タモロコ Gnathopogon elongatus elongatus
コイ科バブルス亜科タモロコ属

Top > 観る > 日本淡水魚 > タモロコ

タモロコ

【生息場所】 生息域は広く、河川の中流域、用水路、細流、ため池などにいる。水田にも入り込む。河川改修された浅い用水路でも群れで泳ぐ姿が見られる。
【外観・生活】 全長8cm程度になる日本の固有種。体は褐色で体側には暗色の縦帯があり、ずんぐりとした体形をしている。頭部が丸く大きく、やや長い口ひげがある。 尾びれの付け根中央部には小さな黒点があり、他のよく似た幼魚との区別に使うことができる。繁殖期は春から初夏にかけてで、水草などに卵を産み付ける。 動物食の強い雑食性で、底生動物などを食べている。
【捕る】 サシやアカムシをエサにした釣り、タモ網などで捕れる。タモ網で捕る場合は、水通しの良い水草の影に隠れているところを狙う。
【飼う】 人工飼料にもよく慣れ、水質にも比較的強く、飼育は容易。 ガラス水槽内でも容易に産卵する。産卵に気付かず水換え時に底のゴミと一緒に吸い込んだバケツ内に稚魚を見つけたことがあった。
【その他情報】 本種は鈴鹿山脈付近を境に遺伝的に大きく2つの集団に分かれるそうだ。 また、琵琶湖固有種のホンモロコは、本種が琵琶湖という特殊な環境下で独自に進化したものとされている。 ホンモロコは本種より吻が尖り口ひげが短く、よりスマートな姿で遊泳に適した体形をしている。 そのホンモロコには味で劣るが、本種も美味いらしく、大阪ではため池で養殖が行われている。 「モロコ」という名の由来は、子が多いという意味で「諸子」、群れるという意味で「群魚」という説があるそうだ。
【コメント】 本種はフナやメダカと同じく田んぼ周辺の代表的な魚のひとつだ。 スラッとしてかっこいいホンモロコと比較してしまうせいか、 頭部が大きくてずんぐりしている容姿や、だいたいどこででも捕れることが、妙に親近感を感じさせる。 そのためついつい軽く扱ってしまうが、あちこちで捕っていると、太短い個体や細長い個体、金色っぽい個体や黒っぽい個体など、 体形や体色にいろんな変異があることに気付く。個体差なのか地域変異なのかよくわからないが、変異が起こりやすい種なのかも知れない。 本種が生息しているのは川や水路という流れの中が多い。 実家近くの用水路を群れで泳ぎ、私の影に慌ててあちらへこちらへ逃げ惑う姿は今も昔も変わらない見慣れた光景だ。 幅の狭いコンクリート水路でも見られ、タモ網を固定するのがかなり難しいくらいの流れの速いところでも、 オイカワなどに紛れて流れに逆らいながら自由自在に泳いでいることがある。だいたい5匹とか10匹程度の群れになっていることが多いのだが、 「へえ、こんなに勢いのある流れの中にもいるんや」と先日子供と感心したところだ。

春に捕れた個体。 流れになびく水草の脇に隠れいていた。緩やかな流れのある用水路などで見られる。

春に捕れた若魚。 光の加減によっては、このように銀白色に見える。ホンモロコの輝きに似ている。

卵を有している思われる個体。 体はコロコロだ。流れのある水草の脇でタモ網に入ってくれた。 ホンモロコの味を知ってしまってから、よく似たタモロコを手にすると美味そうだと思うようになってしまった(まだ食べたことないけど)。

