スゴモロコ Squalidus chankaensis biwae
コイ科カマツカ亜科スゴモロコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > スゴモロコ

スゴモロコ

スゴモロコとコウライモロコとの区別が難しいところではあるが、ここでは琵琶湖や内湖周辺で捕れた個体をスゴモロコとして掲載することにする。
【生息場所】 琵琶湖固有亜種とされ、琵琶湖や内湖に生息している。繁殖期には琵琶湖流入河川にも群れで遡上してくる。
【外観・生活】 全長12cm程度になる。体はスマートで、やや透明感のある薄褐色をベースに金属光沢があって美しい。 体側には光の加減で薄緑青色に見える縦筋があり、背側の縁に沿って金色の細線が縦に走る。その上に10個程度の暗色点が並ぶ。 その暗色点の有無は、同時に捕れることも多いよく似たデメモロコとの区別点のひとつだ。 しかし、個体や時期にによっては暗色点がはっきりしない場合があって、区別が難しいことがある。 普段は琵琶湖沿岸域に群れているそうだが、春から初夏にかけての繁殖期には流れが緩やかな琵琶湖流入河川に大きな群れで進入してくる。 冬は琵琶湖の深みに移動するそうだ。 なお、酷似するコウライモロコとの区別点は、口ひげがより短く(上顎長の2/3程度)、体はスマート(体高は体長の19%以下)で背面が直線的、 目が大きく吻がとがるところだとあるが、正直言って微妙な個体も多い。雑食性で主に水生昆虫などを食べている。
【捕る】 釣り、タモ網で捕ることができる。群れているため、釣れ出すとたくさん釣れる。
【その他情報】 亜種に西南日本河川に広く分布するコウライモロコがある。本種はコウライモロコ型の祖先が琵琶湖の止水環境に適応進化したものと考えられている。 琵琶湖に仕掛けられたエリに良く入るため、コアユに混じり全国の河川などで放流され繁殖しているようだ。 本種をはじめとするコウライモロコ、デメモロコ、イトモロコといったスゴモロコ属は、 同じモロコと名前が付くホンモロコやタモロコを含むタモロコ属とは類縁が遠く、むしろニゴイ属に近い。
【コメント】 本種の特徴は何と言ってもスラッとした体だろう。オイカワやタナゴ類はその鮮やかな体色が美しいが、 トップ写真の様にスラッとした体にひれをピンと伸ばした姿は、魚として単純にシンプルで大変美しいと思う。 プロポーションが良いというか何というか、大阪で言うところの「シュッとしている」感じだ。 本種は美しく魅了される種であるが故に、余計にコウライモロコとの区別がつきまとう。 淀川で捕れるコウライモロコと比べると、傾向として大変スマートな個体が多いのは確かだ。 ただ外観でコウライモロコとの区別が難しい個体が捕れる時期もあるし、淀川には中間型がいるし、とかなると素人的にはどう扱って良いかわからない。 白か黒かがはっきりしない、いわゆる「グレー」は多くの世界に存在し、その扱い方もまちまちだろうが、 正しいかどうかは別にして、本サイトでの両者については分けて扱い、上述したように生息地(捕った場所)をとりあえずの根拠とすることにした。 ところで、本種は琵琶湖に生息し、琵琶湖流入河川や用水路に遡上してくるのは繁殖期を中心とした時期であるが、 それ以外の寒い時期でも流入河川などで捕れることがある。一部の集団はそのような場所に定着していると思われる。

晩秋に捕ったトップと同個体。 透明感がありスラリとした姿が魅力的だ。ちなみに体高比(体高/体長)は17.7%で19%以下であるからスゴモロコの範囲とされる。

春に琵琶湖流入河川下流部で捕った個体。 体側の暗色点は目立たない個体もいる。本種は大きな黒目が特徴だ。ちなみに体高比は18.2%。

4月上旬に釣れた全長8cmの個体。 ホンモロコは遡上が本番を迎えた感じだったが、本種はまだこれからといったところ。ホンモロコ以外にハス、ビワヒガイ、ニゴイ、フナが釣れた。

全長7.5cm程度の個体。 尾にかけて流れるようにすーっと細くなる。

全長約10cmの個体。 琵琶湖を遊泳する種の体色は銀白色のものが多いが、本種もそうだ。太陽の光を浴びてキラキラと輝く。

上と同個体。 体側の模様は光の加減で目立ったり目立たなかったりする。体を縦に走る金色の細線がわかるだろうか。

ホンモロコの外道として釣れた個体。 全長7~9cmほどの個体がぽつぽつ混じる。白いバケツに入れておいたら体の模様がなくなってしまった。 慣れていないと、デメモロコと区別が難しいかもしれない。

春に釣れた個体。 体側に走る緑青色の縦帯がよく目立つ。春はスラッとした個体が多く捕れるのは確かだ。

梅雨時期に釣れた個体。 ブクブクのデメモロコが釣れてくる合間に釣れてきた。スーッと伸びたスタイルが素敵だ。スマートなこの感じは雄かな。

初夏の個体。 夏が近づいてくるとコロコロ太った個体が捕れるようになる。琵琶湖流入河川河口部のボサで捕った。 この個体は全長9cm、体高比は約23%、口ひげは上顎長と同じくらい、コウライモロコと言われても疑わない。

同じく初夏の個体。 全長は8.5cm程度。卵をもっているのかも知れないが、この個体も体高比は約23%ある。 体高があるので捕ったときはデメモロコかと思った。ちなみに口ひげも十分に長い。

上と同個体だが 一様にシルバーに輝く角度がある。捕れたときは鱗がきれいなスカイブルーだった。

夏の琵琶湖流入河川河口域で。 群れで泳いでいた。

全長6cm程度の個体。 腹部の後ろが光の加減で薄い桜色に光る。

梅雨の中休みに釣った個体。 透明感のある体色に、体側の金色線がきれいだ。この透明感、本種の魅力のひとつだ。

梅雨の中休みの個体をもうひとつ。 決して大きな個体ではなかったが、卵をもっていてお腹がパンパン。菱形の体形はデメモロコみたい。

夏に琵琶湖とつながる河川で捕った個体。 群れで泳いでおり比較的スリムな個体も多かったが、本個体の体高比は21%程度でスゴモロコの範囲からは外れる。

桜咲く頃、 全長5.5cmほどの若い個体もポツポツ釣れた。目が大きくて幼さを感じる。

秋に捕った個体。 背には小さな暗色斑が散らばる。

初夏に捕ったよく肥えた個体。

メタリックに輝く体。 複雑な構造色から構成されているが、体側中央に薄緑青色の縦帯が見られる。

目は大きく、黒目は金色に縁取られる。 よく似たデメモロコと頭部を比べるとかなり違う。

正面から見るとこんな感じ。 かなり口ひげが目立つが、琵琶湖で捕った個体です。

高温でから揚げにしてみた。 味は案外”いける”。骨が少し気になるかな。

last modified:2017/6/20
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system