シマヒレヨシノボリ Rhinogobius sp. BF
ハゼ科ヨシノボリ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > シマヒレヨシノボリ

シマヒレヨシノボリ

【生息場所】 水の流れのほとんどない池沼や緩やかな流れの用水路などを好むが、カワヨシノボリがいるような流れのある水路にも生息している。
【外観・生活】 全長は5cm程度で、ヨシノボリの中では小型だ。 雄であっても第一背びれが伸長せず丸い形をしている。第二背びれや尾びれに縞模様が現れることが名前の由来だ。 比較的地味な体色をしているが、のど部が橙色に、尻びれと尾びれ下部が薄い朱色や橙色をしている。胸びれ軟条数は20~22本。 鼻先は短く口がやや上を向いていて、カワヨシノボリや琵琶湖周辺にすむトウヨシノボリなどに比べると寸詰まりな印象を受ける。 近縁種のビワヨシノボリによく似ているが、成魚になっても第二背びれや尾びれには縞模様が残るなどの違いがある。 他のヨシノボリ同様に腹びれは吸盤状になっていて垂直な壁でもひっつくことができる。 池などで上からのぞくと、コンクリート壁に貼り付いて、水中から逆にこちらの様子をうかがっているようなしぐさを見せることがあり、可愛いものだ。
【捕る】 池のコンクリート護岸にひっついていることがあるので、タモ網をあてがい、擦るようにして捕る。 用水路や小川であれば、水草の脇、木杭などにひっついているので、タモ網に追い込むようにして捕る。
【飼う】 飼育は難しくないが、なわばり意識が強く、他魚にすぐちょっかいを出すので、複数飼育の場合は障害物や隠れ家などを存分に入れた方がよい。
【その他情報】 ヨシノボリ類は、二枚貝の幼生であるグロキディウムの宿生魚のひとつである。 本種は大阪府内ではカワヨシノボリと並んで最も多く見かけるヨシノボリであり、タナゴ類やヒガイ類の産卵母貝であるイシガイ類の生息に一役かっている。 小さな体であるが多様な水辺の生態系を支える重要種のひとつなのだ。 本種は過去にトウヨシノボリと呼ばれていたグループに属していて、トウヨシノボリ縞鰭型と呼ばれていたが、 2010年に個別種として提唱され、「シマヒレヨシノボリ」の新標準和名が与えられた。ただし、個別種として扱うかどうかは議論があるようだ。 なお、本種はビワヨシノボリによく似ているが琵琶湖水系に生息しないとされる。
【コメント】 私からするとヨシノボリといえば本種だ。奈良盆地ど真ん中の水田地帯を走り回っていた子供の頃から、第一背びれが伸長した個体を捕ったことはなく、 図鑑で見るような大型で格好良く、鮮やかに色付いた第一背びれがピンと伸長した個体は一体どこにいるのかといつも思っていた。 子供の行動範囲は大人からすると随分と狭いもので、田舎故にそれなりに広いんだけど、校区よりより外に出るというのは冒険に等しかった。 地理的には海からは遠く高低差はほぼなくて、水辺環境はため池や水田を中心に網の目のように張り巡らされた水路のみという単調なものだった。 そんな環境に生息しているヨシノボリは本種だけだったのだ。 良く遊びに行ったため池の桟橋やコンクリート壁にひっついていて、水中からのぞくようにこちらを見ていた、可愛い小魚である。 そんな姿を見付ければ、壁にタモ網をあてがい、壁を削ぐようにすくい上げて小さな本種を捕ろうとしていたことを思い出す。

早春に捕れた全長5cm程度の個体。 第一背びれは伸長せず、鼻先は短く口が上を向く。胸びれを除くひれは朱色で、背びれ上端はうっすら黄色く縁取られている。 カワヨシノボリの雌かとも思ったが、胸びれは20条あり、カワヨシのそれより多い。

早春の個体。 本種の特徴である第二背びれと尾びれの縞模様が良くわかる。

夏の農業用水路の個体。 多くのカワヨシノボリに混じって捕れた。体色は灰褐色で体側に斑紋をもつ。背びれは薄黄白色に、尻びれは薄青白色に縁取られる。

夏に捕った全長4.5cm程度の個体。 のど下部が橙色に染まっている。美しい魚体だ。

夏に奈良の用水路で捕った個体。 第二背びれにうっすらと縞模様が見られるが、尾びれには見られない。変異なのかな?

秋に捕った全長5cm程度の個体。 体側の斑紋はあまりはっきりしない。

上と同じ個体。 背びれ、尾びれには本種の名前の由来となった縞模様が確認できる。尻びれと尾びれ下部はきれいな橙色に染まっていた。

秋に奈良の水田地帯で捕った個体。 全長は4.5cm程度。背びれ上端は薄黄色に縁取られ、尻びれおよび尾びれ下1/3は橙色に、のど下部も橙色に美しく染まっている。 成熟した雄の中には第二背びれや尾びれの縞模様が不明瞭になる個体もいるようだ。

秋の京都で捕った個体。 全長4cmでずんぐりしている。農業用水路でカワヨシノボリと混棲していた。目がキラリ。

秋の終わりの兵庫で捕った個体。 カワヨシノボリと一緒にタモに入った。

冬の終わりに農業用水路で捕った雄。 全長は約5.5cmあって本種の中では比較的大きい。ひれの縞模様がはっきりと出ている。

これも冬の終わりに捕った個体。 全長は約5cmだ。冬は特に体色が褐色で、地味な感じが強調される。

冬の三面コンクリ水路でタモ網に入った。 池につながっているが、本種とエビ類しかいなかった。

上と同じ個体。地味な体色にあってのど部が橙色だ。 本種の和名のもとであるシマヒレがわかる。

薄褐色でのど下部の橙色が よく目立っている。

幼魚の間は胸びれ基底上端に青色斑点がある。

夏の終わりに捕った雌。 バケツの中をピョンピョン動いて壁面にくっつき、こっちをのぞき込むような仕草が可愛らしかった。

全長3cm程度の個体。 胸びれ基底上部の青色斑点は全ての幼魚個体に出るものではないようだ。

全長3cm程度の別個体。 ほっぺが膨らんでいる様に見えて可愛らしい。

全長2.5cm程度の個体。 体は小さくても第二背びれや尾びれに縞模様をちゃんともっている。

夏に捕った雄個体を上から。 背びれは薄黄白色に縁取られる。

上と同じ個体を腹部から。 尻びれは基部が橙色で薄青白く縁取られていた。

別の雄を腹面から。 のど部は中央が薄青紫色でその外側、えらの下部になるところが橙色をしている。深青色の目がなんとも・・・。

上の個体の頭部を横から拡大。 胸びれ基部の上端にキラキラした青色斑点をもつ場合がある。雄であっても鼻先は短くて寸詰まりな印象なのはビワヨシノボリと共通。

冬に捕った雄。 この個体はえらぶたの上に小さな赤色点がある。本種は複数の都道府県で捕っているが、微妙に違う感じがする。

別の個体を真正面から。 胸びれ軟条数は20本ある。

雌を真正面から。

last modified:2017/2/23
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system