タビラクチ Apocryptodon punctatus
ハゼ科タビラクチ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > タビラクチ

タビラクチ

【生息場所】 比較的大きな河川の泥干潟や淡水の影響を受ける内湾の浅場に生息している。好気性の軟泥底を好む。
【外観・生活】 全長は7cm程度。細長い体をしていて、体色は薄褐色で腹面は白い。体側に複数の暗色斑と横帯があり、背面には小黒点が散在して長い暗色班が並んでいる。 口は大きく水平に開いて、上あごが下あごより出ている。 眼は背面についていて、特徴的な口と合わせて正面から見るとカエルのようで、一度見たら忘れない印象的な顔つきだ。 繁殖期は春の終わりから夏にかけて。孵化仔魚は遊泳生活を送ったのち着底し、約2年で6cmくらいになり成熟するそうだ。 テッポウエビ類の生息孔を利用して生活していると考えられている。 泥表面の珪藻類を主に食べるが、ムツゴロウのように干潮時に出てきて動き回りながら採餌することはない。
【捕る】 軟泥底の澪筋などをタモ網ですくう。
【その他情報】 干潟の埋め立て、護岸整備、浚渫、ダムなどの影響、底質の有機汚染化などにより、生息環境が奪われている。現在の生息地も悪化リスクを抱えたままだ。 生息地が局所化しており、個体数も少ない。
【コメント】 健康な干潟というのは、まさに本種を捕まえたような場所を言うのだと思う。 明るい茶色をした泥はすべすべした感じで、ズブズブッと足が沈んでも嫌な臭いは全くしない。 じっとしていると、そこらじゅうからプチプチ、パチパチという音が絶え間なく聞こえてくる。 それは干潟にすむテッポウエビなんかが発する音で、たくさんの生き物たちがいる証だ。 それらの生き物が泥をあちこちでかき回して、本種が好む好気性の環境が育まれている。 魚捕りをするには軟らかい泥が少し難儀だったが、早歩きながら水のあるところでタモ網をすくうと本種が姿を現した。 ニョロッとした細長い体に、カエルのような顔、「何かまた新しいの捕れた~」と思うには十分すぎる個性だった。 汽水はいろんな個性が混ざり合うハゼ達の楽園だ。が、その個性はなかなか知られることがなく、本種のように生息環境の変化に敏感な種類も多い。 知られることがないが故に、干潟で希少な種類に出会うたび心配になる。

秋の干潟で捕まえた個体。 全長3.5cmほどだ。

尻びれと尾びれ下部に暗色部がある。

背面には細長い暗色班が並ぶ。 眼は背面についている。古代魚のような雰囲気を感じるのは私だけだろうか。

裏面から。 頭部は大きく、口が左右に張り出している。腹面は真っ白だ。腹びれは吸盤状になっていて、こんな風に観察ケースにひっつくことができる。

カエルのように見える個性的な顔。 人間でも人に覚えられやすい顔ってのはあるが、本種もその部類だろう。一度見たら忘れない(られない)。

横に大きく開く口をもつ。 泥表面の珪藻類を食べる点では、有明海に生息する有名なムツゴロウと同じ。でも採餌のタイミングというか場所が違う。 ムツゴロウは水から出た干潟泥面だが、本種はあくまで水中の泥面だ。その対象性が面白い。

created:2016/11/27

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system