タケノコメバル Sebastes oblongus
メバル科メバル属

Top > 観る > 日本淡水魚 > タケノコメバル

タケノコメバル

【生息場所】 普段は沿岸の浅い岩礁域や防波堤周辺などの比較的浅いところに生息している。まれに河川の河口域に侵入してくる。
【外観・生活】 体長40cmほどになる。体は側扁しており横から見ると細長い楕円形をしている。吻から眼を通り鰓ぶたに至る暗色線がよく目立つ。 体は黄褐色から茶褐色で、暗色の不規則な横帯があり、黒褐色の斑点が見られるが、体色の変異は多いそうだ。 釣りの世界でいわゆる根魚(ロックフィッシュ)と呼ばれる魚のひとつで、岩礁や海草、テトラポッドの隙間などにすみ、その周辺で生活する。 小魚や甲殻類を食べる肉食性だ。卵胎生で秋から冬に仔魚が見られるという。
【捕る】 河川ではカキ殻が見られるようなところの岩や転石の下流側にタモ網を構えて捕る。テトラポッドの隙間や堤防側面にえさを落としても釣れるそうだ。
【その他情報】 本種はムラソイ亜属およびヨロイメバル亜属に似るが、眼前棘がないことで区別できる。味は良く、刺身や煮つけ、塩焼きなどに利用される。 名前の由来は筍のとれる時期に美味しいからとか、体色が筍の皮に似ているからと言われている。
【コメント】 ときに魚は「拾う」ことができる。 ある夏の日、潮が引いた河川を歩いていると、川の水が流れ込んでできた転石下の浅いくぼみにクタ~ッと横になっている個体を見つけた。 体の後半分は傷づき、眼も少し白濁していて、弱っていたので簡単に拾い上げることができた。 実は本サイト内で紹介しているムラソイも同様で、その個体は怪我はなく元気であったが、同じようなところで拾い上げたものだ。 両者は共に河川にはあまり積極的に入り込むタイプの魚ではないが、ほぼ同じ場所で拾うことができている。 こんなことが何度か続くなら、また期待して足を運んでしまうじゃないか~っ。

上記コメントで書いた個体。 干潮時に川の水が流れ込むくぼみで拾い上げて捕まえた。本種との初めての出会いだ。

早春に捕まえた幼魚。 潮が引いて淡水がどんどん流れ込む川でたくさん見られた。幼魚の間は塩濃度の低いところにも入り込むようだ。

汽水エリアで夏に捕まえた個体。 堤防の側面にタモ網を構え、足で追い込むと数匹入ってくれた。いつも「拾える」訳ではないようだ。 タケノコメバルという名前を意識して見ると、体色は確かに筍の皮に似てるっ!

last modified:2017/5/4
created:2016/8/19

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system