ヌマチチブ Tridentiger brevispinis
ハゼ科チチブ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヌマチチブ

ヌマチチブ

【生息場所】 河川河口付近から中流まで生息しているが、淡水域に多い。堰などの遡上障害物があるとそれより上流側にはいない。淵などの流れの緩やかなところにいる。
【外観・生活】 全長は12cm前後。他のハゼ類と比べると太短くてずんぐりしている。体は円筒形で全体に暗褐色を帯びた個体が多い。 頭の側面には不規則な白色斑がまばらに点在し、頭部にある白点と同様の斑紋が鱗に沿って不連続に入り乱れて並ぶ。 白色斑はやや水色に見える個体もある。 雄は第一背びれの筋が長く伸びる。岩や倒木、杭などや礫底など隠れ場所の多い場所を好み、隠れ場所になわばりをつくるようだ。 繁殖期は春から夏で、雄は石の下などに産卵室をつくり、雌が天井に産んだ卵を孵化まで守る。雑食性で藻類や小動物を食べている。 以前、琵琶湖のオオクチバスの産卵床の様子がTVで放映されていたが、石の隅っこから出てきてこっそりと卵を食べていたのは本種だった。
【捕る】  アカムシなどをエサとした釣りやタモ網でとる。タモ網で簡単に捕れる。
【その他情報】 よく似たチチブよりも淡水域に適応した種である。チチブとの相違点は、頭の白色点がまばらに存在すること、 胸びれ基底部に黄土色の横帯があり、その中に不規則に走る橙赤色の線があること(繁殖期の雄を除く)、 尾柄が細い傾向にあるなどであるが、判断は結構難しい。 各地で漁が行われ、小型のものは佃煮の原料になるほか天ぷらなどにされる。本来川と海とを往復する種類であるが、容易に陸封されるらしい。 なお、大阪では淀川水系の中流から汽水で捕ることができるが、他水系からの国内外来種であると考えられている。
【コメント】 いわゆる「ヌマチ」である。何ともやんちゃな顔をしていると思うのは私だけではあるまい。水槽で他魚と一緒に飼育すると何かとちょっかいを出す困り者だ。 口に入る小魚やエビは食われてしまう。海と接していない県にはもともと生息していないそうで、幼少期を過ごした奈良の実家周辺では確かに見かけない。 淀川周辺でも捕ることができるが、高密度で捕れるという点からすると、琵琶湖沿岸やその流入河川はダントツではないだろうか。 しかも琵琶湖周辺の個体は1989年に発見された国内移入種だそうで、生息環境が重なるヨシノボリ類などへの影響は必至だろう。 イサザが産卵に訪れた春も、ビワヨシノボリが産卵に訪れた初夏も、琵琶湖沿岸の水中を箱メガネで覗くと、本種があちこちにいることが確認できる。 琵琶湖流入河川の下流部でボサを蹴ると、トウヨシノボリに混じって本種が大量に捕れる。これはかなり由々しき事態ではないだろうか。 琵琶湖水系のヌマチは駆除の対象だ。食ってうまいのなら、どんどん捕って食べたらいい。

暗褐色の個体。 太短くデップリしている。よく似たチチブと比べると頭側面の白色点はまばらであるが・・・微妙。

夏に河川の中流域で捕まえた個体。 暗褐色の体に頭側の薄水色の点々模様が鮮やかだ。全長約5cm。

全長12cmの個体。 岸草の中に隠れていた。大きな背びれをピンと伸ばすとこんな感じだ。

全長約10cmの個体。 ひれも含めて全身はかなり黒っぽく頭部を中心とした水色の斑点が特に目立った。のど部は橙色に染まっている。

梅雨時期の河川下流部で捕まえた全長10cm程度の個体。 背びれがビロビロ~。

初夏の汽水域で捕った 全長6cm程度の雄。第一背びれの長く伸びた筋は、動く度にヒラヒラとなびいて、おしゃれに着飾っているようだ。

褐色の個体。 観察水槽の中ではあっちへこっちへフラフラして落ち着かない。結構狭くても身を反転することができる。

琵琶湖では国内移入種だ。 残念ながら琵琶湖沿岸やその流入河川下流部には、本当にたくさんの本種が生息している。

5cm程度の個体。 トウヨシノボリと一緒にたくさん捕れた。このサイズだとヨシノボリと間違えてしまいそうだ。

薄褐色の個体。

捕れたときは暗褐色であったが、 観察ケースに入れた途端、体色が薄れた。

春に汽水域で捕った個体。 本種は淡水域に多いが汽水域にもいる。石の陰に隠れていた。

春に捕った暗褐色の個体。

春に捕った幼魚。 全長は3.5cmくらいだった。一年近く成長してこの小ささ・・・。

冬に捕った個体。 全長3cmに満たない。淀川から水を引く用水路で、たまにこれくらいのサイズの個体が冬に捕れる。

春に捕った全長約8cmの個体。 何かを口にくわえている状態で捕れた。腹が妙に出ていて、口からひれのようなものが出ている。 自分の体長の半分くらいの獲物なら食っちゃうんだね。

上の個体の頭部拡大。 もしかして何匹がくわえているのだろうか・・・。貪欲な肉食魚である。

上の個体の頭部。 水色かかった白色斑がまばらに存在している。

胸びれの拡大。 胸びれ基底部の横帯の中に、本種の特徴である不規則に走る橙赤色の線が見られる。ただし繁殖期の雄は見られないので注意。

下面には模様がない。 体の真下には円を描く花びらのような形の腹びれがちょこっと付いている。

春に捕まえた4cm程度の個体。

白色斑が点在している。 真上からみたスタイルは、頭が大きくて尾びれにかけてスーッと細くなる感じだ。

別個体を真上から。 胸びれ根元にある黄土色の帯がよく目立つ。

正面の顔。 ふくれっ面で悪人面をしている。アングルによっては可愛く見えることもあるのだが・・・

last modified:2017/6/17
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system