ヌマムツ Candidia sieboldii
コイ科ダニオ亜科オイカワ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > ヌマムツ

ヌマムツ

【生息場所】 河川の中下流域の淵などに生息している。岩陰や草が多く茂ったところを好み、カワムツよりもさらに流れの緩やかな場所にいる。ワンドにいることも多い。
【外観・生活】 日本固有種で全長は25cm程度になる。褐色を帯びた銀白色の魚体に深藍色の縦縞があり、胸びれや腹びれの前縁は朱色をしている。 産卵期の春から夏には雄はあごから腹にかけての部分を朱色に染める。顔には雄、雌ともに追い星があるが、雄のそれはより大きくなる。 よく似た魚に「カワムツ」があるが、本種は鱗がより細かく、吻がとがり、尻びれ分岐軟条数が少ない(本種は9本、カワムツは10本)。両者は 混棲することも多く同時に捕れることもあるが、見慣れると吻の形や鱗の細かさ、ひれの色などで簡易に判別できる。雑食性で、付着藻類や底生生物などを食べ る。
【捕る】 とろ場や淵など、流れのゆったりとした場所で、オイカワなどに混じって釣れることがある。 また草の陰や岸辺の深みなどでタモ網を使って捕ることも容易だ。
【その他情報】 本種は外観がカワムツとよく似ていることから、カワムツと同種として扱われ、カワムツA型として区分されていた。 2003年にカワムツA型改め、ヌマムツと命名された。古い図鑑などではいまだにその名称で記載されていることがある。
【コメント】 タモ網に入ることが多いのは、幅広く生息しているカワムツの方で、本種は生息範囲がやや限られ、出会う機会が少ない。 カワムツと違って「ヌマムツばっかり」な川はほとんどない。 本種は流れが緩やかな場所に多いが、比較的流れのある直線三面コンクリート護岸水路でも年中多くの個体が捕れる場所がある。 そこは本流から水が引かれて流れが絶えることはなく、水路は直線状で水深30cmほどの水はサーッと流れていく。 直角に曲がる2カ所だけ1.5m四方のマスが設けられ少し水深があるので、そこが休息の地になっているのかもしれないが、意外性を感じる場所だ。 ところで過去はカワムツと同種とされていただけあって、特に小さな個体はカワムツと混同して扱ってしまっているかも知れない。 ウロコがより細かいとか、吻がやや尖るとかだいたいの傾向はわかるが、タモ網で数多く捕れる小さな個体をひとつひとつ確認するのは面倒くさく、 「う~ん、(カワ)ムツ」と扱っていることも多いからだ。さすがに成魚は特徴もはっきりしているのでそんなことはない。 よく似ているけど、見ると違うよね。

盛夏に捕った個体。 ワンド内でタモ網に入った。吻が尖り、ウロコが細かく、胸びれ、腹びれが赤いことがカワムツとの区別点だ。

晩夏の個体。 幅1mほどの農業用水路の淀みでたくさん捕れた。

卵をもっていると思われる盛夏の雌。 水流のある3面直線コンクリート水路でタモ網に入った。こんなところでヌマムツ?と首を傾げた。

やや細身の個体。 婚姻色はほぼ消失している。

秋に捕った雄。婚姻色はもう随分薄れた。 稲穂をバックに夕焼けがかった光を浴びてシルバーに輝く。

秋に農業用水路で捕った個体。 雌と思われるが、やさしい、マイルドな雰囲気が漂う。

真冬の浅いワンドで捕れた個体。 このワンドでは真冬になると、15cm程度の個体がまとまって見られるようになる。

真冬に同所で捕れた別個体。 各ひれは退色しており、胸びれ、腹びれ前縁に朱色がわずかに残っている程度だ。

冬に捕った全長11cmの若魚。 体色が金色がかっている。

冬に捕れた全長8cmの若魚。 体側の暗色縦縞がはっきり出ている個体。

冬の終わりに農業用水路で捕った個体。 これどっちやと思う?と、子供に聞くと「ヌマムツ」。カワムツとの違いは?と問うと、「鼻先が尖っているところ」と返ってきた。 他にもあるけど、傾向的にはその通りだ。

春に捕れた6cm程度の若魚。 ひれはまだ色付いておらず、ぱっと見ではカワムツと区別が難しいが、細かい鱗や吻の形などから傾向は判断できる。 尻びれ分岐軟条数(9本)など定量的に特徴が把握できれば完璧だ。

秋の若魚。腹びれが朱色に色付いていた。

冬に捕れた5cmの若魚。明瞭な暗色縦帯や 全体的なウロコの雰囲気はカワムツとは明らかに違う。

成魚を真上から。 夏の雌個体であるが胸びれ前縁の朱色がよく目立つ。背びれ前にある薄褐色の楕円形斑紋が特徴的。 カワムツにも同じような斑があるが、カワムツよりも丸っこくて形が違し、よりはっきりしている。

全長約7cmの個体を真上から。 オリーブグリーン色の背にある薄褐色の楕円形斑紋は、同所に生息することが多いオイカワとの区別点だ。 カワムツとも違うので、これだけで本種とだいたいわかる。

正面からはカワムツと区別がつかない。 背びれ前縁が赤くないことや、胸びれ前縁が朱色に染まっていることくらいだろうか。

盛夏に捕れた雌の頭部拡大。 雌でも口の上部に追い星が現れている。カワムツと比べると吻が尖り、目は比較的小さい。顔色は黄金だ。

尻びれ分岐軟条数はカワムツとは異なり9本。 繁殖期になるとカワムツ同様に黄色く色付く。

last modified:2016/2/21
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system