ。 あくまでも傾向として理解すべきだろう。越冬中のせいか、特にやせていた。

初夏に琵琶湖流入河川の 下流部で捕まえた雄。砂泥底の淀みでゼゼラと一緒に捕まえた。外観からはオオシマドジョウにも見えるが、採取地から本種で良いと思う。 外観からの区別は難しい・・・。

夏に琵琶湖に流入する 用水路で捕まえた雌。やっぱり外観からの区別は難しい・・・。

冷たい水が流れる用水路で 春に捕った個体。全長は約9cmくらい。体側の斑紋はやや横長で独立している。体を弓なりに緩く曲げているので頭部と尾びれがやや大きく見える。

同時同所で捕った個体。 外観上オオシマドジョウと紛らわしいが、捕った場所から考えてもニシシマドジョウで良いと思う。この個体は背びれより後方が妙に痩せている。

こんな外観のオオシマがいる。 紛らわしい個体だ。この辺はどうもそんなのが多いようだ。

春のはじめに捕まえた雄。 生息しているところにはたくさん生息していて、砂底をすくえば大量だ。

春に捕まえた雌。 背が盛り上がり、春の雌らしい体形でふっくらとしていた。全長は10cmに満たない程度。

春の終わりに捕った個体。 全長は約7.5cmくらい。捕った瞬間はオオシマドジョウと迷ったが、場所を考えても本種で良いと思う。

初冬、 琵琶湖に流入する小川で捕った全長約8.5cmの個体。 尾びれ基部の斑は下方のものも濃くて酷似するオオシマにも見えるが、体側の斑紋の感じ、捕れた場所から本種で良いと思う。

上と同時に捕れた個体。 きれいな水が流れる砂底をかき混ぜると何匹もタモ網に入った。

冬に捕った雄。 クリッと反り返った長~い胸びれが印象的だった。

全長4cm程度の個体。 浅いボサの下で成魚に混ざって捕ることができた。

冬に捕った個体。 全長5cm程度。立派な体格をしている成魚に混じってタモ網に何匹か入ったが、やせすぎ?

方向転換をしようと 体をひねったところをパリチ。ひれを広げ口を大きく開けている。

この個体は、 尾びれ基部の下方の斑紋が薄いから本種らしく見えるが、外観からのオオシマドジョウと明確に区別することはやっぱり困難だ。 特徴はあくまでも傾向に過ぎない。

上からも オオシマドジョウとよく似ている。どこか違いはあるのだろうか。

この個体の背の斑紋は丸い。 体側の斑紋が見られるが、左右で違うことがわかる。

春の個体の頭部拡大。 雌は胸びれの根元に骨質盤をもたず、胸びれが全体的にちいさい。この写真だけだと、オオシマドジョウと区別でけへんな・・・。

正面から。 ドジョウと比べると鼻面が長い。口ひげは6本だ。ほほがちょっと膨らんでいるように見えてリスみたい。違うかっ・・・。

※(*)個体の同定及びオオシマドジョウとの区別ポイントは 日本淡水魚類愛護会の西村さんにご協力頂きました。感謝です。

last modified:2016/7/16
created:2012/9/22

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system