オイカワ Opsariichthys platypus
コイ科ダニオ亜科オイカワ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オイカワ

オイカワ

【生息場所】 主に緩やかな流れの開けた平野部河川の平瀬に生息している。生息範囲は広く個体数は多い。塩分の影響を受ける感潮域やダム湖のような止水域でも見られる。
【外観・生活】 全長は15cm程度。平たく細長いスタイルで、銀白色に輝く姿が美しい。雄は雌より大きくなる。 ひれも雄の方が大きく、特に尻びれは著しく異なり、第5軟条が第6軟条よりも短くて、尻びれ後端下部が突き出ているように見える。 雄は繁殖期である春から夏にかけてトップ写真のような青緑色や朱紅色を中心としたド派手な婚姻色を帯び、大変美しくなる。 頭部には顕著な追い星(白のブツブツ)が現れ、各ひれはさらに大きくなり、特に尻びれが大きく伸長する。 産卵は浅い平瀬で何度も行われ、雄が雌を水底にやや押し付けるような形で隣り合って砂を巻き上げて行われる。 その様子は川岸や橋の上からでも見ることができ、人が見ていてもあまり気にしないようだ。 かなり夢中になっているようで、サギなどに補食されてしまうことさえあると聞く。2年で全長12cm程度に成長し大部分が成熟するそうだ。 付着藻類や水生昆虫などを食す雑食性で、朝方や夕方には水面近で波紋をつくりながら水面を流下、落下するエサを食べる姿が見られる。 若い個体ほど流下物を食し、成長するに従い石の表面に繁茂した付着藻類を食べるようになるそうだ。 きれいな水にすむイメージがあるが、汚染されたところでも見かける。
【捕る】 泳ぎは大変素早く、見えている個体をタモ網ですくおうとしてもまず捕れることはないだろう。 生息数の割にタモ網ではなかなか捕りにくい種であるが、水通しの良い水草や草の陰にまれに潜む個体がいるのでそれを狙うことはできる。 川虫などをエサにして中層部を流すと比較的簡単に釣れるため、成魚を狙うにはタモ網を振り回すより釣りの方が良さそうだ。 夏には岸に近い流れの緩やかなところに数cmの稚魚が集まっていて、それらをすくうことはとても簡単。
【飼う】 本種は水槽から飛び出す傾向があり、ガラス蓋は必須。高温には弱い方だと考えられるが、エアレーションを十分にすれば、大阪の暑い夏も何とか乗り切れる。 人工飼料にもすぐに慣れ、混泳もできるので飼育は容易であるが、大きくなるにつれて驚いた際などに水槽の壁にぶつかり、吻などを怪我するようになる。 過去には口が大きく開いたまま閉じられない状態になった個体もいた。 成魚の飼育には大きな水槽が必要で、標準の60cm水槽でも怪我なく飼育することは難しい。
【その他情報】 オイカワという名は「追い上げて捕るから」、「尾で追い合って闘うから」、「京都府の大堰川(おおいがわ)の名に由来する」などの説がある。 河川改修による川底の平坦化や河川の単調化により、明るく日当たりの良い瀬を好む本種が増えるという話は有名。 関東以西に広く生息しており、遺伝的にまとまりのある集団がいくつかあるが、移植により混乱しているそうだ。 夏は不味いが、冬は塩焼きや唐揚げにして食べると美味しいらしい。
【コメント】 オイカワと言えばトップ写真のようなバリバリに婚姻色を帯びた雄がイメージされるが、普段目にすることが圧倒的に多いのは銀白色をした個体だろう。 性比に偏りがあってもともと雄は少ないし、すべての雄が婚姻色を帯びているとは限らないからだ。 仮に派手な個体を水面から発見できても、成魚の遊泳力はかなり高く、そう簡単に捕まえることはできない。釣りをしてかかるのを待つことだ。 でもそんな雄が捕れたときは、日本一、二を争う派手さに目が奪われる。 一般には青緑色したボディや鮮やかなオレンジ色の胸びれなどに目がいくのだろうが、個人的には「背びれの黒のグラデーション」に惹きつけられる。 マニアックかも知れないが、どこか日本的でとても美しいと思うのだ。 冬季は一様に銀白色をしているに変わり様がすごくて、トップ写真のような個体が捕れるとついついテンションが上がる。 その一日は何か得した気分になるんだよなぁ。

初夏に捕った雄。 全長は15cmあり、体を派手な婚姻色に染めていた。普通2年で成熟するが雄では3年かかるものもいるそうだ。トップ写真と同個体。

盛夏の雄。 体高が高く体に厚みがある。この個体の婚姻色はブルーが強い。

浅瀬で背を出しながら産卵を繰り返していた。 全長13cm程度の雄だ。暑さが少し和らぐ夕方にヒグラシの声を聞きながら魚捕り。

いろんな体形の個体がいる。 全長11cmとやや小型でスマートな個体。各ひれを全開だ。雄は産卵期に縄張りをもつようで、他の雄を排除しようとする行動が見られた。

繁殖期の雄の美しさは見事。 在来の日本淡水魚の中でも1,2を争う。水から上げたタモ網の中にこんな個体を見つけたらテンションあがる!

