オオガタスジシマドジョウ Cobitis magnostriata
ドジョウ科シマドジョウ亜科シマドジョウ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オオガタスジシマドジョウ

オオガタスジシマドジョウ

【生息場所】 琵琶湖固有種で、琵琶湖および周辺の河川や用水路に生息している。砂礫底から砂底を好むようだ。潜っていることも多い。
【外観・生活】 全長は10cm程度でスジシマドジョウ種群の中では最大になる。 体側には太く明瞭な縦筋が頭部から尾びれ基部までビシーッと入り、繁殖期にはその色が濃くなって、とてもカッコイイ。 チュウガタスジシマドジョウとは異なり、尾びれ基部の2個の斑紋は上下とも大きく色が濃く、つながる個体が多い。 尾びれの模様はバリエーションに富むが、後端は太く縁取られる傾向にある。 眼の下に眼下棘と呼ばれるトゲがあることはチュウガタスジシマドジョウと同じ。 普段は琵琶湖岸の礫底と沖合の泥底の間の砂底にいるそうだが、産卵期である5~7月になると琵琶湖に流入する河川下流域や用水路などに遡上してくる。 琵琶湖岸やその周辺ではその頃に出会うが、一部の河川では琵琶湖とは関係なく生息していると思われるところもあり、そんな場所では年中タモ網に入る。 両者には外観に違いが感じられ、生活にも違いがあると思われる。河川定着している後者の生活については不明な点が多いとされている。 同じ琵琶湖固有種で近年減少が特に著しいビワコガタスジシマドジョウと比べると、本種の生息範囲は比較的広い。水生動物や藻類を食べる雑食性だ。
【捕る】 タモ網で捕る。底砂泥を大きくかき混ぜるようにして構えた網に追い込むか、潜っていそうなところで底砂ごとすくいとる。 泳いでいる姿を見ることができるが、そのような個体を捕ろうとしても素早く逃げられてしまう。 砂に潜っている個体を砂ごとすくいとる方法が一番簡単だ。
【飼う】 丈夫で水槽内でも十分大きくなる。チュウガタスジシマドジョウなどと比べると砂に潜っていることが多いのでちょっと寂しいかな。 それでも底砂の中から少し頭を出してこっちを見ているような姿を見せてくれるときがあり、妙に嬉しくなる。 飼育は簡単だけど、体が大きい上に採餌はマイペースでゆっくりなので、十分に餌が行き渡るように注意することが必要だ。
【その他情報】 琵琶湖固有種であるが、残念ながら本種も琵琶湖産稚アユの放流に伴って拡散している。 本種はビワコガタスジシマドジョウの雄とシマドジョウ2倍体種の雌が交雑して生じた異質4倍体であるとされているが、 体側には明瞭な縦筋が入るために名前の上ではスジシマドジョウとされている。 これまではスジシマドジョウ大型種と呼ばれていたが、2012年4月25日以降に新しく「オオガタスジシマドジョウ」という標準和名が与えられた。
【コメント】 太く明瞭、完全な縦筋が特に美しいドジョウだ。大きくなるしカッコイイと思う。 本種の存在を知ってから、実際に手にしてみたかったドジョウだったので、目の前の水底にいるのをはじめて見たときは興奮した。 本種は尾びれの後端が黒く縁取られるため、透明な水に薄褐色の砂地ではそれが意外と目立つ。 琵琶湖にチュウガタはいないので、改めて場所を考えれば当たり前なんだけど、 その時は尾の縁取りを見て本種に違いないと即座に確信し、タモ網を持つ手に力が入った。 それから、実際に捕ろうとしたとき、お馴染みだったチュウガタとは異なって、本種はかなり遊泳力があることに驚いた。 水底でじっとしている個体を見つけて近づくと数m泳いで着底する。5~10匹程度の群れになってススーッと普通の魚のように群れで泳いで逃げる。 水路のコンクリート壁との隅に追いつめてタモ網を構えても、タモ網の脇をサッと避けて逃げるくらい俊敏だ。 さらに、捕れたときはタモ網に入った砂の上で狂ったように跳ね踊る。一口にドジョウと言ってもいろいろいて面白い。

A地域:琵琶湖に近い水路、琵琶湖岸

春の終わりに捕まえた雄。 全長約6cm程度で本種にしてはやや小型。水路で泥ごとすくったらタモ網に入った。

梅雨が終わる頃に捕った雌。 全長は9cmほど。尾びれ基部の濃く繋がった上下の斑紋と、ビシーッと入った縦筋が本種であることを強調している。トップ写真と同じ個体だ。

夏に捕まえた 全長約9.5cmの雌。繁殖のために琵琶湖から遡上してきた個体だろう。かっこいい~!

