シマイサキ Rhynchopelates oxyrhynchus
シマイサキ科シマイサキ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > シマイサキ

シマイサキ

【生息場所】 沿岸に生息し、河川の河口域や下流域を好む。若魚は特にその傾向があり、純淡水域にまで遡上することがある。
【外観・生活】 全長は30cmになる。体はやや黄色みを帯びた銀白色で、背面は褐色を帯びる。 体側に4本の暗色縦条が走ることが特徴だ。大きくなるとそれらの間にも細い縦条が見られる。15mmまでは全身がほぼ濃褐色だ。 吻は尖っていて小さな口が突き出ている。春から夏にかけて沖合で産まれた稚魚は夏から秋のはじめにかけて砂浜沿岸にやってくる。 10mmを越えると河口域や汽水域に侵入し、単独あるいは数個体の群れで流木や岸草などの物陰が多い場所で見られる。 成魚は河口域と沿岸域の間をかなり往来しているそうだ。底生の浮遊動物と底生の小型の甲殻類やゴカイ類、魚類などを食べている。
【捕る】 幼魚は河川下流域の淀んだ岸草の間、捨石の陰などに隠れているので、足でタモ網に追い込む。
【その他情報】 シマイサキ属に含まれる種は多いが、淡水域に入ってくるのは本種とコトヒキのみだ。 うきぶくろを使ってグゥグゥと鳴くそうだが、私が出会った幼魚達はタモ網の中で鳴かなかった。塩焼きや煮付け、刺身で食べると美味いそうだ。
【コメント】 大阪湾に流れ込む流程の短い河川の下流部であったが、 カワムツやオイカワ、アユ、カワヨシノボリなどが捕れていたところで、タモ網に入った本種を最初に見たときは正直驚いた。 図鑑で見ていたシマイサキの幼魚であることはこの体の縞模様からすぐにわかったが、「汽水魚なのになぜ?」という疑問が頭を離れなかった。 あと100mほど下流に行けば潮の影響があるエリアだけど、この河川は淀みはあるものの常に水が豊富で流れがあり、 捕った場所は完全な純淡水域だったからだ。自宅に戻って幼魚や若魚が純淡水域にも遡上することを知って、珍しくも何ともないことがわかったのだが、 そのときは汽水魚エリアやそこに生息する生き物に対する知見や経験がまだまだ少ないことを再認識した。 あまり積極的に行かなかったエリアなので当たり前なんだけど、また新たな発見をくれた本種との出会いに感謝。

秋に捕まえた全長約4.5cmの個体。 夏の終わりから秋にかけて、こんな小さいサイズの個体が汽水域にたくさん現れる。体色は明るくなったり濃くなったりする。

秋に捕まえた個体。 体側を走る4本の暗色縦条がよくわかる。腹びれや尻びれは黄色味をおびる。吻は尖り、小さな口が突き出ている。なんか突っつかれそう・・・。

初秋に捕った全長4cm程度の幼魚。 純淡水域の淀みにあるボサに隠れていた。体色は濃くなったり薄くなったりする。

このような小さな個体は 障害物の周囲など自身の身を隠すことができるところに潜んでいる。 捕れた瞬間は何か黒っぽい小さいのが捕れたと思うが、より黒い縦条が体側に数本見られるのですぐに本種とわかる。

夏に汽水域で捕った幼魚。 上流から流れてきたと思われるツルヨシの根っこの塊の中に隠れていた。1cmくらいの体で各ひれを素早く小刻みに動かして漂うように移動する。 体はほぼ真っ黒で尾びれの付け根の黄色が目立つ。

本種やコトヒキの幼魚は汽水域でよく見る。 コトヒキの幼魚は群で岸近くの開けた浅場を泳ぎ回っているのでタモ網では捕まえにくいが、本種は障害物などの近くに潜んでいるのでタモ網に入りやすい。

秋に捕った幼魚。 全長1.5cmくらいで体はほぼ真っ黒だ。潮が引いた汽水干潟の水溜まりに取り残されていた。 黒い色をした枯れ葉の破片が底に溜まっていたが、見た目はそれにそっくり。タモ網の中で動かなかったら気付かなかったと思う。

真上から見たところ。コトヒキとは違う。

吻が尖り、口先が突き出ている。

last modified:2016/11/9
created:2014/10/1

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system