オオヨシノボリ Rhinogobius fluviatilis
ハゼ科ヨシノボリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > オオヨシノボリ

オオヨシノボリ

【生息場所】 河川の上・中流域の流れの速い瀬などの急流部に生息する。比較的大きな河川に多い。
【外観・生活】 全長11cmくらいになる大型のヨシノボリで、日本固有種だ。 胸びれの付け根上部に明瞭な黒色斑があることが特徴で、尾びれ付け根の暗色斑は横帯の形をしている。 ほほには斑点をもたず、比較的よく似ているルリヨシノボリと異なる。背びれ、尾びれ、尻びれは、淡い色で縁取られる。 繁殖期は初夏で、雄は著しく黒くなり、背びれ、尻びれ、尾びれがの縁がより目立つようになる。 他のヨシノボリと同様に、雄が石の下に巣穴をつくり、雌を迎え入れて産卵する。 両側回遊を行い、孵化後、仔魚はすぐに海に下り、2cmくらいに成長してから河川を遡上してくるそうだ。雑食性で、水生昆虫や付着藻類などを食べる。
【捕る】 急流部で大きな石の下を足で追い込むか、石を転がして下流側に構えたタモ網に流し込む。
【その他情報】 以前はヨシノボリ黒色大型と称されていた種。ヨシノボリ類の中で大きくなるためこの名がついた。 上流まで遡上するため、ダムの建設などにより陸封される場合がある。これらの陸封型は回遊性のものより小型で、3~4cmくらいで成熟するそうだ。 また本種の特徴である胸びれの黒色斑もやや不明瞭になるそうだ。
【コメント】 近畿では生息地が比較的限られているように思う。水量の多いところを好むこともあり、なかなか手にすることがなかった。 子供の頃からシマヒレヨシノボリなどの小型の種類ばかりを相手にしてきたからかも知れないが、やっぱりでかいヨシノボリはかっこいい。 特に本種は他のヨシノボリ類とは違って、ひれなどに美しい色彩をもたず、また繁殖期の雄は真っ黒になるので、シンプルにシルエットが強調される。 少々気は荒く、水槽に入れるとすぐに目に入る個体を追い回しはじめ、翌日夜には先にいたモロコの片目を食い、その後腹を割いてしまった。 あまり隠れようとせず、いつも水槽内をパトロールするようにウロウロしていて、赤虫や小ヌマエビを入れるとまっしぐらにすっ飛んでくる。 食い気のある激しい性格の魚だ。

早春に捕まえた全長10cmを超える雄。 激しく波立つちょっとした段差にタモ網を構え、大きな石をかかとで転がすと入ってくれた。大きく立派な個体だ。

上と同じ川で捕まえた全長10cmを超える雄。 体色は明るくなって体側に斑模様が現れたり、黒っぽくなって模様がわからなくなったりするが、この個体はずっと黒っぽいままだった。

梅雨の初め頃に捕まえた雌。 全長5.5cm程度なので大きな個体ではないが、お腹が大きく、卵をもっているようだ。ひれを広げてきれいにポージングしてくれた。

やや小型の雄。全長約7cmくらいだった。 胸びれ基部の黒色斑と尾びれ基部の暗色班の形を覚えていれば、本種を間違うことはない。

少しやせ気味の個体。 全長7.5cmだったけど雄かな。

全長8cmを超える立派な雌。 体はオリーブ色から黄褐色で体側に大柄の模様があり、雄のように著しく黒くなることはない。かっこええなあ。

初秋の上流域で捕まえた全長約9cmの雄。 繁殖期は過ぎていると思うが、かなり黒い体色をしていた。わかりにくいが、胸びれ基部にはちゃんと黒色班がある。

秋の初めに上流で捕まえた全長約8cmの雄。 白波がたち水がゴロゴロ激しく流れるところで、石を転がしながら捕まえた。本種は急流の中に住むからだろうか、頭を低く構えている姿勢をとる。

別場所で捕まえた雄。 本種の特徴は胸びれ基底上部にある黒色斑だ。餌が少ないのか、少しやせているかも知れない。

尾びれ基底の模様はヨシノボリ類の同定に役立つ。 本種は特徴的で1本の縦帯模様だ。

全長10cmほどの雄。これはでかかった。 ドシッとした感じで貫禄があってカッコイイ!全身が黒くて、特徴である胸びれ基底の黒色斑点がわからない。

全長8cm程度の雌。第一背びれの形が丸っぽい。 体色は褐色で、胸びれの黒色斑がよく目立つ。この黒色斑を見つければ本種とわかる。

別場所の雌。 川虫が少ない季節に、かなり上流で捕まえた個体だから痩せているかもしれない。雌は雄に比べるとやさしい顔つきをしている?

初夏に捕まえた全長5cm程度の個体。 捕ったときの見た目の感じからして、たぶん雄かな・・・。

去年生まれと思われる若い個体。 全長は4cmに満たないくらいだった。最初は体側が青色でキラキラしているように見えたのでルリヨシかと思ったが、改めて本種。

反り返ったところをパチリ。 ひれを全開にしたところだ。

雄の胴部分を拡大。 遠目には一様に黒っぽく見えるが、黒灰色と赤紫色から構成される。

雄を上から。 背ビレや尾びれの縁が淡い色をしていることがわかる。他のヨシノボリ類と同じようなシルエットだ。

同時に捕った雄を並べてみた。 体色が黒っぽい個体とやや明るく模様がある個体だ。

上の2個体と同じ。

雄の頭部を拡大。 個体や光の加減にもよるが、眼の下に青白のラインが見られる。第一背びれの前縁上部も青白色だ。

上の個体を正面から。 胸びれ基底上部の黒色斑がよくわかる。 カワヨシノボリやルリヨシノボリも同所に生息することがあるが、本種同士のコミュニケーションに使っているのだろうか。

雄の成魚を正面から。 アーミーな色や模様めっちゃカッコイイ!正面からの顔だけだと、魚目線で見ると、全長わずか10cmでも貫禄がある。

同所で捕まえた個体を何匹か入れてみた。 いずれの個体も体色は黒っぽいが、クロヨシノボリではないよ。

水中から出したところ。

last modified:2017/6/17
created:2016/10/1

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system