夏の雌。 全長は8.5cm程度。スナヤツメの幼生がたくさん捕れる泥砂底の水路で捕まえた。同時にビワコガタスジシマドジョウも確認できた。

夏に捕まえた雄。 尾びれ基部の上下の斑紋は繋がってまるでひとつの模様のようだ。体側には本種らしい太い縦筋がある。全長は8cm程度だった。

全長7.5cm程度の雄。 泥底のボサで捕ることができた。たまたまかな、雌より雄が多かった。

上と同じく捕った夏の雄。 バケツ内でやや色が薄れたが、繁殖期には体側の縦筋がとても明瞭。

梅雨明け間近に捕まえた雌。 お腹がでっぷりと膨らんでいる。卵がたくさんあるんだろうなあ。たくさん産んでたくさん増えるといいな。

琵琶湖に注ぐ水路で捕まえた。 全長8cm程度の雄だ。コイやフナ類の稚魚もたくさんいる良い環境だ。

夏に捕まえた雄。 明るいバケツに入れているとくっきりと美しい筋模様も薄れてしまう。

水路で捕まえた雄。 全長7.5cmとやや小さめのサイズだが、くっきりとした筋模様、尾びれ基部の斑紋、黒く縁取られた尾びれなど本種らしさ満載。

夏に捕まえた雄。背の模様は直線状につながっている。 雌に比べるとスマートだ。

夏の雌を上から。体形は雄に比して丸っこい感じ。 なかなかかっこいい。

お腹の大きな雌。

上の個体の腹部はこんな感じ。卵満載だ。

雄の頭部を拡大。 胸びれ基部には円形の骨質盤がある。わかりにくいが眼の下には眼下棘と呼ばれるトゲが隠されていて、たまにチクッとやられる。

雌を正面から。いい顔だっ。

B地域:滋賀県内河川と周辺(1)

啓蟄の頃に滋賀県内河川中流域で捕った個体。 琵琶湖に流入するが、捕った場所や時期を考えると琵琶湖と行き来しているとは思えないような場所だ。 尾びれの模様は後端が太く縁取られる程度でとてもシンプル。全長約7cmの雄。

同じく早春の雄。 全長約7.5cm。明るいバケツに入れておいたせいもあろうが、尾びれ基部の腹側の斑紋が薄い。 琵琶湖周辺で捕れる個体に比べて全体的に優しい雰囲気。

今度は全長約6.5cmの雌。 尾びれ基部の斑紋は本種らしくはっきりしていてつながっている。 この個体の尾びれは端がゆるやかな弧を描いている。

上と同じ個体。 水面から本種を見ると尻びれ後端の黒い縁取りがよく目立つ。

C地域:滋賀県内河川と周辺(2)

初夏に滋賀県内の河川で捕まえた雄。 年中確認でき、この河川とその周辺水路に定着している個体群と考えられる。 尾びれ基部の斑紋は離れている。体側にはきれいなスジ模様が走る。

盛夏の個体。 水面から見ると5匹くらいの小さな群れをつくって泳いでいるのが見えた。近づくとニョロニョロ泳ぎながら逃げていく。痩せている。

秋の初めに捕まえた個体。尾びれの模様は様々。 一般的には後端の太く縁取られた模様が特徴的とされる。

上と同時に捕まえた個体。 胸びれ根元に円形の骨質板が見られるため雄だ。驚いて砂に潜ったところをすくい捕った。

この個体は 何となくチュウガタスジシマドジョウっぽい印象を受けた。

若い個体。 やや痩せており、尾びれが比較的大きく見える。体側にはものさしで描いたように、まっすぐな縦筋模様がスーッと入っている。

色は薄いが、 この個体も体側の縦筋が美しい。尾びれ基部の下の斑紋の色が薄い。

尾びれ後端は太く暗色に縁取られ、 本種の見本のような模様をしている。

体側の縦筋は細め。 体や尾びれなどの模様は人の指紋のように全く同一ということがない。

全長が10cmほどの雌。 体をくねっと曲げているのでサイズ感がわかりにくいが、実際に手にするとなかなかの大きさだ。尾びれ模様は斑紋的で少し変わっている。

冬の河川で捕った 全長約9cmの雌。少し深いところの砂底にもぐっていた。体の筋模様がかなりはっきりしている。 水がめちゃめちゃ冷たかった~。

これも冬の河川で捕った個体。 全長約8cmの雄。

上と同時に捕った個体。 全長約7cmの雌。

全長5.5cmの若い個体。 筋模様はくっきりだが、少しやせているかもしれない。

盛夏に捕った若い個体。 全長5cm程度だった。小さくて可愛いなあ。

初夏に捕まえた雄を上から。 背びれより前方の背の斑紋はつながっている。

冬に捕まえた雄。 背の斑紋が点列状か直線につながっているかどうかは個体による。

秋に捕まえた個体を真上からみた様子。 背の斑紋は点列状が多いが、つながったものやその中間などバリエーションがある。 ところで、この中には1個体だけ仲間外れが混じっています。さてどれでしょう?

雄の頭部拡大。 胸びれにある円形の骨質盤はスジシマドジョウ種群共通だ。えらは半透明で、餌をとっているときはえらを通過する砂が見える。

夏に捕まえた雌を正面から。うまづら~。

last modified:2017/8/12
created:2012/9/22

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system