春に捕れた若魚。 全長6cm程度のやや小型の成魚であるが、卵をもっているようだった。

農業用水路で捕まえた個体。 体側には暗色縦帯があり、腹側には平行に走る2本程度の暗色線がある。水通しがよく、ゆらゆらなびく水草の陰に隠れていた。

春に捕ったよく太った個体。 卵をもっているのかな。

春に滋賀県の用水路で捕まえた個体。 滋賀県ではふとっちょの個体がよく捕れる。琵琶湖に住むホンモロコとはぜんぜん違う。

夏の用水路で。この個体はシルバー色が強い。

夏の用水路の個体。 たなびく水草の間を群れで泳ぐ。胴体は丸くてずんぐり。

夏の流れる川に群れていた。 薄い墨で書いたような暗色の縦帯、同定のポイントとなる尾びれ基部中央の黒点がよくわかる。

夏に捕った全長は8cmの個体。 水草が適度に繁茂している用水路では、水草の周囲に多い。

夏の用水路で捕った全長5.5cmの若魚。 一年でこれくらいになる。

体側の横帯がとてもくっきりした個体。

夏の若魚。 光の加減で頭部後方などがグリーンメタリックに輝く。全長4.5cm程度。

秋に用水路で捕った個体。 三面コンクリート用水路であったが、数十匹の群れで泳いでいた。人影に驚き右に左に逃げ回っていた。

秋に捕った全長5cmの若魚。 全体的にスリムでとてもきれいな魚体だ。

秋に捕った個体。 秋晴れの日、田んぼの脇をサラサラ流れる用水路をのぞくと群れになってたくさんの魚たちが驚いて逃げていった。

秋の青空を写して、 ボディはブルーメタリックに輝く。

秋の淀川支流で捕まえた個体。 この場所で手にしたのは久しぶりだ。

晩秋の個体。 多くのタモロコが捕れた中で、本個体のみ体色が全く異なる印象を受けた。やや大げさにと言うと金色に輝いていた。

秋の終わりに捕まえた個体。 コロッとした感じはいかにも琵琶湖周辺の河川産といった感じ。住宅の前を流れる水路の小さな落ち込みに集まっていた。

上と同じ日に琵琶湖周辺の別場所で捕まえた個 体。 こちらの個体はスラッとしている。美しいシルエットだ。

全長8cmの冬の個体。 中小さまざまなサイズの個体と共に、水底に沈んでいた長靴の中に隠れていた。

全長約7cmの冬の個体。 捕ってバケツに入れておくとどうしても体色が薄くなるが、捕った直後はこんな体色をしている。体側下部には側線に平行して数本の縦筋が走る。

冬に捕った個体。 体側の暗色縦帯や、尾びれ基部中央部の黒点もほとんどわからない。

冬の個体。体高があってずんぐり。

冬の河川で捕った個体。 この個体はスマートで、少し雰囲気が違う。

同じく冬の個体。 上と同じエリアで捕ったものだが、手にしたとき、この個体もちょっと雰囲気が違うように感じた。

冬の終わりに捕った個体。 全長は5cmを超える程度でやや小型。体は細長く吻がやや尖っていて、雰囲気が違う。地域的な変異だろうか。

冬に捕れたやや褐色が強い若魚。 流れのある水草の脇に隠れいていた。

冬に捕った全長4.5cmの個体。 かわいらしさがまだ残っている。

これも冬に捕った若い個体。 全長5cmに満たない程度。本種の特徴である尾びれ付け根中央の黒点が明瞭だ。

冬に捕った個体。 かなり黒い体色をしている。透明できれいな水が流れる水路であったが捕れた個体は全てこんな色だった。 体色は環境によるのだろうか、それとも遺伝?

秋に捕った全長3cmの幼魚。 体側の縦帯、尾びれ起点の黒点がよく目立つ。

初夏に捕った個体。 全長は3cmに満たないくらい。よく似ている同じサイズのモツゴも捕れたが、尾びれ基部の黒点で容易に区別できる。

背は一様に褐色だ。 全体的なシルエットはホンモロコに似るが、やはりずんぐりしている。

冬の終わりに捕まえた5cmほどの個体。 雰囲気が少し違うとして上で説明している個体だ。 個体差かもしれないがスマートなシルエットをしていて、タモロコっぽくない。

タモロコ頭部の拡大。 長い口ひげがわかる。ホンモロコのそれよりずっと長い。

正面から。 横から見た感じはホンモロコをずんぐりしたようで近縁種であることを感じるが、正面の顔つきはホンモロコと全然違う。口ひげも長いし。

三面コンクリートの用水路に群れていた幼魚。 隅に追い込めば、タモ網で容易に捕ることができた。

last modified:2017/5/3
created:2012/1/7

ごあいさつ

行く

捕る

観る

飼う

お願い!

コラム

Copyright © 雑魚の水辺 Since 2010
inserted by FC2 system