スズキ Lateolabrax japonicus
スズキ科スズキ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > スズキ

スズキ

【生息場所】 主に塩濃度が低い沿岸部や内湾に生息する。海の魚というイメージが強いが、特に夏季には河川にも積極的に入り込み淡水域に現れることもある。 特に幼魚や未成魚は汽水域で多く見られる。
【外観・生活】 全長は1mにもなる大型魚。体は細長く側扁していて、銀白色をしている。口が大きくて下あごが出ている。 幼魚や若魚には体側や背びれに鱗と同程度の大きさの黒い小斑点があるが、 成長とともに不明瞭になり、ハネと呼ばれるサイズになるとほぼ見られなくなるようだ。 季節や成長に伴って生息場所を変える習性がある。冬に外海の深みで越冬した個体は春に内湾に移動し、一部は夏になると汽水域や淡水域に入る。 そして秋には再び湾内外の深場に移動し始める。本種はこのような季節的移動を終生繰り返す。 産卵は晩秋から冬に行われ、浮遊生活の後、3月頃に河口域の干潟などに稚魚が現れ、アミ類やヨコエビ類を食べながら成長する。 年末には15~20cm近くになるそうだ。完全な肉食性で魚や甲殻類などを食す。
【捕る】 春に干潟や汽水域に入り込んだ稚魚はタモ網で捕ることができる。 一般には釣りが適しており、本種はルアー釣りの対象魚「シーバス」として有名。朝方や夕方によく餌を追うそうだ。 針にかかるとそれを外そうと水面上で激しく暴れる「えら洗い」はアングラーを特に魅了するのだろう。
【その他情報】 本種を中心とするスズキ目には多様な魚が含まれており、硬骨魚類としてひとつの完成型を示している。 えさの捕食、外的からの逃避に必要な運動能力とそれに必要な体のつくりを備えているとされる。 本種は成長に応じて呼び名が変わる出世魚のひとつ。関西ではセイゴ(全長30cmまで)、ハネ(30cm以上)、スズキ(60cm以上)と呼ばれる。 スズキという名は、ススキ(進)、スズキ(清清魚)、すすけた色やすすいだ様な身の白さなど様々な由来があるそうだ。 水産重要魚種のひとつで大阪湾でも多くの水揚げ量がある。上品で淡白な白身をしていて旬は夏だ。洗いや刺身、塩焼きが美味い。
1990年頃より養殖のために国内に持ち込まれたタイリクスズキが、輸送中あるいは台風などによって壊れた生け簀から逃げ出し、 周辺地域に定着して問題になっている。環境省は要注意外来生物に指定している。 体形はスズキに酷似するが、体高がやや高く、吻が短く、スズキでは成長に伴って消える黒色の斑が残るなどの違いがある。 スズキよりも淡水に依存する傾向が強く、河川に積極的に入り込むようだ。交雑の可能性は少ないと考えられているようだが、 餌や生息地をめぐってスズキとの間に競争が生じる可能性が高く、スズキの減少や海域の生態系への影響が懸念されている。
【コメント】 ボラと並んで汽水を代表する魚のひとつ。大きな口をもち、銀白色でスラッとしていてなかなかカッコイイ魚だ。 夏に淀川でキチヌを狙っている釣り人に聞くと、昼間でも浅場に入って小魚を追いかけ回す姿がよく見られるそうだ。 釣り番組にもよく登場する。格好良し、釣って良し、食べて良しとなれば、人気が出るのもよくわかる。 河口域で大物が釣られる姿を見る度に「あ~今度絶対釣りしよう」と思うのだが、やったことのないシーバス釣り、実際にはなかなか手足が動かないものだ。 こんな私は汽水でもタモ網一本なので、未だ10cmに満たない小型個体しか捕まえたことがない。手段の限界といったところかな。 本種はマハゼみたいに簡単に釣れるかな?

夏に捕ったセイゴ。全長は9cm程度。 上流から流されてきたと思われる流木に身を寄せていたようで、うまくタモ網に入ってくれた。

春に捕った全長3.5cm程度の稚魚。 汽水域の浅場にいくつものボラの稚魚の群れ、泥底には小さなマハゼと思われる稚魚がたくさん見られた。 潮が大きく引いた干潟ではシジミ採りの人たちがいっぱい。

第一背びれはなかなか広げてくれないが、 背びれは2枚ある。体側の黒色小斑点は、側線上方にある。

春に捕まえた幼魚。 淀川大堰を越えた淡水域でタモ網に入った。石組の間に身を寄せていたようだ。

早春に干潟近くで捕った さらに小さい2.5cmくらいの稚魚。浅場を歩くと何匹もの稚魚がススーッと逃げていく姿が見られた。タモ網を上からかぶせて捕る。

セイゴを真上から。 汽水域の垂直壁の近くをのぞくと、こんな小型個体がうろうろしている様子が見られた。さすがに掬うやり方では捕れない。

夏に見かけたスマートな個体。

上の個体を捕まえた。ずいぶん痩せている。

全長約10cm程度の個体だが、獰猛な顔つき。 ギロリとした眼に横に開いた大きな口をもつ。

下あごが突き出ていて口は上向きだ。 斜め上を見ながらいつもこんな風に獲物を探しているのだろう。

セイゴの頭部。

last modified:2017/5/3
created:2015/5/2

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system