この美しい姿を見よといわんばかりの姿。 大きく広げられた尻びれが目を引く。

よく肥えた雄だった。 支流が本流に流れ込む合流地点の砂底の浅瀬で、この美しい姿は大変よく目立った。

梅雨のはじめにボサを蹴りこんで捕まえた個体。 遊泳力が強く素早く逃げ去る本種であるが、タモ網でも上手くやれば捕まえることができる場合がある。 いやあ、いつ見ても美しい魚だ。全長は14cmくらいだった。

本種は川の中でも瀬にいる印象があるが、 流れが淀んだところ、ほとんどないところでも見られる。ここ、他と比べても婚姻色に染まった雄の数多かったなあ・・・。

梅雨時期に捕った雄。 上のような鮮やかな婚姻色をもつ個体も同時に捕れたが、本個体は地味な婚姻色をしていた。とても大きくて全長は17cmを越えていた。 これまで捕った中では最大。

盛夏に捕った雄。水草の中に隠れていた。 背中には水鳥に突かれたような傷があった。雄は目立つから狙われやすい。それでも生き残っているということが雌に対する強さの証。

派手な婚姻色を出していない盛夏の雄。 全長は10cm程度。尾びれは薄い黄色で吻端や背びれ前縁が朱色だ。

初夏に捕まえた雌。 お腹が膨らんでいるので卵をもっているようだ。雌は雄より小型で個体数も多い。

別時期の初夏の個体。全長8.5cm程度。 大きなハス達に混じって婚姻色を帯びた雄たちと瀬で泳ぐ姿が見られた。

梅雨時期に捕った全長7.5cm程度の雌。 浅瀬を歩くと鮮やかな婚姻色の雄と共に逃げ回っていた。岸近くのボサの中に隠れていたところをキャッチ。ひれをピーンと立ててポーズしてくれた。

晩夏に捕った全長10cm程度の個体。 上の個体と同じくひれをピーンと広げたポーズを載せてみた。体の色合いはほぼ同じでも、上の雌とは尾びれの形が違うことがよくわかる。

銀白色の体にスラッとしたスタイル。 これが一般的によく見られるオイカワの姿だろう。

秋の個体。 体は細長く、泳ぎはとても素早い。

秋に捕った若魚。 緑に輝く背が美しい。

秋に捕まえた全長約15cmの雄。 婚姻色はこんな感じで薄くなる。

秋の終わりに捕った個体。 真夏だと成魚をタモ網で捕ることは難しいが、寒くなってくると魚の動きも鈍くなり、 水草を分けるようにサラサラ流れるようなところで、比較的容易に捕ることができるようになる。

冬に捕った大きな雄。 まるまると太り、全長は15cm程度あった。体色はほぼ一様に銀白色で、繁殖期のあのド派手さはどこへ?

冬に捕った個体。

冬に捕った個体。 泳ぎが素早い本種であっても、冬はタモ網で捕るのが容易だ。川の淀みには2~3cmの稚魚もたくさん見られた。

冬に捕った5cm程度の若魚。 尻びれの付け根付近にヒルがついている。

初夏に捕った全長4.5cmくらいの個体。 体側に現れる模様はまだ全く見られない。

冬に捕った若い個体。 光の加減では一様に銀白色をしていて、キラキラしている。

タモ網に入った冬の個体。

全長3cmに満たない個体。 岸近くのボサの周囲に仲間達と隠れていた。体はツルッとしている感じだ。

繁殖期の雄を真上から。 婚姻色を帯びた雄はウロコの縁取りがはっきりして、胸びれや尻びれの朱色がよく目立つ。

秋に捕れた全長7cmの個体を真上から。 背びれ前後にうっすらと細長いスジが見られるが、カワムツやヌマムツのようなはっきりとした薄褐色の斑はない。

冬に捕れた全長7cm程度の個体を真上から。 断続的ではあるが、黒色の背中線が見られる。

繁殖期に色づいた雄。 ひれは橙色が目立つが、その端にはエメラルドグリーンの色彩ももち、そのグラデーションはまるで絵画のように美しい。

背びれを拡大。 こげ茶色と薄い橙色のグラデーションだ。鱗は整列して並び、個々の鱗の後端は黒く、メタリックに輝く。 よく見ると個々の鱗には細かい筋がある。

繁殖期の雄の尻びれは朱色に染まり、 著しく伸びる。第5軟条が第6軟条よりも短くて後端下部が突き出る。

雄の頭部拡大。 眼の上部は朱色で、頬の下方に一列に癒合した追星板がある。かなりグロテスクだ。

繁殖期の雄を正面から。 繁殖期を迎え、頭部は黒く色付き、追い星が出ている。追い星一つ一つは円錐状になっていてゴツゴツしている。

4月末に群れているオイカワ。 左下に婚姻色を帯びた雄がいる。周囲の雌を誘い、人目を気にせず砂煙を立てながら産卵をしていた。

川の浅瀬でひとすくい。 初夏には流れの緩やかなところに群れている。よくメダカと間違われているようだ。小さな魚=メダカではない。

last modified:2017/6/21
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system